福山市は…こんな町です。


【福山市の沿革】

福山市は、瀬戸内海の中央部で広島県南東端に位置しています。

広島市まで約107km、岡山県岡山市まで約61kmです。

市の南端は瀬戸内海に面し、北部山岳地帯は概ね標高400 - 500メートルの神石高原南端から形成されます。

市街地は、旧福山市街・東部(蔵王・春日)地区・松永(旧松永市)地区・北部(神辺・駅家・加茂)地区に大別されます。



【福山市の地理と気候】

福山市は瀬戸内海式気候に属し広島県内でも降水量が少なく(年間約1200mm)河川の流量が少ないのが特徴です。

そのため市街化の進んだ地域を中心に河川の汚濁が顕著で下水道事業などによって改善された地域もあるものの、多くの場所で水質汚濁が問題となっています。

地震は北部の加茂・御幸地区から西部の松永地区にかけて長者原断層が存在するが、歴史上では今のところ大規模な震災に見舞われたことはありません。

気候

福山市は、典型的な瀬戸内海式気候です。

冬から春にかけては、中国大陸から流入する黄砂が観測されることも多いです。

積雪は稀です。




【福山市の人口】

中国・四国地方では広島市・岡山市・松山市・倉敷市に次ぐ5番目の人口規模である。

平成の大合併で隣接のベッドタウン4町を編入した結果、人口は約46万人(推計人口)となりました。




福山バプテスト教会


ホームページの最初に戻る …