茨城県古河市(旧総和町)にあるプロテスタントのキリスト教会です。

教会について

  • HOME »
  • 教会について

教会の紹介

教会のめざすところ

心を尽くして神を礼拝し、キリストの愛に満たされつつ、互いに励まし仕え合うことです。
キリストを信じる者同士は、神の家族ですので互いに助け合います。同じように、血のつながりである家族も大切にします。
キリストの愛に満たされつつ、キリストに似た者となるように成熟しながら、地域社会の方々に神の家族になるように勧めます。

乳幼児から高齢者まで20名程度で一緒に礼拝しています。神の家族として交流しています。

教会の歴史

宗教法人 総和キリスト教会(旧古河勝鹿教会)の歴史

教会の始まり
1947.5  旧三菱重工内で「キリスト教に興味を持つ者」の集いを始めた。
     その後、旧勝鹿村上辺見996の3に旧三菱重工から譲り受けた倉庫を移築し
     古河勝鹿教会を設立した。
初代 後藤光三牧師  1948.12~1950.1
1949.4  かつしか幼稚園開設

二代目  川田フミ牧師  1950.3~1985.3
1952.11 宗教法人 日本同盟基督教団 古河勝鹿教会設立
1967.4  井上宗樹師副牧師として1年間奉仕
1975.10 埼玉県旧大宮市青葉園の中に教会墓地取得
1976.5  旧総和町上辺見字鹿養大道中996の3に土地取得
1985.3  かつしか幼稚園閉園

三代目  山室裕英牧師  1985.3~1999.3
1985.5  古河勝鹿教会から総和キリスト教会へ名称変更
1989.5  旧総和町関戸1759-16に土地付中古住宅取得
1994.6  1階を礼拝堂として改築

四代目  前山正夫牧師  1999.4~
2005.5 道路拡張に伴い土地1.65㎡を総和町へ売却
2005.9 三市町合併により旧総和町から古河市へ 事務所住所表示変更→古河市関戸1759-16
2010.12 会堂改築一期完成(一階)
2014.12 会堂改築二期(二階牧師館)完成  教会堂改築記念礼拝

牧師の紹介

日本同盟基督教団(以下 同教団)総和キリスト教会牧師の前山正夫です。
私は、1952年に徳島県で生まれました。工業高校機械科を卒業後、1971年から7年間愛知県の会社で勤務しました。1974年に三浦綾子著書『塩狩峠』に心惹かれ、友人に誘われて同教団安城教会(現安城中央キリスト教会)に通い、同年同教会でイエス・キリストを救い主また主として信仰告白し洗礼を受けました。
その後牧師への志が与えられ、1982年東京基督教短期大学神学専攻科(現東京基督教大学神学部神学科)を卒業しました。
卒業後、沖縄県那覇市の同教団教会で4年、新潟県佐渡市の同教団教会で13年牧師として務めました。
1999年に同教団総和キリスト教会牧師として就任、2001年から12年間牧師をしながら古河市内の会社で勤務しました。現在妻と猫一匹と一緒に暮らしています。

お気軽にお問い合わせください TEL 0280-98-1948

PAGETOP
Copyright © 総和キリスト教会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.