茨城県古河市(旧総和町)にあるプロテスタントのキリスト教会です。

よくある質問

  • HOME »
  • よくある質問
聖書や神様のことは何もわかりません。こんな私が教会に行ってもいいですか?
もちろんです。教会はあなたを歓迎します。「教会に行ってみたい」というその心を大切にしてください。あらかじめお電話をいただくと係の者がご案内します。  電話番号 0280(98)1948
どんな服装で礼拝に出席すればよろしいでしょうか?
特にきまりはありません。普段着でお越しいただいても大丈夫です。
教会に行くにあたり、何か用意するものはありますか?
特にありません。聖書など必要なものは教会に用意してあります。お気軽にお越しください。
どうして教会の礼拝には献金があるのですか。
献金は神様がしてくださったことへの感謝の応答ですので、自発的にささげるのです。献金する人は喜んでしています。まだイエス様の事がわからない、そのような方は、献金のかご等がまわってきた時に、なさらなくてけっこうです。
これといって悩みはありません。それでも教会に行っても良いですか?
はい。ぜひ、ありのままでお越しください。教会は、心のオアシスです。
車で行きたいのですが、駐車場はありますか?
はい。教会建物の南側に15台ほどの駐車スペースがございますので、ご利用ください。
教会への行き方を教えてください。
バスをご利用の場合、「団地入り口」下車後、西松屋と幸楽苑の間の道を徒歩5分ほど直進してください。左側に教会の十字架が見えてきます。
車をご利用の場合、古河駅方面から東へ十間道路を進み、東北新幹線のガード下を通り、西松屋と幸楽苑の間の道へ右折、しばらく直進すると、左側に教会の十字架が見えてきます。
もう一つのルートは、新4号方面から十間道路を西へ進み、夢庵を過ぎた辺りで見えるセブンイレブンとガソリンスタンドの間の道路へ左折し、古河第一自動車学校正面を通過して電柱の教会看板が過ぎた次の道を右折、直進すると教会の看板が見えてきます。駐車場は教会堂の裏(南側)にあります。詳しくはアクセスマップをご覧ください。
赤ちゃんを連れて行きたいのですが、母子室はありますか?
いいえ。当教会は、乳幼児から高齢者まで一緒に礼拝しています。赤ちゃんには、礼拝堂にベビーベッドを用意しますので、安心してお越しください。
礼拝の後は何かありますか?
礼拝後、月に一度皆さんでいっしょに食事をします。(初めて教会へいらして下さった方は一度だけ無料です。)その他の週は、聖書を学ぶ時があります。その後お茶を飲みながらお話しする時間を設けています。月によって違う場合がありますので前もってメールやお電話でお問い合わせください。
礼拝以外に教会が開いている時間はありますか。日曜は都合が悪いのですが。
都合の良い日時を事前にご連絡いただければ、こちらの予定と重ならない限りお受けできます。
賛美したり、お祈りしたりといった経験がありません。どうすればよいですか?
賛美歌がわからない時は、そのまま聞いていただいていても構いません。お祈りは、黙祷の姿勢をとっていただければ結構です。賛美の曲の番号や、起立するところなどは、司会者がご案内します。判断に迷うところは、司会者が説明したり、近くに座っている教会員が説明してくれたりします。
教会に着いたらどうすれば良いですか?
まず入口を入られると受付があります。そこで受付の者に「初めて来ました」と、一声おかけください。聖書や讃美歌をお貸しいたします。また初めての方には、「新来者カード」という紙に、お名前等をお書きいただいています。これにはお名前・住所などをお書きいただくところがありますが、強制ではありませんので、ご記入いただかなくても結構です。お書きくださったカードは、受付の者にお渡しください(教会以外のところで使うことはありません)。また受付で「週報」というプリントをお渡しします。これは礼拝のプログラムや、教会からのお知らせなどが書かれています。これらを受け取られたら、係りの者が席にご案内します。
教会に行くと、その後しつこく勧誘されたりしませんか?
希望されない方に勧誘、ご案内をすることはありません。
教会に行くとマインドコントロールされたりしませんか?
こちらから信仰を押しつけたりすることは、決してありません。信仰を求めている方や質問のある方には、お話をさせていただきます。
キリスト教とは何ですか。
 キリスト教は、イエス・キリストが旧約聖書の預言の成就として,この世界に来られた救い主であるとの歴史的事実に基づいています。その本質は,キリスト御自身であり,その発端も中心も究極の目標もキリストにあります。キリスト教は,真の神であり真の人間であるイエス・キリストが神の究極的な啓示であり(ヘブル1:2,3)、神と人との間の唯一の仲介者であり(Ⅰテモテ2:5)、十字架上の贖いの死によって神と罪を犯した人間との間に和解をもたらした方であり(Ⅱコリント5:18)、永遠のいのちを保証するため3日目によみがえられ、今も生きておられる方であることを聖書により福音として宣言します(参照Ⅰコリント15:1‐4)。イエス・キリストの生涯と死と復活により、信じる者の罪は赦され、きよめられ、死と悪とに勝利し、新しいいのちに生きることができる者とされます。キリスト教は、真の知恵を指示しますが、人間の哲学に基づいたものではなく、また神との人格的な関係を尊重しますが、単なる内面的、主観的な経験でもありません。
 天地万物の造り主であり、生ける真の唯一の父なる神御自身が、御子キリストにおいて歴史の中に特別に介入して救いのわざをされるところに,キリスト教の独自性があります。「 この方以外には、だれによっても救いはありません。天の下でこの御名のほかに、私たちが救われるべき名は人に与えられていないからです。」(新改訳聖書第三版使徒4:12)。
(参考 『新キリスト教辞典』 いのちのことば社刊)

その他、ご不明な点や心配な点など、お気軽に下記のお電話番号か、お問い合わせフォームからお問い合わせください。

お気軽にお問い合わせください TEL 0280-98-1948

PAGETOP
Copyright © 総和キリスト教会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.