過去のイベント2015年


2015年

12月23日(水・祝) キャンドル・サービス
 午後6時から、キャンドル・サービスを行いました。今年も、聖書朗読とクリスマスの讃美を交互にし、イエス様の誕生を思い巡らしました。救い主であられるイエス様は、インマヌエルの主、今も私たちと共にいてくださいます。クリスマス、イエス様のご降誕してくださったことを心から感謝し、ともにお祝いできとても感謝でした。
   


12月20日(日) クリスマス礼拝、祝会
 午前中はクリスマス礼拝が行われ、独唱もありました。お昼は、一品持ち寄りのポトラック。その場でお好み焼きも焼いてくださいました。とても美味しくいただきました。食事に続いて、ゲームを楽しみ、賛美をしてイエス様のご降誕をお祝いしました。また、スライドショーで教会の1年間の歩みをふりかえりました。最後には、みなで「きよしこのよる」を賛美。新しい方々や、近所の方々も来てくださり、祝された時となりました。
   

   

   


12月9日(水) カフェ・シャロン
 今日の手作りお菓子は、シフォンケーキでした。会堂には、クリスマスツリーや手作りのクランツもあり、いつもと少し違った雰囲気の中でのカフェ・シャロン。各テーブルでの団らんの後、クリスマスの讃美歌。そして、大草原の小さな家から、クリスマスのお話を鑑賞しました。とても心温まるストーリーで、涙する方々も。イエスさまがお生まれくださったことを思い感謝するひと時となりました。
   


11月15日(日) 学び会「聖書の中間時代について」
 昨年に続いて、今年も久利英二先生をお迎えしました。礼拝ではメッセージをしてくださり、午後は「聖書の中間時代について」と題して学び会をしてくださいました。旧約聖書と新約聖書の間に、どのようなことがあったのか、とても分かりやすく、また楽しく教えてくださいました。学び会に出席された方々は、興味をもって熱心に先生のお話を聞いていました。質問もいろいろ出て、とても有意義な学び会となりました。導いてくださった久利先生に心から感謝いたします。
   


11月11日(水) カフェ・シャロン
 今日の手作りお菓子は、抹茶ケーキと大学芋でした。各テーブルでの団らんの後、今日は、八木重吉さんの詩を味わうことに。最初に、八木重吉さんのプロフィールを聞いてから、各テーブルで3つ詩をそれぞれ味わいました。何人かで話し合うと、詩の世界が広がります。全体でも、4つの詩について分かち合いました。なかなか、日常生活の中でゆっくりと詩を味わうことがないので、とても有意義な時となりました。
 


10月14日(水) カフェ・シャロン
 今日の手作りお菓子は、チョコレートケーキでした。各テーブルでの団らんの後、今日は、いろいろなゲームをしました。いちばん盛り上がったのは、ジェスチャー伝言ゲーム。ゲームに夢中になってしまい、写真を撮るのを忘れてしまいました…。からだと頭を使い、たくさん笑ったあとに、詩篇23篇を味わうひと時を持ちました。今日も、皆さんとともに楽しい時間が過ごせて嬉しかったです。


10月11日(日) ミュージック フェスタ
 
昨年に続いて、今年もミュージック フェスタが開かれました。今年もヴォーカルアンサンブルの方々がかけつけてくださり、一部では宗教曲、二部では童謡など様々なジャンルの曲を歌ってくださいました。トランペット演奏、ギター演奏、ハーモニカ演奏、牧師夫妻による二重唱などもりだくさんでした。伝道師によるショートメッセージもありました。写真にはありませんが、教会からも有志による聖歌隊が1曲賛美しました。始めての方々やお誘いしていた方々も来てくださり、みなで素敵な時を持つことができました。最後には、全員で「いつくしみふかき」を賛美し、このような幸いな時を与えてくださった主に感謝しました。
   

  


10月4日(日) 講演会「福島で生きていく」
 
木田惠嗣先生をお迎えしました。木田先生は郡山キリスト福音教会の牧師であり、福島県キリスト教子ども保護プロジェクト“ふくしまHOPEプロジェクト”の代表もなさっています。午前の礼拝では、ガラテヤ6:11-16より「私の誇り」と題してメッセージを取り次いでくださいました。午後は「福島で生きていく」と題して講演会が開かれました。福島における東日本大震災の影響や、福島ならではの問題についてお話しくださいました。様々な難しさがある中で働かれている方々のことを覚えて祈り続けなくてはと思わされました。
  

  


9月13日(日) たんぽぽの会
 
今年2回目のたんぽぽの会でした。今日のテーマは「対話〜伝える力、受け止める勇気」でした。コミュニケーションについて教えていただきました。カウンセラーの方のお話を聞きながら、発見があったり、納得したり、有意義な時でした。自分の感じていることを知ること、ことばにして伝えること、そして、相手のことばを受け止めること、どれも大事だなと、今回もまた思いました。参加された皆さん、それぞれ、様々なことを考える機会となったことと思います。

9月9日(水) カフェ・シャロン
 今日の手作りお菓子は、レモンケーキにコーヒーゼリーでした。特別ゲストをお迎えして、リコーダーとチェンバロの素晴らしい演奏を聴くことができました。演奏のために、電子チェンバロ(下の写真)を持ってきてくださいました!リコーダーはとっても身近な楽器ですが、プロの方の演奏を聴くことはなかなかないので、とても貴重な時でした。いろいろなサイズのリコーダーがを持ってきてくださり、様々な音色を楽しむことができました。とっても小さいリコーダーもあり、びっくり!なんと、リクエストに応えて演奏してくださる場面も。とにかくとても楽しい時でした。演奏後は、各テーブルで団らん。その後、皆さんからの質問タイム。とっても有意義な時となりました。
  

  


8月23日(日) 「生物学的見地から見た神のみわざ」
 渡辺香織姉(現在、南カルフォルアニ大学で研究を続けていらっしゃいいます)をお迎えしました。礼拝の中では、救いの証しをしてくださり、昼食後は、「生物学的見地から見た神のみわざ」と題して、懇談会の時をもってくださいました。DNAのことや、タンパク質のことを通して、神さまのみわざの素晴らしさを力強く語ってくださいました。3つのタンパク質を取り上げて、その機能や構造の美しさ、不思議さを分かち合ってくださいました。神さまの愛とみわざを覚える感謝な一時でした。
   


8月1日(土) サマーフェスタ
 とっても暑い中、午後2時からサマーフェスタが始まりました。
@まずは、英語タイム。アメリカから先週初来日した高校生が参加してくれて、生の英語を聞きながら、賛美、英語でのゲームを楽しみました。
A次は、いろんなじゃんけんと、新聞を使った遊び。大盛り上がり!子どもから大人まで一緒になって遊びました。
Bそして、外のデッキで流しそうめん。竹の流しそうめん台は、今朝作ったので、とっても新鮮。庭から取ってきたススキも、いい雰囲気〜。部屋の中では、甘いスイカに、美味しいおにぎり。子どもも大人も大満足〜。
 みんな、楽しんでくれました。最後に渡したプレゼントの中には、「神は愛です」“God is love”と書いたかわいい手作りカードを入れました。これからも、子どもたちに神さまの愛を伝えていきたいと強く思いました。赤ちゃんから中学生まで、子どもたちが集まってくれて、とっても楽しく感謝な時となりました。
   

   

   


7月8日(水) カフェ・シャロン
 今日の手作りお菓子は、ヨーグルトムースでした。初めてのメニューに挑戦でしたが、大成功。ブルーベリーソース、コンフレーク、ミントをトッピングし、見た目もきれいで、とてもおいしかったです。小人数だったので、ボリュームもありました。各テーブルでの団らんの後、「父を語る」というテーマで、記憶に残る父のことばや、父親がどんな人であったかなど、みなで分かち合いました。みなさん、あまり父親について語る機会はないようで、父親のことを改めて思う貴重な一時となったようです。
  


6月21日(日) ヴァイオリン コンサート
 杉山優子さん(ヴァイオリン)と木下裕美さん(ピアノ)をお招きしました。午前の礼拝の中でも演奏してくださいました。午後のヴァイオリン コンサートには、たくさんの方々が来られ、教会の方々とあわせ60名程になりました。みなさん、素晴らしい演奏、迫力のある演奏を楽しまれていました。コンサートの中では、杉山さんと木下さんが証しをしてくだささり、イエス様についても語ってくださり、とても感謝な時でした。配布されたチラシを見て、初めて来てくださった方々もいらしました。コンサートの後には、茶菓の時を持ち、残れる方々でゆっくり交わりの時も持つことができました。祝福してくださった神様に感謝!来訪者の中から、主を求める方々が起こされますように!
  

  


6月10日(水) カフェ・シャロン
 
今日の手作りお菓子は、シフォンケーキとキャロットケーキでした。今回は、シンガポールからフローレンスさんが来訪され、「ホースセラピー」についてのお話をしてくださいました。写真や映像なども交えながら、「どうして馬なの?」「ホースセラピーにはどのような効果があるの?」など、たいへん興味深い内容でした。フローレンスさんは以前に日本で英語を教えていたこともあり、フローレンスさんを知っている方々がたくさん集まり、とても賑やかなひと時となりました。
  

  


5月31日(日) hi-b.a.の岡田スタッフ来訪
 hi-b.a. (高校生聖書伝道協会)から岡田健太スタッフをお迎えしました。岡田スタッフは2014年より、千葉県上総一ノ宮にあるhi-b.a.のキャンプ場でご奉仕されています。礼拝では、救いの証しとともに、どのようにhi-b.a.のキャンプ場での働きへと導かれたのかをお話しくださいました。また、昼食後の懇談会においては、hi-b.a.の働きについてお話しくださり、高校生伝道についてみなで考える時を持つことができました。正直であることの大切さを教えられました。高校生伝道の働きのために、引き続き祈っていこうと思わされました。
  


5月13日(水) カフェ・シャロン
 
今日の手作りお菓子は、あずき寒天でした。各テーブルでの団らんの後、母の日にちなんで、「母親を喜ばせたこと」「母親を悲しませたこと」というテーマで皆さんに話していただきました。多くの方々が来てくださったので、時間が足らず、全員の方のお話をお聞きすることはできませんでした。またの機会にぜひ!改めて母親のことを思うひと時を持つことができ、感謝でした。
  


5月10日(日) たんぽぽの会
 久しぶりのたんぽぽの会でした。今日のテーマは「ゆるし〜私と和解する」でした。今回は、実践的な内容となりました。思っていることを言葉にすることの大切さ、話している人を見てしっかり耳を傾けて聞くことの大切さ、対話をするには勇気が必要ですが、対話を通してこそ得られるものがあります。「”ゆるす”とは、どういうことでしょう?」との問いかけもありました。カウンセラーの方に導いていただきながら、皆で実際に参加する会でした。聞いたことをメモして、頭で考えるだけではなく、実際に体験することがとても大事だなと思いました。次回は9月13日(日)です。今から楽しみです!

4月26日(日) “みんなちがって あたりまえ”
 サンサンこどもクリニックの佐々木院長をお迎えして“みんなちがって あたりまえ”と題して講演をしていただきました。子どもの発達について説明くださったり、子どもを育てるうえで、比較せずに愛情をもって育てることの大切さを教えてくださったり、とても勉強になりました。後半は、お茶を飲みながらQ&Aの時間を持ちました。参加者からたくさん質問が出され、佐々木先生がひとつひとつ丁寧にお答えくださいました。皆さんとても熱心に佐々木先生のお話しを聞いていらっしゃいました。とても有意義な時となりました。感謝!
   


4月8日(水) カフェ・シャロン
 
今日の手作りお菓子は、シフォンケーキでした。雪が降る寒い日となりましたが、多くの方々が来てくださいました。しばらくの団らんの後、牧師夫妻が先月のアメリカ訪問についてお話しくださいました。今回のアメリカ訪問の大きな目的は、引退された宣教師の方々(かつて日本に宣教師として来てくださった方々です)を訪ねることでした。シアトル(ワシントン州)、アトランタ(ジョージア州)、バーミンガム(アラバマ州)、オー・クレア(ウィスコンシン州)などの訪問地を地図で確認しながら、先生のお話を聞きました。引退された宣教師の方々は、今も日本のためにお祈りし続けてくださっています!牧師夫人は、アメリカ訪問時に経験したびっくりした出来事や楽しいお話をしてくださいました。和やかなひと時となりました。
  


3月11日(水) カフェ・シャロン
 今日の手作りお菓子は、ヨーグルトケーキでした。東日本大震災から今日で4年。お祈りの時を持ちました。しばらく各テーブルで団らんした後、まど みちおさんの詩をいくつか朗読していただき、詩の朗読を聞きながら、考えさせられたり、笑ったり。その後も、各テーブルでの団らんが盛り上がりました。くつろぎのひと時に感謝!
   


2月15日(日) 「元祖便利屋の泣き笑い人生」
 
元祖便利屋の右近勝吉氏をお迎えしました。礼拝の中では、ヤクザの世界にいた高校時代に、一人の宣教師との出会いを通してイエス・キリストを受け入れた証をしてくださいました。午後には、「元祖便利屋の泣き笑い人生」と題して、講演をしていただきました。右近氏だからこそ語れる様々な体験談に、一同驚くとともに、笑いの溢れる一時となりました。
   


1月14日(水) カフェ・シャロン
 今日の手作りお菓子は、レモンライムのゼリーとタンジェリンオレンジのゼリーでした。各テーブルでの団らんがとても盛り上がっていました。最後の40分ほどは、「新年」というテーマで皆さんにお話ししていただきました。お正月の思い出や、今年のお正月はどんなだったか、今年の目標など、自由にお話しくださり、和やかで楽しいひと時でした。