以前、ホームページに載せていた、ほのぼのエッセイ「ジーザスはあなたのベストフレンドです。」をリクエストにお答えして、再アップしました。

 
  1. -2010年 春号 -夢が実現する vs あと一歩なのに…









春は、新しい希望の季節ですね。新しい何かに、期待感をはずませているのでは?と思います。

私も春はプロ野球が始まる季節で、いつも期待感に胸を膨らませています。期待感がある時って、心が弾みますよね。しかし、逆に期待感がなくなると、心に勢いが失せていきます。

最近の日曜に「夢が実現する vs あと一歩なのに…」というメッセージをしました(興味のある方は、ポッドキャストで聞けますので、mediaのページからお聞きくださいね)。

「夢が実現する vs あと一歩なのに…」では、少しの差なのに、雲泥の差がありますよね。

クラス対抗の水泳リレーで自分のクラスが勝っていたのに、最後の最後でアンカーが途中で立ってしまったのです。それで、負けた…すごく悔しかったです‥。

「私たちは神の作品であって、良い行ないをするためにジーザスにあって造られたのです。神は、私たちが良い行ないに歩むように、その良い行ないをもあらかじめ備えてくださったのです。」*エペソ人への手紙 2:10*の聖書のことばによりますと、神が私たちを造り「良い行ない」をも備えてくださったのです。

わかりやすく言うと、ジーザスは私たち各自にオリジナルの夢(オリジナルの良い行いする)を与え、道も備えてくださっています。
このオリジナルの夢を考えると、心にいのちが溢れます。このことは、神からの愛と恵みのゆえです。

それでは、一体どうしたらいいでしょうか?

ジーザスを見て、彼から目を離さないことです。

「信仰の創始者であり、完成者であるジーザスから目を離さないでいなさい。ジーザスは、ご自分の前に置かれた喜びのゆえに、はずかしめをものともせずに十字架を忍び、神の御座の右に着座されました。」*ヘブル人への手紙 12:2*と聖書に書いてあります。

夢を与え完成させてくださるのは、ジーザスです!

ところで、夢を妨げるものは何があるか知っていますか?

恐れ、責めです。これは、自分たちをダメにします。これって、すごく悪玉なんですよ。
恐れや責めがある時って、自分らしさというか、神の与えた夢を妨げてしまうのです。

その恐れ、責めを、ジーザスは十字架で葬ってくれました。
ジーザスを見ているとき、恐れや責めが消えていきます。

私もジーザスを見ているとき、本当に平安で、恐れや責めから解放されます。
その時、すごい期待感が溢れてきます。

神が与えた夢は、必ず実現するでしょう!

あなたの夢は何ですか?共にジーザスを見ませんか?
私たちチャーチオブグローリーでは、あなたがジーザスを見ることを喜んで助けます。ぜひ、日曜の礼拝にいらしてください!


2009年秋「WWJD」


食欲の秋、スポーツの秋、読書の秋。あなたは秋をどのように楽しみますか?
先日、アメリカのレストランが日本にオープンしたということで、友人に連れていってもらいました。メニューが英語で、写真で美味しそうなのを注文したら、巨大サイズのサーモンステーキとポークリブがやって来ました。日本のレストランでは、メニューよりも実際が小さかったり、中身がちゃちだったりすることが多いのですが、このサイズと内容にはビックリでした!翌日は、カロリー消費のため、いつもより長くジムで運動をしてきました。

ところで、WWJDって知っていますか?
WWJDの文字でできているリストバンドやシリコンバンド、または携帯ストラップが世界中でブレイクしています。WWJDの意味は「What would Jesus do?」の略で「ジーザスだったらどうするか?」の意味で、何かするときにリストバンドなどを見てジーザスだったらどうするか考え行動するとのことです。それがうまくいったら世界中いたる所で、愛と喜びと優しさとユーモアが溢れる流れることでしょう!想像するだけで嬉しくなってしまします。

さらに、観点を変えてみてこう考えたらいかがでしょうか?WWJDを「What would Jesus did?」すなわち「ジーザスは何をなされたか?」ジーザスは十字架で、私のため、あなたのため、罪の身代わりとなって死んでくれました。そして、ふさわしくない私にいのちと愛と恵みをくれました。今も、変わらずに愛してくれてます。
そんなジーザスの愛を覚えるとき、新しい力を受けます。責めと恐れから解放されて、笑いで満たされます。そして自然体で、ジーザスがしたように愛に生きるようなれるのです。

あなたも、ジーザスの愛と喜びを受けませんか?ジーザスはあなたのベストフレンドになってくれます。チャーチオブグローリーでは、あなたがジーザスの愛と喜びを受け、いのち溢れる歩みができるように喜んでお手伝いします。

どうか、希望の神が、あなたがたを信仰によるすべての喜びと平和をもって満たし、聖霊の力によって希望にあふれさせてくださいますように。

*ローマ人への手紙 15:13*



2009年夏休み「ジーザスが与えてくれる冷たいドリンク」


暑い日が続いてますが、いかがお過ごしでしょうか?

最近、My水筒(すいとう)を持って会社や色々な場所に行くことが密かなブームであることをTVで知りました。驚いたことに、男性にもこのブームが広がっていて、会社では通称「水筒男子」と呼ばれているそうです!そういえば、この間ショッピングモールに行ったら、ものすごい種類の色や形やデザインの水筒が並んでいました。

もし、暑い日にMy水筒を持っていくとしたら、あなたは何を入れますか?私だったら、もし何でもOKであるなら、冷た~いハーブティか大好きなシークヮーサージュースかな…(ちなみに、かき氷だったら練乳金時です!)
ところで、先日私が心身疲れ果てている時に私の生徒から癒しメールをもらいました。メールの内容はタイムリーな励ましと、聖書からの私の状況にぴったしのいのちの言葉でした。それは、南国の砂漠でヘトヘトになっている時に、冷たいライムジュースをもらったような、心を潤すメールでした! 一気に、疲れから希望へと心の方向が変わりました。

聖書に「わたし(ジーザス)が与える水を飲む者はだれでも、決して渇くことがありません。わたしが与える水は、その人のうちで泉となり、永遠のいのちへの水がわき出ます。」*ヨハネの福音書 4:14*と書いてあります。ジーザスはいつも色々な方法で私たちを励まし、なぐさめ、行くべき道を教えてくださいます。この聖書のことばは、本当です。疲れ果てているとき、心が乾ききっているとき、ジーザスは潤し満たしてくださいます。

少し前に、心の中からエネルギーが全部なくなって、からからに乾いてしまった体験をしました。ジーザスにそのことを言うと、内側から涌き水のごとくいのちと希望の泉が溢れてくる奇跡を体験しました。心が癒され、新しくされました。

あなたも、そんな素晴らしいジーザスと出会い共に歩んでみませんか?いつでも教会にいらしてください!あなたも、ジーザスから潤されるミラクルを体験することでしょう!



2009年6月「あなたのBGM」


夏が来る前に、雨の季節がやって来ますね。
雨というとうっとうしいイメージがあるのですが、私は雨も楽しんでいます。子供の頃は、雨が降ると長靴をはくことが出来たので、嬉しかったです。そして、長靴で水溜りで遊ぶと靴の中に水が入り、音がして、その音も楽しみました。子供のころから音楽のセンスがあったのでしょうか(笑)。でも、長靴をぬらして母に叱られたものでした(笑)。

先日、近所のスーパーマーケットに買い物に行くと、いつも聞いている音楽がBGMとしてスーパーで流れていました。Hill SongのFatherというワーシップ(神様へのラブソング)だったのです!なぜ、この曲が東京の武蔵野地域のスーパーマーケットで流れているの?と驚きだったのですが、会うはずのない場所で会うはずのない親友にばったり会ったような感覚で、とても嬉しくなりました。歌詞の内容は「あなた(父なる神)の完全な愛は私のすべての恐れを取り去る。お父さん、愛します。あなたが、まず初めに私を愛してくれたから。そして、私は驚くべき愛に感謝しています…」という感じです。このBGMを聞きながら、とても幸せな気持ちで買い物をすることができました。

ところで、BGMというものはありとあらゆる場所でかかっているのですが、BGMシステムのようなものが私たちの中にあるのをご存知ですか?
どういうことかといいますと、例えば、失恋などの経験をしたとします。そして、もしその失恋の経験の痛みをいつまでも心に持ち、それをBGMとして流していたらどうなるでしょう?新しい出会いがあっても、「もう終わりだね~」なんてBGMがいつも心に流れていたら、うまくいくものもうまくいかなくなってしまいますね!遊園地のプールでジョーズのBGMを流したら、何か泳ぎたくなくなりませんか?恐れがある多くの人は、間違った心のBGMを心に中でかけてしまっているかもしれません。

逆に、自分に希望や勇気を与えるBGMもありますね。そのようなBGMがいつも心に流れていたら素晴らしいです。写真を整理するように、思い出やBGMも整理する必要があるのです。
ジーザスはそれを導き、最高に希望に溢れた心のBGMを与えてくださいます。
聖書のエペソ5:19に「詩と賛美と霊の歌とをもって、互いに語り、」とあります。これは、ジーザスへのラブソングをBGMとして心に流し、人と接すると読むことができると思います。
最高の希望や励ましのBGMが心に流れ生きていくとき、歩みは、自然と幸せ色へと導かれていくことでしょう!

あなたも、ジーザスと出会ってみませんか?

チャーチオブグローリーでは、ジーザスと出会い、ともに歩んでいけるようにお手伝いします。



2009年春「希望の力」


春です!新しい希望の季節ですね!「希望」が、どれだけあなたの人生に影響を及ぼすか、知っていますか?
ある人がこんなことを言いました。
「食べ物がなくても、1ヶ月は生きていける。水がなくても、1日は生きれる。しかし、希望がなかったら、心は一瞬も生きていけない。逆に、希望を得ると、一瞬のうちに、すべてが新しくなり、生きる力が沸いてくる。」
そうです。希望があれば、すべての人が拒絶しても立ち向かう力がある、希望があれば逆境にも立ち向かえるのです。
ふつう、一般的に、希望を「願い」という意味でつかっていますが、聖書に書いてある「希望」という言葉の意味は「ジーザスからの、良いことが起きるという確信に満ちた期待感」なのです。だから、ジーザスが与える希望と一般の希望とは、意味が違います(ここで書いている希望は、ジーザスが与える希望のことです)。

ジーザスは、願いと共に、希望という確信に満ちた期待感を与えてくださいます。不思議なもので、状況がどんなに厳しくても、心にジーザスの希望があれば生きる力が沸いてくるし、道が開かれていくのです!

私が社会で働いていたころ、フィリピン伝道に夢中になっていた時期がありました。ところが、3回目のフィリピン伝道旅行でたくさんの事件が起きたり、体調もこわれてしまい、大好きだったフィリピンが嫌いになりかけていた時がありました。そんな中、クリスマス前に1週間の休みを取ることができました(普通、社会人は1週間も休みをとれないですよね。この年は2回目の1週間の休みをもらえたのです)。ジーザスが「フィリピンに行きなさい」と明確に私に語りました。フィリピンでのつらい経験を癒し、再びフィリピンに伝道に行くという希望を回復させてくださいました。ところが、いざ航空チケットを予約しようとすると、クリスマス前なのでまず無理でしょうと言われました。でも、ジーザスが私に、「チケットは必ずとれるから、準備を続けなさい」と言われました。ジーザスが門を開かれるいう希望があったので、心は揺るがず、準備を続けました。不思議なもので、希望があると期待感があり奇跡が起きるのです。出発数日前に奇跡的にチケットはとれました!

その時は、最高の伝道旅行となりました(帰りは帰りたくなくて、飛行機の中で泣いていたくらいでした)。希望があると心は揺るがなくなります。希望があると心が期待感に溢れ、喜びで満たされます。希望の力こそが、新しい力を維持する秘訣と言えるでしょう!

ところで、希望の力を受ける秘訣の1つは、ジーザスから愛されていることを意識することなのです。ジーザスはあなたを愛しておられ良いもので満たしたいのです。ジーザスは希望の神で、あなたに希望を与えたいのです。ジーザスと共に歩むと、確かなる希望があなたに希望があなたに与えられることでしょう!ジーザスがあなたに与えたいのは、希望と平安のある将来なのです!

そんなジーザスと共に歩んでみませんか?

チャーチオブグローリーでは、あなたがジーザスと出会い、希望に満ち共に歩んでいけるようにお手伝いをいたします。

どうか、希望の神が、あなたがたを信仰によるすべての喜びと平和をもって満たし、聖霊の力によって希望にあふれさせてくださいますように。

*ローマ人への手紙 15:13*

 Back to Top

2009年2月「ジーザスはあなたを『チェンジ』します!」


『チェンジ』ということばを、最近、巷でよく聞きます。これは、オバマ新大統領のことばに、多くの人が感銘を受けたからと同時に、みんな『チェンジ』:すなわち変わりたいからなんじゃないかな?なんて思ったりしました。私も『チェンジ』が必要だし、あなたも何か変わってほしいことがあるのではないでしょうか?

ジーザスは『チェンジ』を与えてくださる方であることを、今日、知ってほしいです。まず、神様がつくられた自然の法則にも『チェンジ』がたくさんあります。

例えば、オレンジや蜜柑やりんごなどの果物です。木の根っこが、地下から泥やバクテリアの入った養分を吸い上げ、それが木の中で『チェンジ』されて、あの美味しい蜜柑になるのです。それからミルクもそうです。牛が草を食べます。草と共に、ミミズや蟻などの昆虫も食べます。そして牛は胃袋がたくさんあるので、胃に入れたものを一旦口に戻して、また飲み込みます。そして、体の中でミルクへと『チェンジ』されるのです。(もう、ミルクを飲みたくないなどと、言わないでくださいね。私も八ヶ岳ジャージー牛乳のファンなのですから…)

ジーザスは、自然だけでなく、私たちの歩みに大きなチェンジを与えてくださいます。
新約聖書にザアカイという、人々からお金を騙し取っていて、皆から嫌われていた者がいました。ジーザスが彼に声をかけ、ザアカイはジーザスに出会うと、ジーザスの愛と恵みと大きな心に心を動かされ、心が溶かされ、「誰からでも騙し取ったものを4倍にして返します。私の財産の半分を貧しい人に施します。」と言いました。心のチェンジですね。
本物に会うと、本物の愛に会うと、心って動きませんか?
ジーザスに会うと「悲しみが喜びへ」とチェンジされ、「捕われていた心が解放され」、「見えなかった目が開かれ」、「愛せなかった人を愛せるように」チェンジされます。聖書に書いてある私たちへの約束です。(実際に起きるんですよ!)

さらに、ジーザスの品格である「愛、喜び、平安、寛容、親切、善意、誠実、柔和、自制」が実となって身についていきます。私も、たくさんジーザスからチェンジされました。

最後に、1つの感動したお話しを紹介したいと思います。
あるお母さんが、8歳になる息子を連れてピアノコンサートに行きました。ステージ上には、アイボニーのグランドピアノがありスポットライトが当たってました。しかし、コンサート開演前、息子は退屈で「つまんないよ。つまんないよ。」と駄々をこね、それを叱るとどこかへ行ってしまいました。気づくとステージに向かっていました。そして、ステージにあがって、勝手にピアノを弾き始めました。「お箸の行進」という曲です。皆が騒ぎ始めました。ピアニストが来て、そっと立って、その子の後ろから手を伸ばし両手で伴奏し始めました。観客は拍手喝さいです!そしてピアニストはあいさつして、その子をステージからおろしました。
お母さんは、本当に感謝で大喜び。台無しが最高の演出に変わったのですから。
想像してみてください。ジーザスは足りないものを良きものに変える。私たちとともにいて、私たちにあわせてメロディーを弾いてくださる。このことを人が見るとき、言葉では言いようのない神の力を見るのです。

あなたもジーザスと出会い、共に歩むなら、明確なチェンジを見ることでしょう。チャーチオブグローリーでは、あなたがジーザスと共に歩むことをお手伝いします。

私たちは、神様を愛し、神様のご計画どおりに歩んでいるなら、自分の身に起こることはすべて、益になることを知っているのです。

*ローマ人への手紙 8:28(リビングバイブル訳)*

 Back to Top

2009年1月「ジーザスからの想像を超える計画と広い心」


Happy New Year!

希望に満ちた新しい年がスタートしました。あなたの今年の抱負や夢はいかがでしょうか?それぞれの夢が解き放たれていったら素晴らしいですね!

聖書に、Good Newsが書いてあります。「普通の人が、これまで見聞きしたことも、想像したこともないほどすばらしいことを、神様は、ご自分を愛する人々のために、用意してくださった。」1コリント 2:9(リビングバイブル)* これは、別のことばで言い換えると、神様は、私たちの想像をはるかに超えたことを私たちのために計画し備えてくださっていると言えると思います。そんな備えを受け取ってみたいと思いませんか?

でも、神様は、マジシャンのような方ではありません。
あるところに60歳を迎えたカップルがおりました。彼らは誕生日が同じ日でした。彼らの元にアラジンのおじさんがでてきて「誕生日のお祝いに3つの願いをかなえてあげよう」と言いました。
妻が言いました。「ワイキキに行って、お祝いしたい!」すると、ボ~ンと煙が出て2人はワイキキに瞬間的に行きました。妻が言いました。「フリフリチキン(ハワイの名物でチキンの丸焼きです。これが結構いけるのです)を食べてお祝いしたい!」すると、ボ~ンと煙が出てフリフリチキンが2人の前に並びました。夫は、ワイキキビーチを見渡すと水着の女性がたくさんいて、それに目が奪われ「妻が私より30歳若くなりますように!」と言いました。
すると、ボ~ンと煙が出て、夫が90歳になってしまったのです(笑)。

もちろん、この夫婦の話しはジョークです。
私たちの神様は、このような煙が出てきてボ~ンといって何かが起こるというようなことをなさいません。神様は、私たちが想像を絶する神様の祝福、計画、備えを与えるために心を広くしてくださいます。

私はあなたの仰せの道を走ります。あなたが、私の心を広くしてくださるからです。

*詩篇 119:32*

単にご利益のように、何かボ~ンと煙が出て何かが起きるのでなく、備えを受け取ることができるよう心を広くしてくださるというのです。

突然ギャンブルなどで大金を得ると、かえって不幸になる人が多いという話しを聞いたことがあります。それは「富を管理する広い心」がなかったためではないか、という話を聞きました。昨年、日本一になった西武ライオンズの渡辺監督が、ドラフトで選手を選ぶ際にその選手の『心』を重視したという話を聞きました。

神様の大きな計画や供えの中に歩む時、時として責任やリスクが伴うときがあることでしょう。そんな時、広い心が大切なのです。神様はもちろん素晴らしい祝福を与えてくださいます。でも、それに伴い広い心を養ってくださいます。これは、日々、神様との関係の中で聖書を通して起こってきます。神様は私たちの個人的な愛のメンターになってくださり、私たちの心を広くしてくださいます。素晴らしいと思いません?

あなたも、そんなジーザスと共に歩んでみませんか?

ジーザスはあなたのベストフレンドになり、想像を超えた計画、備えと同時に広い心を与えてくれるメンターになってくださいます。チャーチオブグローリーでは、あなたがジーザスと出会い、共に歩んでいけるようにお手伝いします。


2008年クリスマス号「あなたへのプレゼント」


Merry Christmas!
クリスマスオーナメントが綺麗で、喜びと愛とプレゼントが飛び交う季節ですね。私はこの季節が大好きです!
もし、億万長者の友達がいて、あなたに何でも好きな物をクリスマスプレゼントしてくれると言ったらあなたは何と答えますか?

僕のパスタの好きな友達は「俺だったら、カルボナーラ1年分と答えるな」なんて言っていました。僕だったら大勝軒のもりそばを1年分な~んて冗談ですが…。ある人は高級車、ある人は豪邸かもしれません。でももし、何でも好きな物をもらえることに条件があって、「ただし、あなたは無人島で一生を過ごさなければならない」という条件があったらどうでしょう?どんなに豪華な物をもらっても絶対嫌ですよね。

人は一人で生きていけないようにつくられています。ある中学校でアンケート調査をしたところ、最も恐ろしいことは友達から「シカト」されることという結果が出たそうです。友達とのつながりがきれてしまうことは、本当に悲しくつらいことです。クリスマスの季節には、学生から「ロンリークリスマス」という言葉をよく聞くと、大学の講師をしている友人から聞いたことがあります。

それでは、クリスマスとは一体なんでしょう?神のひとり子であるジーザスがこの地に来られた、その誕生をお祝いする時なのです。ジーザスがこの地に来られた理由は、私たちの罪の身代りとなって血を流され十字架で死に(クリスマスカラーの赤い色は、ジーザスの血の色です)私たちの罪を赦し、神と私たちを和解させ、人と人とを和解させ『つながり』を与えるためなのです。そして、そこに豊かないのちとグレースがあります。これは実際的なことです。
実際、ジーザスを心に受け入れると孤独感から解放されます。心のラブタンクにジーザスの愛がたくさん注がれるからです。また、ジーザスと共に歩むと人間関係が良くなっていきます。ジーザスから愛をたくさん受けると、愛するようになっていくからです。

僕のカナダの友人が不思議な夢を見ました。
「ある人が、きれいにラッピングされているプレゼントをもらって、そのラッピングをだけを見て中身をあけないで喜んでいる。あげた人は、中身を見てくれないので、寂しい思いをしている。」 こんな夢です。ラッピングは確かに夢があります。でも、中身はもっと素晴らしく価値があります。さらに、その中身よりプレゼントをくれた方の愛は、さらに素晴らしい価値があります。中身や愛を見ないでラッピングだけ見ていたら寂しいですね。同じくクリスマスの綺麗なライト、ご馳走など、夢があり僕は大好きです。しかしその中身はジーザスであり、ジーザスをプレゼントしてくれた父なる神の私たちへの愛があるのです。

知ってください!ジーザスは、あなたへのプレゼントなのです。

そんなジーザスのプレゼントを受けませんか?

チャーチオブグローリーでは、あなたがジーザスと出会い、共に歩んでいけるようにお手伝いをいたします。ぜひ、いつでも教会にいらしてください!

「私が来たのは、あなたが、いのちを得、またそれを豊かに持つためです。」

ジーザスのことば*ヨハネの福音書 10:10*


2008年11月「勝利者」


紅葉のきれいな季節、そして食欲の秋、スポーツの秋の季節です。いかがお過ごしでしょうか?
先日、日テレの『誰も知らない泣ける曲』という番組で小坂忠氏の「勝利者」という曲が紹介されました。「勝利者」は、1984年のロサンゼルスオリンピック女子マラソンで、熱中症で苦しみながらも必死にゴールを目指したアンデルセン選手を見て感動して小坂忠氏が作ったのだそうです。

ところで、勝利者というとどんなイメージを持ってますでしょうか?金メダリストでしょうか?それとも表彰台の上で拍手で褒め称えられる一部の人でしょうか?確かに、その人も勝利者であると思います。しかしながら、1位を取るためだけに走るんじゃない。自分の与えられた人生のレースを前を向いて走った人は皆、勝利者であると私は思います。小坂氏は「ヒット曲のために歌うのではない。一人の人の心に感動を与えられたら、これはもう大ヒットだと思う。」とコメントされてました。番組の中で、この曲にあわせてメダルをとることの出来なかったアスリート達の涙の映像が流れました。彼らも立派な勝利者です。出演者はこの映像を見て感動して泣いていました。私も涙が出てきました。
この映像を見て思い出した、オリンピックのシーンがありました。

バルセロナオリンピックで、男子400メートルの英国のレイモンド選手は優勝候補でした。しかし…160メートル付近で右足に痙攣を起こしてしまい、足を引きずり必死になってゴールを目指します。その姿を見かねて彼の父親のジムさんが係員を振り切ってレイモンド選手に駆け寄ってきて、二人は拍手の嵐に迎えられ共にゴールイン。「これまで一緒にやってきたから我慢できなかった。」父親としての愛情あふれることばが世界中の涙を誘ったシーンです。なんて素晴らしいお父さんなんでしょう!私の感想ですが、レイモンド選手は金メダルか金メダル以上の感動、勝利を得たのではないでしょうか?

聖書に、しかし、私たちは、私たちを愛してくださった方(ジーザス)によって、これらすべてのことの中にあっても圧倒的な勝利者となるのです。*ローマ人への手紙 8:37*とあります。

天から、ジーザスは私たちを愛するために、この地に来られました。そのジーザスによって、私たちは圧倒的な勝利者

となるのことができるのです。聖書の約束です。
小坂氏の「勝利者」の歌詞の一部に『君がつまずいた時、失望の波にもまれていた時、君は一人で居たんじゃない、君を支えていた誰かがいた。勝利者はいつでも傷つきながら、それでも前に向かう。どんな力も、神の愛から君を離すことなど出来ない』という歌詞があります。

ジーザスは、あなたが、つまずいた時、孤独なとき、そばにいて、あなたを支え、勝利を与えてくださいます!レイモンド選手のお父さんと同じで、私たちを一人にできないのです。

そんなジーザスと共に歩んでみませんか?

チャーチオブグローリーでは、あなたがジーザスと出会い、共に歩んでいけるようにお手伝いをいたします。ぜひ、いつでも教会にいらしてください!



2008年9月「謎を解くジーザス」


夏が通り過ぎて9月になりました!私の大好きな季節です!夏はいかがでしたか?私は夏の終わりに教会のキャンプで清里に行って、ズッキーニをたくさん食べて、やまねミュージアムに行ってきました(夏野菜は、やはりズッキーニと甘~いトマトなのです!!)。

ここでなぞなぞを1問!
『世界中の人が集まったワールドカップ会場で、突然起きた停電さわぎ!その中で「電気をつけろ」と最初に叫んだのはどこの国の人でしょう?』なぞなぞって答えが見つからないと…心の中が「モヤっと」しませんか?それ以上に、私たちの人生の歩みで「理解できないこと」や「わからないこと」が起きてくるときに、心が「モヤっと」×何倍にもなってしまうことってありませんか?理解できないことって、結構きつかったりするのです。

聖書に興味深いことが、書いてあります。
私はたとえに耳を傾け、立琴に合わせて私のなぞを解き明かそう。*詩篇 49:4* たとえとは、聖書の『箴言という知恵のたとえ』のことで、立琴は、賛美(ジーザスへのワーシップ・ラブソング)です。それにあわせて、なぞを解き明かすとあります。
また、聖書には 主が知恵を与え、御口(ジーザス)を通して知識と英知(理解の意味)を与えられるからだ。*箴言 2:6*とあります。ジーザスは『人生の中の理解のできないこと』や『謎』を解き明かしてくださるのです!これは、本当です。ミラクルです。

私が社会人1年生の時、仕事場で大きな困難にぶつかりました。仕事を辞めたいと思ったほどでした。その時は、なぜこんなことが起きるか?理解出来なかったのですが、後でジーザスが明確に語ってくれました。『悪魔がお前を攻撃をしようとした。でもあの時のお前が通った困難は、やがてお前が牧師になって、困難に中にいる人の心がわかったり、助けるようになるために益になる体験だったんだよ!』困難はやがて勝利へと変わり、マイナスがプラスへの体験と変えられました。
ジーザスと出会い友達になるなら、ジーザスはあなたの『理解できないこと』も解き明かしてくれることでしょう!

あなたも、ジーザスに出会ってみませんか?

チャーチオブグローリーでは、あなたがジーザスと出会い、神様の友達として歩んでいけるようにお手伝いいたします!

ところで、さっきのなぞなぞの答えは日本人 (「電気をつけろ」は日本語。モヤっとボールが飛んできそうな‥)




2008年夏休み号「いつもと違う夏 心の旅」


あなたにとって夏の楽しみは何でしょうか?泳ぐこと、甲子園、夏の食べ物、花火、夏の美術館、避暑地、野外ライブ‥、それぞれいろんな楽しみがあることでしょう?

ある夏に、こんな絵葉書をもらいました。
『今日は、スイカを大きく切って食べました。ところで、クリスチャンになって感動することを覚えました。スイカを切っても感動する。緑を見ては感動する。クリスチャンになる前は、なかった心です。』

確かに、私もクリスチャンになって感動する心が与えられ、物事の見方が変わりました。本当です。これは、ジーザスが与えてくれた心です。感動する心があると、不思議な喜びが内側から溢れてきます。

夏は、休暇をとって避暑地に行くことがあります(夏はやはり、涼しい高原が好きです!食べ物が美味しいし、自然の中でのんびりするのが大好きなのです。清里や白樺湖などお奨めです)。

ジーザスの心が内側にあると、人との出会いも、交流も、食べ物も、景色も、100倍感動できて感謝できるのです(今までの心とは明らかに違うのです)。今まで見えなかったものが見えるようになって、本当に感謝なのです。
だからジーザスと出会うと、「いつもと違う夏 心の旅」ができるのです。

あなたもジーザスに出会ってもみませんか?

チャーチオブグローリーでは、あなたがジーザスと出会い、感動的に生きることができるように、お手伝いいたします!

わたしを信じる者は、聖書が言っているとおりに、その人の心の奥底から、生ける水の川が流れ出るようになる。

*ヨハネの福音書 7:38*



2008年06月「I am a friend of God!~私は神さまの友達です!」


最近、私の部屋で毎日かかっているお気に入りのCDの中に『Friend of God』という曲があります。この曲の中に“あなた(神様)が私を思っていてくれる。愛してくれている。それは、驚くべきこと!僕は神様の友達。彼が僕を友と呼んでくれた!”という歌詞があります。

この曲を歌っているイスラエル・ホートン氏は「“僕は、神様の友達なんだ”と考えると、涙が出てくる」と言っていました。そして、“僕は、神様の友達なんだ”と歌えば歌うほど、過去の苦しい記憶、苦い責めから癒されるのがわかる、とのことです。

れはまさしく、Good News(福音、ゴスペル)なのです。
神様が友達なんて、想像するだけで、嬉しくなってきませんか?でも、これは、本当なんです!
ジーザスは私たちを愛し、十字架で神様と私たちとの隔たりになっている罪という壁をくずし、ジーザスが私たちの罪を身代わりとなって受け、私たちがふさわしくないのに神様の義(正しいとみなされること)を受けました。ゆえに、神様が私たちを友としてくださるのです。

私においても、友なるジーザスから毎日励まされ、新しい力を得ています。友達だから、何でも話すことが出来ます。ジーザスも私に、毎日語ってくれます。だから、寂しさも吹っ飛んでしまうのです。

あなたは、神様はどんな方であると思いますか? 聖書には、神様はあなたの友達になってくれるとあります。あなたも、ジーザスが友達であることを知れば知るほど、ジーザスの不思議な愛の力と恵みの力を体験していくことでしょう!ジーザスはあなたを愛し、あなたと友達になりたいのです。

あなたも、ジーザスに出会ってみませんか?

チャーチオブグローリーでは、あなたがジーザスと出会い、神様の友達として歩んでいけるようにお手伝いいたします!

わたし(ジーザス)はもはや、あなたがたをしもべとは呼びません。しもべは主人のすることを知らないからです。わたしはあなたがたを友と呼びました。

*ヨハネの福音書 15:15*

 Back to Top

2008年04月「ワン・モア・チャンス!」


桜がとてもきれいです!新しい季節、新しい年度が始まりました!

あるプロ野球のチームが昨年度の成績が悪くて、今年度“Re:Start No Limit!”というキャッチフレーズを持って開幕をスタートをしました。今年は“去年と違うぞ”という意気込みが感じられました。つらかった過去、悲しかった過去を“リセット”して、No Limit、すなわち制限のない新しくスタートが出来たら素晴らしいと思いませんか?また“チャンス”がもう1度与えられたら、素晴らしいと思いません?

実際的に『新しいスタート』や『チャンスもう1度』を現実的に与えてくださるお方がいます。ジーザスです。ジーザスは『ワン・モア・チャンス』の神であり、何度でもチャンスを与えてくださるお方であることを知ってほしいです。
ところで、私たちが新しい出発をすることにおいて、妨げとなるのは何だと思いますか?聖書が答える答えは「恐れ、責め、トラウマ」などです。ジーザスは「恐れ、責め、トラウマ」をすべて解決してくださいます。ジーザスは十字架で死なれた時、私たちの罪と責めをその身に受けてくれました。だから、ジーザスと歩むと責めから解放されます。責めは人生を破壊します。(ジーザスは「責めからの解放」というプレゼントを与えてくださいました。)

そして、ジーザスの愛は「恐れ」を溶かしてしまう大きな愛です。心の傷も癒されます。これは、暖かいお日様が出てくれば、重いコートを脱ぎ去るのと似ています(ジーザスはお日様の例え、そして恐れやトラウマは重いコートの例えです)。私も「すべてが終わった」と思うようなダメージを負ってしまったり、人を傷つけてしまったこともありました。でもジーザスは何度でも新しくチャンスを与えてくれました!だから、過去は癒され、現在も未来も希望でいっぱいです!
誰でも、ジーザスに出会えば、現在も未来も希望でいっぱいになるのです!

あなたも、ジーザスに出会ってみませんか?

チャーチオブグローリーでは、あなたがジーザスと出会い、共に歩んでいけるようにお手伝いいたします!

だれでもキリストのうちにあるなら、その人は新しく造られた者です。古いものは過ぎ去って、見よ、すべてが新しくなりました。

*コリント人への手紙第二 5:17*

 Back to Top

2008年03月「あなたの未来予想図 2」


春を告げる風が吹く季節です。いかがお過ごしですか?
私は東京都に住んでいながら、先日初めてお台場に行って来ました。フジテレビの展望台から見た夜景は、ワォと言いたくなる様な、どこかシンガポールチックで、すごい美しい景色でありました。しばらくその景色を見ていて「ハッ」と気付いたことがありました。それは、海をはさんで向こうに見える景色だったのです。

今から20数年前に学生だった頃に、お台場をつくる予定地に土の中に電気ケーブルを植えるアルバイトをしたことがあったのです。海の向こうの景色が同じだったのです。しかしながら、こちら側のお台場のフジテレビや色々なビルが建っている建物は、当時ほとんど何もなかったのです。何もなかったところから、こんなに素晴らしい建物が20数年の間につくられたのです。

その時に、ジーザスからの語りかけがありました。「今は、何もないように、見えても、私はあなたに、平安と希望の将来を計画しているよ。」その時、私はなんとも言えない不思議な平安を覚えました。

このことは、あなたにも同じ事が言えます。ジーザスはあなたに『平安と希望の未来予想図』を計画しているのです。ジーザスと出会い、そして、ジーザスと共に歩んでいくなら、あなたもジーザスがあなたに計画している『平安と希望の未来予想図』の中を明確に歩んでいくことができるでしょう!

あなたもジーザスに出会い、共に歩んでみませんか?

チャーチオブグローリーは、あなたが喜びと希望の未来予想図を見い出し、その中を歩めるようにお手伝いいたします!ジーザスの希望を告げる春の風は、吹いています!

わたしはあなたがたのために立てている計画をよく知っているからだ。・・主の御告げ。・・それはわざわいではなくて、平安を与える計画であり、あなたがたに将来と希望を与えるためのものだ。

*エレミヤ書 29:11 *

 Back to Top

2008年02月「ジーザスとオハナ」


先週、久し振りにハワイに里帰りしてきました。
いや~!お気に入りのKailua Beachや飲茶など、とてもとても楽しかったです。でも一番感動だったのが、ハワイの「オハナ」との再会でした。「オハナ」というのは、ハワイ語で「家族」という意味です。映画リロ&スティッチで、スティッチが「オハナ(家族)はいつも一緒、決して見捨てない」と言ったのを覚えていますか?

喜びも悲しみも共有し、励ましあっていくのがオハナなのです。
以前私たちがハワイに住んでいた時に、ジーザスは素晴らしいオハナを私たちに与えてくれました。今回7年振りの再会だったのですが、多くのオハナから喜ばれ歓迎され励ましを受けました。
ジーザスにあるオハナはとても不思議です。他では決して味わうことの出来ない励ましや愛があるからです。いのちと希望がそこに流れます。なぜなら、ジーザスはオハナの真ん中におられるからです。ハワイのみならず、日本でも、世界中で、オハナの中に入ることができます。

チャーチオブグローリーも、あなたをウエルカムするオハナです。互いに励ましとオハナの愛のキャッチボールをしませんか?そしてジーザスこそが、最高のあなたを励まし導くベストフレンドであることを知って欲しいと願っています。

見よ。兄弟たちが一つになって共に住むこと(ひとつになることの意)は、なんというしあわせ、なんという楽しさであろう。主がそこにとこしえのいのちの祝福を命じられたからである。

*詩篇 133*

 Back to Top

2008年01月「Favorが追いかけて来る年」


Happy New Year !

クリスマスの後の休みやお正月の休みは、いかがでしたか?私は、友人と旅行に行きました。ハーブ温泉に入って、その街の名物のクッキーやうどんを食べました。(メニューに『なまずの天ぷらうどん』というのがあって今回は遠慮したのですが、人が食べるのを見ると「これにすれば良かった‥」などと思ったりして‥。次回は絶対食べるぞ!笑)

ところで、あなたが友達やベストフレンドに会うのは、なぜでしょうか?恐らく“その人が好きだから、その人から受け入れてもらっているから、その人と気が合うから、お互いに生かされるから、その人は自分を咎めないから”などではないでしょうか?

ジーザスはあなたのベストフレンドになりたいのです。あなたを最高に生かしたいのです。でも、多くのひとは「自分はふさわしくない」と思っています。でも、ふさわしい人など一人もいないのです。ふさわしくない者に注がれるのが『恵みでありFavor(好意)』なのです。ジーザスが、あなたのすべての罪を十字架で身代わりとなって受けて、死んでくれました。そしてよみがえったのです。そのことを受け入れるなら、神様はあなたの中に罪を見ないのです。あなたの罪はジーザスがその身に受けてくれ、十字架で焼かれたからなのです。だから、ふさわしくないものが罪ゆるされたものと見なされ、ジーザスとベストフレンドになれるのです。

ジーザスはあなたが大好きで、あなたを受け入れ、あなたと気が合います。あなたを生かし、咎めません。そして、Favor(恵み、好意)を与えてくださいます。

私は、大学1~2年生の頃「通訳ガイド」という職業につきたいと願っていました。そのための予備校にも行きました。でも自分の英語のレベルでは、全く資格を取るのには無理だということがわかったのです。大学3年の時にジーザスと出会い、彼はベストフレンドになってくれました。

ジーザスはいつも私を励まし、道を開いてくださいます。大学を卒業して就職をしたのですが(英語の仕事があるとは、全く知らなかったのですが)、与えられた部署は通訳ガイドと同じような仕事だったのです!4年間JICAの招聘する海外からの研修生をコーディネートしたり、研修旅行に連れていったりしました。今から考えてみると、これはベストフレンドのジーザスからのFavor(好意、恵み)であったのです。

聖書にジーザスを見るとき、Favor(恵み、好意)が追いかけてくる、とあります。あなたのこの1年に、ジーザスからのFavor(恵み、好意)が溢れるほど注がれることを願います!私たちチャーチオブグローリーでは、誰にでもわかりやすく楽しくジーザスの愛とFavorをわかちあってます!ぜひ、日曜の礼拝にいらしてください!

まことに、私のいのちの日の限り、いつくしみと恵みとが、私を追って来るでしょう。私は、いつまでも、主の家に住まいましょう。

*詩篇 23:6*

 Back to Top

2007年12月「 Joy & Peaceがやってきた!」


ある家族での出来事です。クリスマスの朝に娘が大喜びで叫びました。
「ママ、枕の所にプレゼントがあったよ!でも、サンタさんって武蔵境に住んでいるのかな?」
「どうして?」
「だって、プレゼントの包み紙がイトーヨーカドーなんだもん…。」(笑)

街からもラジオからも、クリスマスのBGMが流れています。私が大好きなクリスマスキャロルの1つに“Joy to the World”という曲があります。歌詞の意味は「喜びがこの地にやってくる!ジーザスが来られる!すべての心よ、王を迎える準備をせよ。そして天も地もすべてよ、喜び歌え」という、救い主ジーザスが生まれるぞ、というような意味なんですが、このキャロルを聴く度に、ああ、ジーザスがこの地に来られたんだ!そしてジーザスが私の心の中に来て住んでくれている、という喜びを覚えます。何とも言えない不思議な喜びなのです!

なぜ、この地に喜びなのでしょうか?それは皆、喜びが必要だからなのです。安心できる喜び、いつまでも変わらない喜び、信頼できる喜び。

ある美術館が『Peace』というテーマの展覧会を開きました。入選した作品は『嵐の絵』だったのです。よく見てみますと、嵐の森の中に立つ木の枝に親鳥が巣をつくり、巣の中で翼を広げて、雛鳥を守っているのです。雛鳥はpeaceの中で守られているのです。親鳥の翼の中は、外がどうであろうとpeaceであり、安心できる喜びなのです。
ジーザスは「私は私のpeaceをあなたに与える」と約束してくました。ジーザスのpeaceは、親鳥の翼の中で守られている雛鳥のpeaceに似ています。ジーザスの愛を受け入れると、外がどうであろうと、全く安心出来るpeaceと喜びで満たされるのです。

その喜びとpeaceをあなたに与えるために、ジーザスは、この地にやってきたのです!それがChristmasなのです!そして、クリスマスの時だけでなく、いつまでも、ジーザスはあなたのベストフレンドになってくれます!

私(ジーザス)は、あなたに私のpeaceを与えます。あなたがたは心を騒がしてはなりません。恐れてはなりません。

*ヨハネ 14:27*

 Back to Top

2007年2月「ジーザスの真理はあなたを自由にします!」


こんな話を聞きました。
ある人が「最近、汚職事件が多くて嫌ね」という話しをしていたら、それを聞いていた人は「御食事券が多くてどうして嫌なんだろう」と思っていたそうです。別のジョーク(架空)ですが、ある女性が鼻が大きくて悩んでいたそうです。胸にアクセサリーのお花をつけていたのですが、友達がそれを見て「今日のお花大きいね」と言ったそうです。ところがそれを「今日の鼻は大きい」と、受け取ってしまったそうです。それで、心にダメージを受けてしまったとのことなのですが…。

Aが本当のことなのにBと信じてしまって、困惑したことってありませんか?誰でもそんな体験があるんじゃないかなと思うのですが、それを解決する処方箋は、Aが明らかにされることなのです。

例えば、ぺぺさんとロンさんとチーノさんというイタリアン料理とガーリックの好きな仲良しの3人組がいたとします(ペペロンチーノ 笑)。ある日、ペペさんとロンさんが、チーノさんの方をちらちら見ながら話しをしてました。それは、チーノさんのサプライズのバースデーパーティの計画の話しだったのです。しかし、チーノさんは二人が自分の方をちらちら見ながら笑ったり話しているのに気づいて「自分の悪口を言っているに違いない」「私を馬鹿にしているの?」と受け取ってしまい「怒り、拒絶感、裏切られたという思い」を持ってしまいました。その翌日、ペペさんから電話がかかってきたのですが、会いたい気持ちになれませんでした。でも、どうしても会いたいと言うので、新しく出来たイタリアンレストランに行ってみると、びっくりです!席が予約してあって、プレゼントとケーキが用意してあって、自分のバースデーパーティが用意してあったのです。この時にすべての誤解が解けました。私たちも同じような体験があるのではと思います。「誤解していて怒っていた」「本当に見える嘘に惑わされていた」でも、本当のことを知るときに私たちは自由になれるのです。それでは本当のことって何でしょう?

聖書はそれを「真理」と読んでいます。聖書に「真理はあなたを自由にする」と書いてあります。例えば、あなたが「将来への不安、恐れ、自分への責め」を持っていて悩んでいたとします。しかし、ジーザスがあなたに真理を与えてくださいます。そして、あなたが真理を知る時、あなたは自由になるのです。

ジーザズはあなたに、希望と平安の将来の計画を用意しておられます。それを知る時、不安が消えます。ジーザスの愛を知る時、恐れから解放され、ジーザスの赦しを知る時、責めから解放されるのです。ジーザスはあなたのことを全て知っていて、真理を語ってくださり、自由を与えてくださいます。

あなたもジーザスに、出会ってみませんか?

チャーチオブグローリーでは、ジーザスの素晴らしい真理とレベルの高いジョークが語られています。そして、あなたがジーザスと出会い、ジーザスと友情関係を築き、感動的な愛と恵みを受け、明るく、元気に歩んで行けるお手伝いをします!チャーチオブグローリーは、そんなジーザスのハートウォミングな愛とFavor(好意)が溢れている教会であります!

あなたがたは真理を知り、真理はあなたがたを自由にします。

*ヨハネの福音書 8:32*

 Back to Top

2007年1月「今を最高の形で生きる!」


A Blessed New Year!
喜びで満たされ、幸いと成功を受け生きている人は、皆、共通点があります。それは「今を最高の形で生きている!」ということです。それは、ジーザスが教えてくれた生き方に似ています。逆に、今を最高の形で生きることができない原因の多くは「過去の痛みの呪縛に捕らえられている」「マンネリが続いている」「未来に対して恐れがある」などではないでしょうか?

ベストフレンドになってくれるジーザスは、あなたの事情も弱さもすべて知っていて「その弱さを私(ジーザス)に持ってきなさい」と言ってくれ「弱さや痛みの呪縛、恐れ、マンネリ」を取り除き、その代わりに新しい希望と幸いと成功を与えてくださり「今を最高の形で生きる」ことを導いてくださいます。

私自身ですが、ジーザスと共に歩む前から性格は明るく肯定的な生き方をしていたのですが「今が最高」という生き方は出来ていませんでした。自分の力の限界と人との比較の中にいたからです。年の初めには「今はまだまだだけど、今年こそすごいことをする(笑)」などと未来形の決心をするのですが、なにも起きないのです(笑)。でも、ジーザスに会って「今を最高の形で生きる」ことが出来るようになってから、心の中が喜びと希望と感謝で満たされ、幸いと成功がついてくるようになったのです。「今を最高の形」で生きていけば、その結果として2007年はあなたにとって「最高の年」となることでしょう!

あなたもジーザスに、出会ってみませんか?

ジーザスはあなたのトラウマを癒し、未来に希望を与え、「今を最高に生きること」を導いてくださいます。チャーチオブグローリーでは、あなたがジーザスと出会い、ジーザスと友情関係を築き、感動的な愛と恵みを受け、明るく、元気に「今を最高」に歩んで行けるお手伝いをします!チャーチオブグローリーは、そんなジーザスのハートウォミングな愛とFavor(好意)が溢れている教会であります!

明日のことは、心配しなさんな。その日、その日をベストに生きなさい!

*マタイの福音書 6:34*をわかりやすく言うとこうなります


2006年12月「Merry Christmas!」


あなたの今年のクリスマスの予定はいかがでしょうか?また、クリスマスといえばどんな思い出があるでしょうか?
私たちはこんな思い出があります。

7年前にハワイに留学していた時、ワード オブ ライフという音楽的に非常に優れた教会のミュージックチームと友達になりました。ある日リハーサルに遊びに行くと、その日はミュージックチームのクリスマスパーティーだったのです(私達はその事を知りませんでした)。七面鳥やごちそうが並んでいて、チームの人達は、部外者の私たちも是非加わり食べて楽しんでいってください、と誘ってくださいました。その後、プレゼント交換がはじまりました。私たちは、当然プレゼントを持ってきていません。交換のゲームに入れないで眺めていると“グランパ(おじいちゃん)”と愛称で呼ばれている人が、プレゼントを私達に持って来ました。私達はその教会のメンバーではないし部外者なのに、一方的に受け取りなさいと言われ渡されました。中身を開けてみると、29cmの大きな靴だったのです(笑)が、その出来事は今でも忘れられない感動的な出来事です。

恵み」とは、ふさわしくない者に一方的に与えられる神様からの好意です。クリスマスは、神の御子であるジーザスがあなたと親友になるために、そして恵みを与えるために、この地に降りてきた誕生日をお祝いする時です。クリスマスライトがとてもきれいです。ジーザスと友達になると、あなたの心に恵みと希望を与える、ハートウォーミングなライトが灯ります。ジーザスはあなたの心に、恵み、Favor(好意)のライトを与えたいのです。

あなたもジーザスに、出会ってみませんか?

チャーチオブグローリーでは、あなたがジーザスと出会い、ジーザスと友情関係を築き、感動的な愛と恵みを受け、明るく、元気に、のびのびと歩んで行けるお手伝いをします!チャーチオブグローリーは、そんなジーザスのハートウォミングな愛とFavor(好意)が溢れている教会であります!

私たちはみな、この方の満ち満ちた豊かさの中から、恵みの上にさらに恵みを受けたのである。

*ヨハネの福音書 1:16*

 Back to Top

2006年11月「新しい私になって」


秋が深まって、紅葉がきれいな季節です。紅葉をつくったジーザスは、最高の芸術家ですね!

先日、Webのニュースで「新しいわたしになって」という資生堂のCMに、問い合わせが殺到したというニュースを見ました。どんなんだろう?と、そのCMを見てみました。「♪本日 わたしは ふられました ~ 忘れます 忘れます 新しい私になって 忘れます 忘れます 忘れられると思います」という歌にあわせて、失恋した女性が涙の顔を洗って前向きに生きようとしている、といったCMです。私はこのCMを見て、昔の失恋した私にダブらせて見てしまって、ジーンとしてしまったのですが(笑)、ハッと思ったことがありました。それは“誰でも「新しい私」になって希望を持って生きていきたいんだ、だから多くの人がこのCMに感銘したんだ”と思いました。そうです。誰でも、「新しい私」になりたいんです。誰でも、悲しみを捨てて、新しくなりたいのです。

グッドニュースがあります。ジーザスはあなたの悲しみ、痛みを取り去り、交換として新しい希望で満たし「新しいあなた」につくりかえてくださいます。ジーザスはあなたの涙も痛みも、そして願望もすべて知っていてくれて、涙、痛みを新しい希望へと交換してくださるのです。

これはとても実際的なことで、歴史上、数え切れない人がジーザスによって「新しい私」になっています。ジーザスに会うならば、必ずあなたは「新しいあなた」を発見することでしょう!ジーザスは喜んでそのことをしてくださいます。なぜならジーザスはあなたを本当に愛しているから、あなたを「新しいあなた」にしたいのです。

あなたもジーザスに、出会ってみませんか?

チャーチオブグローリーでは、あなたがジーザスと出会い、ジーザスと友情関係を築き、感動的な愛と恵みを受け、「新しいあなた」になり、明るく、元気に、のびのびと歩んで行けるお手伝いをします! チャーチオブグローリーは、そんなジーザスのハートウォミングな愛とFavor(好意)が溢れている教会であります!

だれでもキリストのうちにあるなら、その人は新しく造られた者です。古いものは過ぎ去って、見よ、すべてが新しくなりました。

*コリント人への手紙第二 5:17*

 Back to Top

2006年10月「自分を好きになる時」


英語である文章を読んでいる時に"Freindly Fire"という言葉に目が留まりました。

Friendly Fireって何?友達の火だから友情が深まること?」などと思い、辞書を調べてみるとびっくり!「友軍(味方から)の砲撃、誤爆」とありました。サッカーで最も悔しい点の取られ方は、この"Friendly Fire(味方からのオウンゴール)"ですね。「ハッ」と思ったのですが、結構、私達はこのFriendly Fireを撃っているんですね。誰に対してでしょう?

自分に対してです。そして、家族や仲間に対してです。自分に対して「私はダメだ、どうせ俺なんて、自分は本当にどうしようもない」などとFriendly Fireを撃ってないでしょうか?これは、自分の心や生き方に大きなダメージを与えます。

「ジーザスが、あなたを愛している」と聖書に書いてあります。ジーザスの愛を受け入れてジーザスと共に歩むと、この愛がわかってきます。さらに、God's Favor(神からの好意)があるのがわかってきます。

すると、自分で自分のことが好きになってくるのです。自分のことが好きになると、人のことも好きになってきます。心にミラクルが起こってきます。だんだん"Friendly Fire"を撃つことが少なくなっていくことがわかるでしょう!
チャーチオブグローリーは、そんなジーザスのハートウォミングな愛とFavor(好意)が溢れている教会であります!

あなたもジーザスに、出会ってみませんか?

チャーチオブグローリーでは、あなたがジーザスと出会い、ジーザスと友情関係を築き、感動的な愛と恵みを受け、明るく、元気に、のびのびと歩んで行けるお手伝いをします!

わたし(ジーザス)は、あなたがたに平安を残します。わたしは、あなたがたにわたしの平安を与えます。わたしがあなたがたに与えるのは、世が与えるのとは違います。あなたがたは心を騒がしてはなりません。恐れてはなりません。

*ヨハネの福音書 14:27

 Back to Top

2006年7月「あなたの未来予想図『希望』」


あなたの好きなことばは何ですか?と聞かれたら何と答えますか?私は「希望」ということばが大好きです。希望が心にあると、現在がどうであろうと心に喜びがあり、エネルギーとなるからです。

ジーザスは私達に最高の計画を持っていて希望を与える神であると聖書に書いてあります。ジーザスが与える希望は、原語のギリシア語で「エルピス」といいます(エルヴィスとカルピスをあわせたようで覚えやすいですね、笑)。これは「ジーザスが確かに良いことをしてくださる期待、確信」という意味があります。あるプロの写真家の話しを聞きました。彼は相手の幸せを願いながら写真を撮影するとのことです。すると“下手なプロが撮影するよりずっときれい”とのことです。

ジーザスも私達の幸いを願い、最高の未来予想図を計画してくれています。その未来予想図を希望として私達の心に与えてくださいます。それは、確かに実現する希望の未来予想図なのであります。

あなたもジーザスと出会い素晴らしい未来予想図の希望をいただきませんか?

チャーチオブグローリーは、ジーザスが与える新しい希望と Favor(好意)が溢れている教会であります!あなたがジーザスと出会い、ジーザスと友情関係を築き、感動的な希望と恵みを受け、明るく、元気に、のびのびと歩んで行けるお手伝いをします!

わたしはあなたがたのために立てている計画をよく知っているからだ。・・主の御告げ。・・それはわざわいではなくて、平安を与える計画であり、あなたがたに将来と希望を与えるためのものだ。

*エレミヤ書 29:11*

 Back to Top

2006年5月「最高のナビゲーター・ジーザス」


私は小学生の時に、スイミングスクールに通っていました。初めてのレッスンの時に、コーチが「お前、泳いでみろ」と言いました。私は手を「パー」に開き「バッチャ~ン、バッチャ~ン」と泳いでみせました。私の頭の中ではトビウオのように泳いでいるはずだったのですが、コーチが「お前なぁ、名前がいいから必ず大物になると思うんだけど(コーチの名前も田村コーチだったのです!笑)、お前の泳ぎ方はこうなんだよ」と、私の真似をして「バッチャ~ン」と泳いでくれました。そして良くないところを矯正してくれました。もし、誰からも何も言われず「バッチャ~ン」と一生泳いでいたら、非常に恥ずかしいことになっていたところです。

あなたは、適切な人生のアドバイザーやナビゲーターを持っていますか?
ジーザスは、喜んであなたのそばにいて、人生のアドバイザーやナビゲーターになってくださいます。とても優しく、親身になって明確に導いてくれます。私も毎日ナビをしてもらっています。ジーザスのナビには、心配が全くがなく安心です。
チャーチオブグローリーは、そんなジーザスのハートウォーミングな愛と Favor(好意)が溢れている教会であります!

あなたもジーザスに、出会ってみませんか?

チャーチオブグローリーでは、あなたがジーザスと出会い、ジーザスと友情関係を築き、感動的な愛と恵みを受け、明るく、元気に、のびのびと歩んで行けるお手伝いをします!

わたしは、あなたの神、主である。わたしは、あなたに益になることを教え、あなたの歩むべき道にあなたを導く。

*イザヤ書 48:17*

 Back to Top

2006年4月「プレッシャーを締め出すハートウォーミングな愛」


4月は新しいスタートの時でもあります。

新しいことをすることに、プレッシャーや恐れを覚えることもあると思います。私も最近、プレッシャーに襲われる時がありました。しかし、日曜に教会に集まり礼拝を進めているうちに、ジーザスの恵み溢れる愛が心に湧いてきて、プレッシャーが溶かされ、全て嘘のように消えてしまったのです。

それにしても、プレッシャーって嫌ですよね。本当の自分でなくなってしまうというか、苦しいですよね。「全き愛は恐れを締め出します」と聖書に書いてありますが、このことはジーザスの愛を受ける時に、プレッシャーや恐れが消えていくということが実際に起こってきます(ぜひ、あなたも体験して欲しいと思います)。チャーチオブグローリーは、そんなジーザスの愛とFavor(好意)が溢れている教会であります!新しい季節と共に、あなたの心もジーザスによって、プレッシャー、恐れが取り除かれ、ハートウォーミングな心へとなって行きます様に!

あなたもジーザスに、出会ってみませんか?

チャーチオブグローリーでは、あなたがジーザスと出会い、ジーザスと友情関係を築き、感動的な愛と恵みを受け、明るく、元気に、のびのびと歩んで行けるお手伝いをします!

愛には恐れがありません。全き愛は恐れを締め出します。私たちは愛しています。神がまず私たちを愛してくださったからです。

*ヨハネの手紙第一 4章より*

 Back to Top

2006年3月「アロハなウォーミングハート」


ハワイの言葉で「アロハ」という言葉があります。アロハの意味はいくつかあるのですが、その1つに「ハート ウォーミングな心を持つ」という意味があります。すなわち「失敗しても励ましていく心。他者と比較競争しないで支えていく心。」

ジーザスは、最高のアロハなハート・ウォーミングな心を持ち、私達を愛し、好意(恵み)を与え、親切をしてくださいます。そのジーザスのアロハな好意を私達が受けた時、自然体で、喜びながら私達もアロハなハートウォーミングになれるのです。
教会は、そんなジーザスのアロハな好意(恵み)が溢れている場所であります!3月は冬から春へと季節が移り変わる時ですが、あなたの心もジーザスによって、さらにアロハな心へとなって行きます様に!

あなたもジーザスに、出会ってみませんか?

チャーチオブグローリーでは、あなたがジーザスと出会い、ジーザスと友情関係を築き、感動的な愛と恵みを受け、明るく、元気に、のびのびと歩んで行けるお手伝いをします!

私たちは愛しています。神がまず私たちを愛してくださったからです。

*ヨハネの手紙第一 4:19*

 Back to Top

2006年2月「ジーザスの好意(恵み)によって」


「アメイジング グレイス」という曲をご存知だと思います。この「グレイス」とは「好意」という意味があります。ジーザスは生きていて私達を愛しているのみならず、「好意(恵み)」を溢れるばかりに与えてくださいます。

この好意によって、聖書の人物はミラクルを体験しました。現代に生きる私達も同じくミラクルを期待し体験することが出来ます。「私達に好意を持ち、ミラクルを起こす力あるジーザス」に期待するのです!そんなミラクルを起こしてくださるほどに私達を愛し、好意を持ってくださるジーザスに焦点をあてたメッセージを、2月の礼拝では、明るく、元気に、誰にでもわかるように語って行きたいと考えています。

あなたもジーザスに、出会ってみませんか?

チャーチオブグローリーでは、あなたがジーザスと出会い、ジーザスと友情関係を築き、感動的な愛と恵みを受け、明るく、元気に、のびのびと歩んで行けるお手伝いをします!

神はジーザスによって、あなたがたの間で力あるわざと、不思議なわざと、あかしの奇蹟を行なわれました。

*使徒の働き 2:22*

 Back to Top

2006年1月「期待に溢れる新しい年」


2006年は毎年使用しているのと違ったタイプのダイアリーを選んで買って来ました。そのダイアリーを開いてみると、2006年は53週あるのがわかりました。未だ、何も書かれていないのですが、2006年はどんなドラマが待っているのか、とても楽しみなのであります。

でも53週どころか、毎時間、毎分、毎秒、ベストフレンドのジーザスはいつも私達のそばにいてくれるのあります。 そばにいてくれて、とびきり上等の愛で愛してくれ、励まし、支えてくれ道を開いてくれるのであります。これってすごいことなんですね!

あなたもジーザスに、出会ってみませんか?

チャーチオブグローリーでは、あなたがジーザスと出会い、ジーザスと友情関係を築き、感度的な愛を受け、明るく、元気に、のびのびと2006年も歩んでいけるお手伝いします!

見よ。わたしは新しい事をする。今、もうそれが起ころうとしている。あなたがたは、それを知らないのか。確かに、わたしは荒野に道を、荒地に川を設ける。

*イザヤ書 43:19*

 Back to Top

2005年12月 「本物の愛を知った時」


「あいのうた」という癒し系のテレビドラマが、最近ちまたで人気なのであります。私は、テレビドラマは殆ど見ない人なのですが、たまたまテレビをつけたら、ジーンとするシーンが目に入ってきて、見入ってしまいました。

絵に書いたような性格ブスな女性が、前向きに生きる史上最高のお人好しな男性によって、性格ブス(自分は価値のない存在だと思う、ひねくれ、いじける、なげやり、心の空洞、etc.)が心溶かされ、本物の愛によって癒されていくストーリーなのであります。

これを見ていて『これはジーザスに出会った人達に似ている』と思いました(片岡優二さんの役の語る言葉が、ジーザスが私達に語る励ましのことばと同じ類のものを感じられました)。

誰でも男女問わず、心の中に多かれ少なかれ「性格ブス」な点があったり、隠れていたりします。でもそれをジーザスは、愛で満たし、癒してくれるどころか、マイナスをプラスへと逆転させてくれるのであります。私の周りにも、実際に満たされ癒された人がた~くさんいます。何十億という人が、ジーザスに出合って、満たされ、変えられています。

あなたも、ジーザスに出会ってみませんか?

チャーチ オブ グローリーでは、あなたがジーザスと出会いマイナスがプラスに変えられていくことを、明るく、わかり易くお手伝いします!

わたしが来たのは、羊がいのちを得、またそれを豊かに持つためです。

*ヨハネの福音書 10:10*

 

ジーザスはあなたのベストフレンドです

          2011年 新年号  「Mr.ブルースカイ」













昔、ジーザスに出会う前、僕の夢は、Mr.ブルースカイになることでした。

元気のない人、落ち込んでいる人、悲しんでいる人に、「果てしなく青い空」のように、元気や励ましを与える人、明るく照らす人すなわち「Mr.ブルースカイ」になることが夢だったのです。


でも、いくら頑張っても空回りばかりで、ぜんぜんダメで逆に落ち込んだりして、「Mr.ブルースカイ」から、ほど遠い者でした。


けれど、ジーザスに出会い、ジーザスといっしょに、歩んでいるうちに、ジーザスこそが、いつも、私を励まし、喜びと元気をあたえてくれるMr.ブルースカイであることを知りました。そして、ジーザスが励ましてくれたように、自然体で人を励ましている自分を発見しました。


今、夢は、変わりました。私がMr.ブルースカイになろうとするのでなくて、本物のMr.ブルースカイであるジーザスを紹介したい! この方が、人を癒し、元気にし、笑いを与えてくれるから。


そして、ジーザスから、励ましや元気を受けた人は、自然体で、励ましたり元気を与える者になっていくんですね! 自然体の小さなMr. ブルースカイ、  小さなMs.ブルースカイになっていくんですね。


ジーザスに出会ってみませんか? ジーザスはあなたのことをすべて知っていて、励ます友達になりたいのです。チャーチオブグローリーは、あなたがジーザスと出会い、共に歩んでいくことを喜んでお手伝いいたします。ぜひ、日曜の礼拝にお越し下さい!


ジーザスは言われた。「わたしは、世の光です。わたしに従う者は、決してやみの中を歩むことがなく、いのちの光を持つのです。ヨハネの福音書8:12