2016年2月14日(日)

「父の思い」

聖書箇所:サムエル記第二18章1節-33節

アブシャロムの謀反によって王の座を追われたダビデは、ギルアデのマハナイムに逃れ、そこで態勢を立て直しました。
ダビデは軍勢を率いてイスラエルと戦うために隊を三つに分け、三人の司令官たち(ヨアブ、アビシャイ、イタイ)を任命しました。 ダビデは「若者アブシャロムをゆるやかに扱ってくれ」(5節)と命じて、家来たちを戦場に送り出しました。

Ⅰ.わが子の死を嘆く父
ダビデの家来たちに出会ったとき、アブシャロムは騾馬に乗っていました。 騾馬が大きな樫の木 の下を通りかかったときに、彼の頭が樫の木に引っ掛かり、彼は宙づりになりました。 主を畏れ て、だれもアブシャロムに手を下すことができませんでした。 しかし、ヨアブは槍でアブシャロムの心臓を突き通しました。 アブシャロムの訃報を聞いたダビデは身震いして、門の屋上に上り、そこで泣きました(33節)。 ダビデは息子に非常に甘い父親であり、アブシャロムを惜しんで嘆き哀しみました。

Ⅱ.国を守るために冷酷無情に徹するヨアブ
主はアブシャロムの罪を厳しくさばき、民たちを用いて「森の中の深い穴に投げ込み」(17節)ました。 彼は墓に丁重に葬られることはなく、神に呪われた者となりました。 将軍ヨアブは冷酷無情にアブシャロムをさばきました。 それは王国を守るためでした。 ヨアブはアブシャロムが王の器ではないことを見抜き、容赦なく彼を葬りました。 それが ダビデを哀しませ、怒らせることであると知りながらも(20、22節)、王国のためにそうしました。 アブシャロムさえいなくなれば、王権はダビデに戻り、イスラエルは平和になると確信していました。

Ⅲ.民によって支えられ王国
国は一人の王によって治められているのではなく、王の周りにいる家臣たちの知恵と力によって支えられています。 王が一人で治めている国は問題があります。 独裁者がひとたび不健全な状態に陥るなら、国は滅びに向かって転げ落ちて行きます。 独裁者は誰の言葉にも耳を傾けないからです。 生身の人間として愚かな姿を露わにしているダビデですが、神さまは契約のゆえに祝福しています。彼はイスラエルの王として再び民たちに迎えられていきます。

【 結 論 】
教会という共同体のかしらはイエス・キリストです。 群れを支えているのは牧師一人ではなく、教会のメンバーである教会員一人ひとりなのです。主に信頼し従う者は、豊かに祝福されます。 この世において、教会は困難を経験していますが、決して滅びることはありません。 やがて終わりがやって来ますが、そのときに教会は滅びるのではなく、しっかりと建て上げられます 。  一人ひとりは弱い者ですが、キリストにしっかり結び合されていくなら、最終的に勝利者とされます。
神の国で永遠に主をほめたたえることのできる者は、何と幸いな人でしょうか。