2013年3月10日(日)

「ゲッセマネの祈り」

聖書箇所:ルカの福音書 22:39-46

ルカの福音書を読むとき、どこにも「ゲツセマネ」という記述はありません。  ルカは「それからイエスは出て、いつものようにオリーブ山に行かれ、弟子たちも従った」(39節)と表現しています。 「ゲツセマネ」 とは 「油絞り」 を意味しています。 そこにはオリーブを絞る場所であったことからこのように呼ばれました。 325年に、コンスタンティヌス皇帝の母親であるヘレナが、パレスチナを訪問したあとでゲツセマネの園が特定されるようになったそうです。

しかしルカはイエスさまの苦闘の祈り場をゲツセマネや園ではなく、あくまでも「オリーブ山」と表現しています。 イエスさまは山において12使徒を選ばれた前夜の祈りをしました(6:12)。
おそらくオリーブ山です。 変貌の祈りも山の上でした(9:28)、そして昇天の祈りはオリーブ山でした(24:51、使徒1:12)。 ルカは一連の山上での祈りを特別なものと考えています。
イエスさまは人混みを避けて単身父なる神と向き合われました。毎日のように習慣化された父なる神との交わりは、御自身の霊的な力の源でした。ですから 「いつもの場所に着いたとき・・」(40節)ということができました。イエスさまに習ってキリスト者はひざまずいて祈るようになりました。 椅子に座しての礼拝ではありますが、私たちも心の中では主のみ前にひざまずく信仰を持ちたいものです。

「父よ。みこころならば、この杯をわたしから取りのけてください。」(42節)と、イエスさまは死  を目前にして恐れました。 激しい苦しみから逃れたいと思われたのでしょうか。しかし、 イエスさまは父のご計画の成就を求めました。 御子が父のみもとから遣わされた目的は死ぬこと、つまり全人類を罪と死と滅びから救うために、十字架にあげられなければなら ないとイエスさまは知っておられたのです。ですから、「しかし、わたしの願いではなく、 みこころのとおりにしてください」(42節)と告白して父に従われたのです。

【 結 論 】
イエスさまは私たちが弱い者であることをご存知です。 弱い者であっても神を信じるなら力をいただき、苦しみの道を喜んで歩むことができるのです。
マルティン・ルター「日々のみことば」(鍋谷尭爾編訳、いのちのことば社発行)の3月10日のルターの言葉に次のような教えがあります。 その一部をご紹介して終わります。

「・・・キリスト者である人は、すべて自分の十字架が来ると考えなければなりません。そこで、名誉、財産、身体、いのちなどを危険にさらすならば、確かにきびしく傷つく十字架にちがいありません。 このような苦しみは確かに損害を与えます。 もしそうでなければ苦しみではありません。 しかし、この真理を知っているならば、それはずっと軽く容易になります。そして次のように言って慰めを得ることができます。
もし私がキリスト者であるならば、それにふさわしい服装をしなければならない。 愛するイエス・キリストの法廷に出るために主がお命じになる服装はただひとつ。 苦しみという服装である。」