2013年2月3日(日)

「祝福が民の上に」

聖書箇所:詩篇3:1-8

この詩篇は「迫って来る敵からの救い」を求める祈りです。 私たちも攻撃してくる敵を意識することがあるのではないでしょうか。 敵といっても全く知らない人ばかりでなく、身近な家族や友人であっても争うことがあると思います。 もしかすると、同じ信仰に歩む兄姉と敵対することも、ないとは言い切れません。 だれとも対立せず仲良くできたら、それに越したことはありません。 しかし、キリスト者として信仰を貫き通そうとするとき、未信者との間にさまざまな軋轢が生じることも避けられません。 誤解や恨、そして嫉妬などは親しい関係にあればあるほど生じます。

Ⅰ.神の救いを求める祈り 
敵からの攻撃を受けるとき、あなたはじっと我慢しますか。 それとも反撃しますか。キリスト者であっても完全ではありませんから、直接に呪わなくても、つぶやきの祈りをしてもいいのではないでしょうか。 相手を呪う祈りをしても赦されるのではないでしょうか。 祈りは心の中にある悩みや苦しみを吐き出すことによって、神にさばきを委ねていくことです。この1節、2節を見る限りにおいて、状況はかなり深刻です。聖書は自分で復讐してはならない。神に任せなさいと教えています(ローマ12:19)。 復讐できないのであれば、何もできません。 いいえ、できます。 神に助けを求めて叫ぶことができるのです。 詩人は、主の救いを求めて祈りました。 4節のように、主は生きておられますから、あなたが救いを求めて祈るなら必ず答えてくださいます。 私たちがいかなる困難に追い込まれたとしても、主を信頼していれば、私たちは救われるのです。 あなたに敵対する人が主のみこころに従っている正しい人であれば、あなたに勝ち目はありません。 相手に非があり、あなたが神に従っているなら、何も恐れることはありません(3節、5節、6節)。「救いは主にありますから」(8節) 私たちが神を信頼することがどれほど素晴らしいことなのか。 どんなに切羽詰った状況にあろうとも、追い詰められても、必ず主があなたを助けてくださることを信じましょう(Ⅰコリント10:13)。

Ⅱ.民の祝福を求める祈り
さらに、この詩篇のすばらしさは個人の救いにとどまらず、もっと広い視野で救いをとらえている事です。
「救いは主にあります。あなたの祝福があなたの民の上にありますように」(8節)詩人は個人的な救いの確信にとどまらず、イスラエル民族に対する祝福を求めています。祈りは個人だけでなく、公的な信仰告白へと開かれて、広大な祈りをもって終わります。
私たちに適用するならば、教会全体の祝福を祈り求めているということです。 自分だけの救いではなく、兄姉の救いを求め、祝福を祈る懐の深い祈りであるということです。

【 結 論 】
個人のみの平和や繁栄を求めることの多いこの時代にあって、公的祈りと公的信仰告白は何と幸いなことでしょうか。  今私たちに求められることは、「御国を来たらせたまえ。 御心が天で行われるように、地でも行われますように」と渇望することです。