2016年4月10日(日)

「一人ひとりが大切」

聖書箇所:エペソ人への手紙 4章16節 

Ⅰ.人間のいのちは神に創造されたから尊い
この地球上には、現在およそ73億人の人々が生活しています。

毎日どれだけ多くの食糧や燃料が消費されていることでしょうか。 また国家、民族、言語、宗教、文化、思想などの異なる人々が共に平和に暮らすことは、非常に難しいことです。 人のいのちは尊く、かけがえのないものです。
神さまは人間を愛されていること。 また神さまが人間を創造されたことが、いのちが大切であると考える理由です。人間のいのちは神さまによって造られたからこそ尊いのです。神さまがあらゆる被造物を創造されたとき、人間をほかの被造物とは区別して特別な存在として造られました。 神さまのかたちに造られたので、人間はほかの動物とは区別され、尊い存在に造られたのです。 (創世記1:26-28)

Ⅱ.不信仰と堕落の果てに  
しかし今、多くの人々は神を信じていません。 神の存在も、神が生きておられるお方であることも信じません。 さらに、人間が神のかたちに創造されたことも信じません。人類は猿から進化して現在のような存在になったと考えているからです。 神の存在を否定し、神の創造のみわざを否定する人々の中に、「いのちの尊厳」 を確信する根拠はありません。 今、衝動的に命を傷つけたり、奪ったりする事件が日常的に起っていますが、神不在の時代にあっては、あまりに当然なことといえます。 社会の中からいじめやさまざまな暴力などがなくならないのも、「神のかたちに造られたので、いのちは大切なんだ」 という真理が、人々の心の中にとどまっていないからなのです。

Ⅲ.神の愛と創造のみわざの真理のうちに教会は築き上げられる
人間社会の中で 「いのち」 が軽んじられている現実がありますが、神さまは一貫して 「一人ひとりが大切」 であるとのメッセージを語っておられます(申命記32:10、イザヤ43:4)。神さまが私たち一人ひとりを創造されたので、私たちは尊いのです。 神さまが私たちを愛しておられるゆえに、「一人ひとりは大切」 な存在なのです。 これが聖書の教えです。
今年度年間主題は「一人ひとりが大切」 です。教会の中においても、「一人ひとり」 は大切ないのちです。
一人ひとりの尊厳は守られるべきであり、愛のうちに教会は築き上げられるのです(エペソ4:16)。

【 結 論 】
「世界で一番貧しい大統領」 と呼ばれたホセ・ムヒカさんは、南米ウルグアイの前大統領です。
彼は大統領のときの報酬を人々に分かち合い、「公平な社会に向けて」 富の再分配をし、公正な社会を目指すべきだ」  と主張しています。  国家において為政者が富を独占せず、それを分配するように努めるなら、その国は貧富の差がない豊かな国になります。教会も兄弟姉妹が主にあって互いに愛し合い、恵みを分かち合うなら、「一人ひとりのいのちが大切に」 される群れとなります。

神さまが私たちを愛され、私たちを創造されたことを感謝し、
主の御前にあって「一人ひとりが大切」であることを心に刻みましょう。