2016年7月3日(日)

「畏怖の念」

聖書箇所:出エジプト記3章1節~6節

公同礼拝が始まる5分前になっても静まらない。 あちらこちらから話し声が聞こえてきます。

時には笑い声まで・・・。 私たちは本当の意味で神さまを礼拝しているのでしょか。

Ⅰ.礼拝とは「神を神として拝むこと」である
礼拝とは何でしょうか。 広い意味では、イエス・キリストの救いのみわざを土台として、すべての生活を神にささげることです。 狭い意味では、イエス・キリストの救いのみわざを土台として、イエスの御名によってキリスト者が集まり、神を神として拝むことです。
主イエスをほめたたえず、主イエスの力を認めないなら、それは神を冒瀆(ぼうとく)し、侮辱することにほかなりません。

Ⅱ.神が臨在される場所は「聖なる地」である
神である主はモーセを呼び出し、ご自分の器として召されました。 ここで注目したいのは、「ここに近づいてはいけない。 あなたの足のくつを脱げ。あなたの立っている場所は、聖なる地である。」
(5節)というみことばです。 神が臨在される場所は 「聖なる地」 です。 モーセは足のくつを脱がなければ、そこに近づくこともそこに立つこともできませんでした。
モーセには主に対する畏怖の念がありました。

Ⅲ.神のご性質全体をひとことで表したのが 「聖」である
畏怖の念はどのようにして与えられるのでしょうか。 神さまが聖であることを意識するところから生まれます。 「聖」 とは何でしょうか。 「聖」 とは神のご性質全体をひとことで表す言葉です。
(1)神は力あるお方 (2)神は愛のお方 (3)神は義であるお方 (4)神は真実であるお方 (5)神は善であるお方 (6)神はきよさに満ちたお方。
これらの神のご性質を全部ひっくるめて 「聖」 と言います。 だから、聖なるお方は神さまひとりだけなのです。 「聖」 という言葉を使えるのは神さまだけなのです(イザヤ6章1-7節)。
モーセもイザヤも 「聖なる」 お方を畏怖の念をもって礼拝しました。 私たちもこの公同礼拝において、聖霊さまの導きの中で、主にまことの礼拝をおささげいたしましょう。

【 結 論 】  
私たちは勘違いしています。 祝福を受けるために礼拝出席しているのなら、大きな間違いです。
私たちは主を崇め、主をほめたたえるために礼拝をささげているのです。
カトリック教会のロヨラは次のように言っています。 「人間は、主なる神をほめ、崇め、仕えることを目的として造られたのである。人間の第一の義務は崇めることである」と。
礼拝とは 「イエス・キリストの救いのみわざを土台として、イエスの御名によってキリスト者が集まり、神を神として拝むこと」 です。 畏怖の念とは、「神の『聖』を意識すること」 です。 神さまが 「聖なる、聖なる、聖なる」 お方であることを知ることによって、神さまに対する畏れが生じるからです。 自分自身の罪深さを知ることで、きよくなりたいと思い謙遜にさせられます。 ここから、主を拝む心が生じるのです。
畏怖の念をもって、主にひれ伏し、主を拝み、主をほめたたえる者とさせていただきましょう。