2012年6月17日(日)

「神の国の建設」

聖書箇所:ヨハネの黙示録22:1-21

序.神の国の建設こそ最終的ゴール
1994年6月26日に教会堂と教育館の建物を主におささげし、満18年を迎えました。喜びと感謝の礼拝をささげ続け、返済も滞ることはありませんでした。感謝いたします。
さて、会堂建設の働きは最終目標ではなく、一つの通過点に過ぎません。最終的ゴールは神の国建設です。 キリスト者の使命は、この地上に「神の国」を建て上げることです。 神の国とは「教会」です。 世の終わりに建設されるのが天上の教会である神の国です。
ヨハネの黙示録は、今あるすべてのものが滅び去る時が必ずやって来ることと、新しい天と地が創造されることを教えています。この新しい天と地こそが「神の国」なのです。

Ⅰ.神の国とは 
そこは神とイエスが国王として君臨する国です。 都の中心には王の御座があり、そこから命の川が流れ出てその中央を流れています。 豊かに美しい水を湛える大河です。川の両岸には命の木があり、毎月12種類の実を結びます。 木の葉は民の傷をいやし、心の傷も癒します。 民は悩みや苦しみから解放され、喜びと希望に満ち溢れています。 暗闇や夜はなく、悪も罪も死も滅びも存在しません。
神ご自身が光として輝き、国中の民を照らし続けています。 神の国にはもう苦しみがありません。 悲しくて涙を流すこともありません。

Ⅱ.神の恵みによって
私たちがこの地上でどんなに頑張っても、努力しても建設することができなかった理想的な社会が、神の知恵と力によって成し遂げられます。 それは私たちの力ではなく、ただ一方的な神の恵みによるのです。

Ⅲ.神の民を捜し出す 
イエス・キリストが再臨し、人間のそれぞれのしわざに応じて報いられること、また人殺しや偶像を拝む者など罪を犯す者は、神の国に入ることができないと言われています。(ヨハネの黙示録22:10-15参照)。 クリスチャンの使命は、救い主イエス・キリストを宣ベ伝え、主を信じ従う人々(神の民)を捜し出すことにあります。

【 結 論 】 
新しい会堂のことに関して、現在は何も決まっていません。
そのことを決める前に「今私たちはどこに立っているのか」「私たちはいかに生きるべきか」をしっかりと考えたい。 会堂建設に関して必要なことは人任せにしないことです。神から与えられた使命として、このことも真剣に受け止めていただきたい。このことは信仰の成長にも繋がります。

(1)神さまは今、あなた(という器「信仰や賜物」)を必要としています。
(2)あなたでなければ出来ない働き(使命、責任、役割など)が、きっとあるはずです。
(3)神さまは愛のお方です。あなたは神に愛され、神に造られたかけがえのないいのちです。

「御霊も花嫁も言う。 『来てください。』 これを聞く者は、『来てください』と言いなさい。 渇く者は来なさい。いのちの水がほしい者は、それをただで受けなさい。」 (黙示22:17)