2016年9月11日(日)

「高貴な宝物」

聖書箇所:マタイの福音書 16章45-46節

今朝はコスモス愛餐会に招待された皆さまの祝福を願い、みことばをいただきます。
イエスさまは、天の御国の尊さを教えるために、それを「良い真珠を捜している商人」(45節)に たとえられました。 私たちは幸せになるために、いのちを受けてこの世に生まれて来ました。

Ⅰ.豊かさの中に幸せがあるとは限らない
幸せとは何でしょうか。 また幸せはどこにあるのでしょうか。 モーリス・メーテルリンクの『青い鳥』という物語によれば、青い鳥(しあわせ)は遠くにあるのではなく、すぐそばにある。 自分たちの日常生活の中にあるのだと、教えられます。 私たちは幸せを求めて生まれてきたのに、本当の意 味で幸せを手に入れていません。 私たちは、豊かになれば幸せになれる、願い事がかなえば幸せになれると思っています。 本当にそうでしょうか。私たちは、豊かになったり、自分の思いどおり になったりしたとしても、幸せになれるとは限らないのです。

Ⅱ.限りなく多くの物を求める欲深さを捨てること  
『世界でいちばん貧しい大統領のスピーチ』(汐文社発行、くさばよしみ編・中川学絵)という子ども向けの絵本をお読みします(省略)。 ホセ・アルベルト・ムヒカ・コルダノ氏は南米ウルグアイの元 大統領です。 彼は給料の大半を貧しい人のために寄付し、大統領の公邸には住まず、町から離れた農場で奥さんと暮らしています。 2012年、ブラジルのリオデジャネイロで、環境が悪化した地球の未来について話し合うための国際会議が開かれました。彼が演説の中で訴えたことは、「地球のすべての人が貧しさから救われ幸せになるためには、人々の生き方の危機を知り、その生活を変えるべきである。物の豊かさを求める『欲深さ』を捨てるべきである。 限りなく多くの物を必要とし、『もっともっとと欲しがる』ことをやめ、人間が生きるためのぎりぎり必要な土台 ( ①人と人の平和、②子育て、③友人を持つこと、④愛し合うこと ) を大切にしなさい。 人類が幸福であってこそ、より良い生活ができるのである。」 というものです。

Ⅲ.天の御国は高貴な宝物  
真珠は非常に高価な物でした。 商人は「すばらしい値うちの真珠」(46節)を一つ見つけて、のどから手が出るほど欲しくなりました。 商人は自分の持ち物を全部売って、この真珠を手に入れました。 天の御国はそれほど高貴な宝物であると、イエスさまは教えておられます。本当の幸せはイエス・キリストを信じて、天の御国を得ることなのです。

【 結 論 】  
天の御国はこの世のあらゆる栄光に勝るものです。
そこでは、すべての罪がなくなります。 また忙しく働き、重荷を負う必要もなくなります。 人を傷つ けることも、人から傷つけられることもありません。 神さまと共にあり、平安のうちに神をほめたた えるのです。 コスモス愛餐会に招待された皆さまが、天の御国の祝福にあずかり、幸いを勝ち取られますようお祈り致します。