2012年2月12日(日)

「律法に死に、御霊に生きる者」

聖書箇所:ローマ 7:1-6

「自我や罪から解放されているキリスト者は、どんなことがあっても律法に縛られることはなく、まったく  自由である」という真理を教えるために、パウロは結婚のたとえを用いて律法とキリスト者との関係を説明しています。

1-2節は「律法の効力がおよぶのは夫が生きている間だけである。」 と教えています。「夫のある女」とは、「男のもとにある女」がもともとの意味です。当時の女性にとって結婚は夫の所有(物)となって、夫の拘束 のもとにおかれることでした。「夫に結ばれている」 女性が、もしも他の男性と交わることがあれば、れっきとした犯罪とされました。しかしもし夫が死んだなら、その法律の効力は失われました。その女性は夫に関する 律法から解き放たれて、他の男性と自由に再婚ができるようになるのです。

3節にある 「姦淫の女」 は、「不倫をする女(不義密通)」 を意味しています。 夫が生きている間に他の男のものとなるならば、その女性は不倫の罪を犯した女としてのレッテルを貼られて、社会的に制裁を受けるのです。 それはすべての希望を失うほどに深刻かつ惨めな状態に陥ることでした。 しかし、もし夫が死んだなら、その女性は夫の支配から解放されて、自由になるのです。パウロが結婚のたとえをもって明らかにしようとした原理は 「法律的な力は、死者には及ばないという」 ことです。 この原理は私たちキリスト者と「律法」の関係においても、そのまま当てはまる真理であるとパウロは言います。

4節の「キリストのからだによって」とは、「十字架につけられたキリストのからだによって」 と解釈することもできます。 「十字架につけられたキリストのからだによって、キリスト者もキリストとともに死んだ者となりました。 ですから律法の拘束力は、私たちには及ばないのです (6:6~9を参考に)。」  私たちが救われていなかったとき、すなわち、肉に属する者であったとき、私たちは殺してはならない、姦淫してはならない、盗んではならない、偽証してはならないなどの律法に刺激されて、肉の欲情は私たちのからだの中に働いて、滅びに至る実を結びました。しかし、キリストによって新しいいのちにあずかったときから、キリスト者は聖霊によって支配され、新しい歩みを始めました。 永遠のいのちに至る実を結ぶ者とされたのです。

【 結 論 】
「しかし、今は、私たちは自分を捕らえていた律法に対して死んだので、それから解放され、その結果、古い文字にはよらず、新しい御霊によって仕えているのです。」
(6節)この6節の教えが今朝の宣教の結論です。

私たちキリスト者は、イエス・キリストにある救いによって、聖霊の臨在によって、まことの自由をいただいています (Ⅱコリント3:1)。 キリスト者は 「・・・してはならない」 などという律法に縛られず、御霊にあってまったく自由です。 ですから、良いものを選び取る知恵と力が必要なのです。軽率な振る舞いを戒め、思慮深く行動しましょう。また 「愛をもって人々に仕えること」 が求められているのではないでしょうか。
(ガラテヤ5:1、13)