2017年9月3日(日)

「テモテとエパフロデト」

聖書箇所:ピリピ人への手紙2章19節~30節

今朝は、パウロに忠実に仕えたテモテとエパフロデトをご紹介しましょう。

Ⅰ.テモテ(ピリピ2:19-24)
 テモテはパウロの弟子でした。 小アジアのルカオニヤ州ルステラで生まれました。 ギリシヤ人の父とユダヤ教からキリスト教に改宗したユダヤ人の母の間に生まれました。 彼はルステラを訪問したパウロによって導かれイエス・キリストを救い主と信じました。 パウロは自分の弟子として彼を伝道旅行に同伴させました。
テモテは献身的に主に仕えました。 異邦人に福音を届けるパウロの宣教の働きが祝福されたのは、共に労した人々の働きがあったからです。 パウロの試練や苦しみはとりもなおさず、テモテのそれでもありました(Ⅱコリ11:23-27)。
 このようなテモテだからこそ、パウロの心と一つになって、ピリピ教会のことも心配することができたのです (ピリピ2:20-21)。 私たちには自分のことのように心配する教会があるでしょうか。
 私たちは牧師のために、役員のために、執事のために、兄弟姉妹のために祈っているでしょう か。 「誰もみな自分自身のことを求めるだけで、キリスト・イエスのことを求めてはいません」(21節)というのが、私たちの本心なのかも知れません。  しかし、テモテは違っていました。 子が父に仕えるようにして、パウロといっしょに福音のために働きました(ピリピ2:22)。 こうして、パウロは自分の右腕であるテモテをピリピ教会に遣わして、兄弟姉妹を励まそうとしました。 さらにピリピ教会のことを知り、この群れを祈り支えようとしていることがわかります。
Ⅱ.エパフロデト(ピリピ2:25-30)  
 エパフロデトはピリピ教会の兄弟です。 パウロがローマの獄中にあるとき、贈り物を携えてパウ ロを訪ねたのが彼でした。 マケドニヤのピリピの町からローマまでは、いかに遠かったことでしょうか。 船旅ですから数か月かかったことでしょう。 しかも命に関わる危険にも遭遇したのではないでしょうか。
 やっとのことでローマに着くと、今度は重い病気に襲われてしまいました。 死の淵をさまよいな がらも、エパフロデトは神さまのあわれみの中で奇蹟的に回復しました(27節)。 重篤な病にかかったとの知らせを聞いたピリピ教会は大変心配しました。 そこでパウロはエパフロデトの病気が治るとすぐ、この手紙を持たせて彼をピリピに送り返しました。 彼は命がけで主のために奉仕しました。 今尊い働きを終えて戻るので、エパフロデトを歓待してほしい(28-30節)。 彼に尊敬を払い、喜びにあふれて迎え入れて欲しいと要望しています。 パウロの情熱が伝わってまいります。

【 結 論 】  
 このような主に忠実に仕える人々によって教会は支えられています。 賜物が豊かに与えられている人々であっても、欠点や弱さは持っています。 弱さのなかで私たちが心がけなければならないことは、イエス・キリストに信頼することです。キリストの力が私たちをおおい包むようになるためには、自分自身の弱さに感謝し、弱さを誇らねばなりません。 「主の恵みはわが身に十分なり」と告白しつつ、日々主にお従い致しましょう。