2010年6月6日(日)

「神の作品」

聖書箇所:エペソ2:1-10

「私たちは神の作品であって、良い行いをするためにキリスト・イエスにあって造られたの
です。」 (10節)  
私たちとは教会 (キリスト者の群れ) です。 パウロは、教会は神に造られたものであると
言っています。 「あなたがたは、恵みのゆえに、信仰によって救われたのです。 それは、
自分自身から出たことではなく、神からの賜物です。」 (8節) と語られているとおりです。
「恵みによって」 「信仰によって」 「行いによらず」 というのが、「救い」 の原則です。

「神の作品」とはギリシャ語では「造られたもの」と言う意味であり、英語ではWorkmanship
( [職人の] 手腕、腕前、できばえ、製作品の意) という言葉が用いられています。
パウロは、キリスト者が良い行いをするように、神さまがキリストにあって助け協力してくだ
さるのではない。 そうではなくて、キリスト者が良い行いをするために、神さまは私たちを
全く新しく創造してくださった
、と語っています。 イエス・キリストの十字架による贖いに
よって、私たちは新しく創造されたのです。 このことを覚えて感謝します。

皆さん、当教会がこの50年間の歩みの中で結んできた実、それはすべてが神からの賜物
であると、知っていただきたいのです。 私の行いではない、あなたの行いではない、人間
のわざによる業績ではない、すべてが神の恵みであると、確認したいのです。
「恵みによって」 「信仰によって」 「行いによらず」 という救いの原則をしっかりと心に刻み
付けない限り、私たちは神にあって救われたことを忘れてしまいます。
私たちはとことん自分の行いを誇る存在だからです。

【 結 論 】
来る6月20日、私たちは 「宣教50周年記念礼拝」 をおささげします。
レセプションも行います。 敬愛する兄姉と共に愛餐のとき、交わりのときを持ち、神の家
族として喜びを分かち合いたいと願っています。 また、何よりも私たちを罪と悪と死から
贖いだしてくださったイエス・キリストの父なる神に賛美と感謝をおささげしたいと願ってい
ます。6月26日には、1994年の献堂から満16年の記念日を迎えます。
この恵みも覚えて感謝いたしましょう。

さらに、次週(6月13日) は宣教50周年記念オープンチャーチです。 教会学校に教会員
も参観します。 教会学校のことをさらに知っていただきたいと願っています。
今、どこの教会でも少子高齢化が深刻です。 子どもの救いのために祈り、伝道しないな
ら私たちの教会に明日はありません。 救いは神の賜物です。 救いが神さまからのプレ
ゼントであるなら、私たちはそれを求めて熱心に祈るべきではないでしょうか。
その救いがもたらされるように、みことばを宣ベ伝え、証して、一人でも多くの人々が救わ
れるように神さまに仕えてゆくべきではないでしょうか。
「わがたましいよ。主をほめたたえよ。主の良くしてくださったことを何一つ忘れるな。」
(詩篇103:2)