2010年4月11日(日)

「信仰の回復」

聖書箇所:ヨハネ21:1-14

ゼベダイの子シモン・ペテロはテベリヤ湖の漁師でしたが、網を捨ててイエスさまの弟子と
なりました。
イエスさまに信頼して従う人生に希望をおいていましたが、彼の死によってすべての希望
を失いました。 ペテロは再び元の職業、昔の生活へと戻って行きました。 主イエスの死
は、すべての終わりを意味しているように思われました。 ましてイエスさまを裏切り、自信
を全くなくしてしまった彼が帰るところはカペナウムであり、また漁師という仕事しかありま
せんでした。
私たちもペテロのように信仰から離れることがあると思います。 実際、多くの日本人がキ
リストを信じまた求めながら、教会から去ってゆきました。 12弟子のほとんどは、イエス
さまが祭司長たちに捕らえられると、彼を捨てて逃げてゆきました。 「たとい全部の者が
イエスのゆえにつまずいても、私は決してつまずきません」(マタイ26:33) と豪語したペテ
ロでさえも、三度もイエスを否んだのです。

さて、シモンが漁に行くと言うと、仲間たちも一緒に出て行きました。 しかし、この日は夜
通し働いても、何も取れませんでした。 舟を岸辺に戻そうとしていた時、岸辺に立たれた
イエスさまが、弟子たちに舟の右側に網をおろすよう命じられました。そのとおりにすると、
おびただしい魚のために、網を引き上げることができませんでした。
岸辺に立っておられる方がイエスさまだと分かると、ペテロは裸だったので上着をまとって
湖に飛び込みました。 しかし、ほかの弟子たちは魚の満ちたその網を引いて、小舟で
岸に戻りました。 イエスさまは、岸辺に炭火とパンや魚を用意し、弟子たちが取ってきた
魚も焼き、彼らに朝食を与えられました。 弟子たちはパンと魚を食べて満腹し、イエスさ
まに出会って心満たされました。 よみがえられたイエスさまの三度目の顕現でした。

【 結 論 】
イエスさまがペテロの前にお姿を現わされた目的は何でしょうか。
十字架に死なれたイエスさまが、復活し生きておられることを弟子たちに示すためでした。
また、ペテロの失われていた信仰を回復させるためでした。 岸辺で炭火を囲んでパンと
魚を食べながら、彼のイエスさまに対する信仰は回復してゆきました。 イエスさまを見、
その声を聴き、罪赦され、愛されていることを知って、彼はいやされたのです。

さらに、ヨハネ21章15節以下になりますが、イエスさまは、ペテロを信頼して多くの信仰
者たちを彼の手に委ねられました。 主はペテロの弱さも未熟さもご承知の上で、彼に大
切な奉仕を委ねられました。 ペテロはイエスさまに愛され受け入れられる中で、信仰の回
復を成し遂げてゆきました。 イエスさまは私たちをも信頼して奉仕を委ねられるお方です。
イエスさまに愛されている事を心から感謝いたしましょう。