2010年4月4日(日)

「復活の証人」

聖書箇所:ヨハネ20:1-18

イースターおめでとうございます。
スランプに苦しんでいたスポーツマンが復活し、落選していた政治家が当選して復活したなど、「 復活 」という言葉が頻繁に使われています。この言葉の語源となったのが「キリストご自身の復活」の奇蹟であります。 私たちは人々にキリストの復活を伝える証人です。

多くの人々は、キリストが死からよみがえり、今も生きておられるお方であることを信じていません。それは捏造(ねつぞう)であり、嘘やまやかしであると主張しています。しかし、キリストが死んでよみがえられたのは事実なのです。キリストの復活は私たちの信仰の核心です。復活への信仰がないなら、私たちの信仰はむなしいのです。誰が何と言おうと、私たちキリスト者は主の復活の証人です。

およそ2000年前に、イエスはゴルゴタの丘の上で、金曜日に十字架につけられて処刑されました。その日のうちにそこからおろされ、亜麻布に包まれ墓の中に収められました。イスラエルのお墓は岩をくり抜いた横穴でした。墓の入口は大きな石でふさがれました。3日目の日曜日に、マグダラのマリヤは朝早くまだ暗いうちに墓に行きました。イエスのからだに没薬を塗るためでした。没薬は香料や防腐剤としても用いられていました。マリヤは悪質の病からいやされましたが、イエスのお役に立ちたいと願っていました。墓のところにやって来ると、入口をふさいでいた大きな石が動かされていました。驚いたマリヤはイエスのからだが盗まれたと思い、弟子たちの所に走りました。ふたりの弟子が走って行き墓の中に入って見ると、イエスさまの遺体はそこにありませんでした。彼らはその目で見て、墓の中にイエスのからだがなく空っぽであることを信じたのです。

再び墓に戻ったマグダラのマリヤは、ぼんやり立ち尽くし泣いていました。マリヤの「イエスさまにもう一度会いたい」という切なる気持ちが伝わってきます。うしろを振り向いたとき、そこにイエスが立っておられるのが見えました。しかし、彼女はイエスであるとは気づきませんでした。「 なぜ泣いているのですか。だれを捜しているのですか。」マリヤは園の管理人だと思い言いました。「 あなたがあの方を運んだのでしたら、どこに置いたか教えてください。 そうすれば、私が引き取ります。」

イエスは「 マリヤ!」と言われました。マリヤは振り向いて「 ラボ二(先生) 」 と言いました。 今、マリヤの目の前におられるお方は復活されたイエスです。よみがえられて生きておられるイエスです。マグダラのマリヤは今、イエスに会いました。彼女は弟子たちのところへ行って、私はイエスさまにお目にかかりましたと言い、イエスが話されたすべてのことを語りました。

【 結 論 】 
マリヤは、イエスさまが復活され、今生きておられるお方であることを証ししました。 そして、あなたもまた主の復活の証人なのです。
「 私たちはイエスが死んで復活されたことを信じています。」 Ⅰテサロニケ4:14