2009年9月6日(日)

「知れ、主こそ神」

聖書箇所:詩篇100:1-5

あなたは、畏れをもって神を礼拝しておられますか。礼拝が自分を喜ばせる場であり、受けることを期待して 参加しているなら、認識を改めなければなりません。皆さん、礼拝とは何でしょうか。 礼拝は人が相手ではありません。受けるものでも、自分を喜ばせる場でも、教育する場でもありません。礼拝とは 「神を崇め、その栄光を現わすこと」であり、また「神にささげること」であります。旧約時代には、イスラエルは犠牲とささげ物を主におささげし、新約時代には、キリスト者は「自分自身を」を主におささげしました(ローマ人への手紙12:1)。

米川明彦さんは、worshipという言葉が「価値ありとする」という意味であることから、「礼拝とは、神さまに最高の価値があることを見出し、神さまに栄光を帰することである」と教えています。また、ジョン・マッカーサー牧師は、礼拝とは「神に向けられた誉れと崇敬である。」と定義し、究極的に 「礼拝が私たちの生き方そのものになる」べきであると教えています。詩篇100篇は礼拝への招きの歌です。今朝は、このみことばをもって主を崇めましょう。すべての被造物(造られたもの)は「全地」という言葉に包括され、主の御前に礼拝をささげるために招かれています。礼拝は喜んでささげるものです。強制されて、いやいやささげるものではありません。自分の意志で積極的に御前に進み出るのです(2節))。3節には「知れ、主こそ神」 と主張されています。私たちが愛する大切なお方が神さまであることを知るなら、私たちの姿勢もおのずと変わってくるのではないでしょうか。神さまは、私たち人間を造られたお方です。人間は自分自身が神であるかのように高ぶり、高慢になって我が物顔に振舞う愚かな存在ですが、「主御自身が真の神である」と知るとき、私たちは被造物に過ぎず、儚い存在であることを悟り、謙遜にさせられるのであります(3節)。

【 結 論 】
ここに竹森満佐一牧師の書かれた小冊子があります。ここから教えられることが多くありました。ほんの一部分を紹介いたします。
「礼拝とか崇めるというのでは、恐らく十分ではないと思います。それは、神を拝むことなのであります。  わたしたちは、神を礼拝するとか、崇めるとか、言いますが、神を拝むということは、少し異様に感じるのではないでしょうか。拝むというのは、お寺やお宮ならありそうなことだが、キリスト教では、場違いだという気持があるのではないでしょうか。 それほどに、神を拝むという真の意味の礼拝が、わたしたちからも遠いものとなっているのであります。 ・・・礼拝は信仰の中心であるとか、もっと大事なものであるとかは、よく聞くのです。しかし、実際に礼拝はどういうものであるかということは、残念ながら語られないようです。

その一つの理由は、礼拝が拝むことであるという素朴な、そして、一番大切なことを考えようとしないからです。・・」(礼拝-その意味と守り方-」竹森満佐一著5~7ページ)礼拝とは主を拝むことであります。  愛と正義と真実に満ちておられる創造主の御前に、畏怖の念をもって額ずくこと、拝むことが礼拝なのだと、心に刻みましょう。

「感謝しつつ、主の門に、賛美しつつ、その大庭に、入れ。主に感謝し、御名をほめたたえよ。」 (4節)