2014年12月14日(日)

「王の誕生」

聖書箇所:マタイの福音書 2章1-12節

ゼカリヤは「ユダヤ人の王」が帰って来られることを預言しています(ゼカリヤ9:9)。
ヘロデ王の時代に、預言どおりに「ユダヤ人の王」であるイエス・キリストがユダヤのベツレヘムでお生まれになりました。

Ⅰ.ヘロデ王の信仰
ヘロデ王は自らの地位を守るためには、自分の妻や息子たちの命でさえも奪うほどの無慈悲で残虐な人物です。ですから、「ユダヤ人の王」誕生の知らせを聞いた時、恐れ惑いました。力の勝る王の出現を恐れていたのです。後に、彼は人をベツレヘムに遣わして、その周辺の二歳以下の男子を皆殺しにしました。

Ⅱ.東方の博士たちの信仰
 一方、東方の博士たちは、はるばると異国の地(アッシリヤ、バビロン、ペルシャではないかと考えられています)から、困難な旅を続けてエルサレムヘやって来ました。博士というのは、今の博士とは意味が違い魔術師ではなかったかと思われます。かつてユダヤ人が捕らわれ連れて行かれた地であり、メシヤ(救い主)待望についても、かなりの知識を持っていた人々です。神の救いの約束を信じた博士たちは、遠路いかなる危険を冒してでも、王でありメシヤであるお方に一目お会いしたいという堅い決意をもってやって来ました。
 博士たちは、「ユダヤ人の王」に会いました。王冠もなく、家畜小屋で生まれた貧しいお方。博士たちの目の前にいるのは、ごく当たりまえのひとりの幼子でした。しかし彼らは、この幼子こそ王でありメシヤであると信じました。彼らをベツレヘムに導いた光輝く星が、そのしるしでした。彼らは幼子をひれ伏して拝みました。その信仰が本物であったことの証です。拝むことは信仰がなければできません。信仰がなくては、本当の意味での礼拝はあり得ないのです。
 最後に、彼らは王に高価な贈り物をささげました。「黄金」は高価なもの。「乳香」は高価なアラビヤ産の芳香のある樹脂です。礼拝の時にささげる香として用いられました。「没薬」も香料の一種です。イエスさまが墓に葬られた時に、そのからだに塗ろうとして女たちが用意していたものは没薬でした。贈り物については、教父たちの時代から、黄金は王に、乳香は神に、没薬は死につく者にささげられるものと考えられてきました。これらはまさにイエスさまにふさわしい贈り物でした。

【 結 論 】
 あなたはイエスさまの誕生の知らせを聞いたとき、どのような信仰をもってイエスさまにお会いするでしょうか。ヘロデ王のように、自分のことしか考えないでイエスさまに対峙しますか。王であるイエスにひれ伏すかのように振る舞いつつ、その実は、命を奪おうと企てる者でしょうか。それとも、東方の博士たちのように、「ユダヤ人の王」である救い主を真剣に求めるでしょうか。このお方に出会った時、御前にひれ伏し、高価な贈り物をささげる真実な信仰者でしょうか。
イエス・キリストは「ユダヤ人の王」ですが、さらに偉大な王であります。王の王、主の主、全世界の王にふさわしいまことの神であります。
一足、早いですが、「クリスマスおめでとうございます」