2014年8月3日(日)

「まだ罪人であった時に」

聖書箇所:ローマ人への手紙5章8節

今朝はローマ人への手紙5章8節から 「キリストの愛」 の深さを教えていただきます。
この5章は 「神の義と愛について」 教えています。

8節において、パウロは「しかし私たちがまだ 罪人であったとき、キリストが私たちのために死んでくださったことにより、神は私たちに対するご自身の愛を明らかにしておられます」と語っています。

Ⅰ.「不敬虔な者」のために死んだキリスト
冒頭には 「しかし」 という接続詞があります。 この「しかし」は「神の律法にかなった正しい人のために死ぬ人はいません。 情け深い人 (善人) のためには、進んで死ぬ人があるいはいるかも知 れません」という7節の教えを受けています。  しかし、キリストは正しい人のためでなく、情け深い 人のためでもなく、「罪人」「悪人」「不敬虔な者」のために死んでくださったのです。これは驚くべきことであります。

Ⅱ.ご自身の愛を実証された神
8節の冒頭にある言葉は 「明らかにしておられます」 という動詞です。 日本語では最後に記されていますが、ギリシャ語 (原語)の聖書では冒頭に記されています。 この「明らかにしておられます」は「論証する」「実証する」「実物あるいは実演で説明する」という意味の言葉です。パウロはここで「しかし、神は私たちのためにご自身の愛を実証されたのです」 と言っているのです。「神はご自身の愛を示された」ということを強調しているのです。パウロは「神さまの愛がキリストの十字架の死において、現実に明らかにされ実証されている」と言いたかったのであります。

Ⅲ.私たちがまだ罪人であったとき
しかも、「神さまがご自身の愛を示された」 のは、私たちがまだ罪人であった時でした。私たちクリスチャンがまだ救われていなかった時ですから、神から遠く離れ、自己中心的な生き方をしていた時です。 神に敵対し、神に背を向けていた私たちに対して、神さまの側から一歩も百歩も譲って、心を開いてくださったのです。 私はいましばらく連絡を取っていなくて、ご無沙汰してしま っている友達がいます。 時間が経過するにつれ、こちらからは連絡しにくくなっています。ですから、相手からの連絡を待とうという横着な気持ちになっています。隣人を愛するとは、どうすることなのかと、いま問われています。 須貝正勝兄が本日の公同礼拝の中で洗礼を受けられます。 まだ罪人であった時代に須貝さんを見出された神さまは、一方的な愛をもって彼を招かれました。しかも、神さまは信仰告白から受洗まで35年という長い歳月を忍 耐強く愛し続け、導き続けられたのです。神さまのS・M兄に対する愛の大きさを思うとき、それが余りに偉大であり、言葉になりません。

【 結 論 】
しかし私たちがまだ罪人であったとき、キリストが私たちのために死んでくださったことにより、神は私たちに対するご自身の愛を明らかにしておられます。(ローマ5:8)