2014年7月6日(日)

「自分を義人だと自認するもの」

聖書箇所:ルカの福音書18章9-14節

Ⅰ.序論
今朝はふたりが祈るために神殿に上ったというたとえから、「自分を義人だと自任するパリサイ人」の姿を通して、その祈りと信仰の中に潜む罪の問題を取り上げます。 

Ⅱ.隣人を侮る祈り
この祈りは、あらゆる教えや戒めを無に帰してしまいました。 このパリサイ人は神を否定し、隣人に対してよいことをしていないからです。 彼は滅びに入りました。 なぜなら、彼は律法の一点を守り行わなかったからです。 もし、『ああ、神さま。私たちはみな罪人です。 この哀れな罪人も私も、ほかのすべての人間と同じです。』 と言うなら、彼は神の第一の戒めを守り、神をほめたたえたことになったに違いありません。 しかもそのあとで、『ああ、神さま。 私はこの取税人が罪人であり、悪魔の餌食にされているのを見ます。 愛する主よ。 彼を助けてやってください』 と祈り、彼を背負い、神の御前に運んでゆき、彼のために祈ったとしたら、このパリサイ人はほかの戒めも守り行ったことになったのではないでしょうか。 これこそ私たちクリスチャンに示されている 「愛の戒め」 な
のです。  パウロは 『互いの重荷を負い合い、そのようにしてキリストの律法を全うしなさい。』(ガラテヤ6:2)と言っています。

Ⅲ.警告・・・高ぶる者が陥りやすい罠
パリサイ人は、自分が正しい者であると自己礼賛するためにやって来ました。自分の徳を誇り、自分の行いに自信があることをひけらかすために来たのです。自分がどのように断食し、全収入の十分の一をささげているかを述べ、自身の考えによるよいわざを最も華やかに誇っているのです。 その後、隣人に向かって憎しみのあらん限りを注いでいます。 かりに神がこのパリサイ人を裁判官とされたならば、この哀れな取税人は、間違いなくよみの深みにまで投げ込まれたことでしょう。 すべての人が滅んで、自分だけがたたえられることを望むとすれば、それは邪悪な心であり 、聞くに堪えないことではないでしょうか。 私たちも細心の注意を払って自分の魂を見張らないならば、このパリサイ人と同じ過ちを犯し、同じ罠にかかる可能性は十分にあります。 物事が順調に運んでいると思える絶頂期に、私たちはパリサイ人のような失敗を犯すのです。 高ぶり、神を否定し、他の人々を軽蔑するのではないでしょうか。

【 結 論 】
神を認め信じることは、私たちを敬虔にします。 神を信じないことは、私たちを高慢にします。                  神が人間を尊い命として創造されたことを信じることは、自分自身を尊び大切にする心が生じます。主の御前に出て、自分の罪を知り悔い改める者は敬虔で勇気ある人です。  取税人は自分の罪を認めました。 彼の敬虔な祈りは神に受け入れられたのです。

「ところが、取税人は遠く離れて立ち、目を天に向けようともせず、自分の胸をたたいて言った。                          『神さま。こんな罪人の私をあわれんでください。』」 (ルカ:18:13)