2014年4月6日(日)

「キリストに近づく」

聖書箇所:使徒の働き2:42-47

Ⅰ.序論 (教会にとって、なくてはならない交わり)
使徒の働き2章42節に「彼らは使徒たちの教えを堅く守り、交わりをし、パンを裂き、祈りをしていた。」 と教えられているように、教会には交わりが必要です。

「交わり(コイノニア)」 とはどんな意味があるのでしょうか。
ギリシャ語辞典によれば、①交わり、交際、②団体、精神、協力する心、③交わりのしるし、④共有、分け前にあずかること、参加などの意味があることが分かります。交わりとは、共に何かすることによって互いをよく知り合うことです。食事、会話、祈りなどの手段によって、相手をより深く知り、また心の交流を通して信頼関係を築いていくことです。

Ⅱ.交わりとは「分け与えること」
しかし、それだけではありません。交わりとは、分け与えることなのです。 自分の持っているものを相手に差し上げて、神の恵みを共有することなのです。それが物であったり、目に見えないもの(心・知恵・力)であったりもします。 相手の話に耳を傾け、相談にのり、その人のために祈ることや、相手の人と一緒に時間を過ごすことなどは、まさに目に見えないものを分け与えることです。

Ⅲ.キリストに近づくために
パウロはピレモンへの手紙の中で次のように語っています。 6節を直訳すると以下のようになります。   「あなたの信仰から生ずるキリストとの交わりが、行いによってあかしされて、私たちの中におけるすべての善の知識を深め、かくして、キリストに近く導かれるように、私は 祈ります。」 (ピレモン6節の直訳)     そうです。 私たちキリスト者の交わりは、もちろん兄姉との交わりですが、その中にイエス・キリストがいつも共におられます。 兄姉の交わりは、主との交わりでもあるのです。使徒ヨハネが語っている通りです。  「私たちの見たこと、聞いたことを、あなたがたにも伝えるのは、あなたがたも私たちと交わりを持つようになるためです。私たちの交わりとは、御父および御子イエス・キリストとの交わりです。」(Ⅰヨハネ1:3)

「朱に交われば赤くなる」 ということわざがありますが、悪い仲間と交われば、悪い心を持つ、悪いことをする人になるという意味です。 私たちがイエス・キリストとの交わりを大切にしていくなら、ますますキリストに近づき、キリストに似る者とされていく。 正しいことを知り、正しいことを行う力も備えられていく。 神の恵みの中で神を賛美し、神に感謝する者として喜びをもって生きる者とされるのです。

【 結 論 】
私たち(教会)は、兄姉との交わりを通して主イエス・キリストとの交わりにあずかる者とされます。                主イエス・キリストとの交わりは、私たち一人ひとりを豊かに富む者とする交わりです。                   「主は富んでおられたのに、あなたがたのために貧しくなられました。それは、あなたがたが、キリストの貧しさによって富む者となるためです。」(Ⅱコリント8:9)