2014年2月2日(日)

「みことばは蜜よりも甘い」

聖書箇所:詩篇19篇9-11節

ご飯やパンを食べていのちを保つように、神さまのことばである聖書を糧として霊的いのちを保つことは、キリスト者にとっていかに大切なことでしょうか。
聖書は 「あなたのみことばは、私の上あごに、なんと甘いことでしょう。 蜜よりも私の口に甘いのです。」(詩篇119:103)と、神のみことばがどれほど甘くて美味しいものであるかを教えています。 聖書を読むこと、みことばを聞くことが、いかに幸いであり素晴らしいことであるかを示しています。 しかし、どれだけの人が毎日聖書を開いて、神さまの語りかけに耳を傾けているでしょうか。

みことばに 「主への恐れはきよく、とこしえまでも変わらない。 主のさばきはまことであり、ことごとく正 しい。 それらは、金よりも、多くの純金よりも好ましい。蜜よりも、蜜蜂の巣のしたたりよりも甘い。また、それによって、あなたのしもべは戒めを受ける。それを守れば、報いは大きい。」(詩篇19:9-11) とあり ます。
「みことばは蜜のように甘い」 と言うけれど、聖書を読むことはどうして必要なのでしょうか。みことばは霊の糧です。 人間の心や魂にも栄養が必要であります。 心や魂が飢え渇くと、力がなくなり弱ったり病気になったりします。 毎日肉体に食物が必要であるのと同様に、心や魂にも、日々霊的な食物である神のみことばが必要なのです。 みことばに取り組むためには、はじめ努力が必要です。  聖書通読にチャレンジしておられる、 下川友也先生 (当教団の元理事長)は、「努力するって、信仰なんだ!」 と言っておられます。 どんな習いごとであっても最初は抵抗があります。 ピアノ、サッカー、クラシックバレー、またソフトボールでもそれを習い始めた時は面白くありません。 同じことを何回も何回も繰り返すだけですから、面白くないのは当然です。
聖書の面白みや素晴らしさを理解できるようになるのも、時間がかかります。聖書を読まなければなりません。 「みことばは蜜よりも甘い」 と断言できるのは、よく聖書を読んでいる信仰者です。 農家の方々が作物を育てるのに、どんなに多くの苦しみを味わっておられることでしょうか。 天候という変化しやすい状況のもとで、細心の準備と手立てをし、日々の平凡な労働の繰り返し、積み重ねがあってはじめて、秋の収穫が楽しめるの です。

目標を立てて聖書という世界の最高峰を征服して、その目標を成し遂げるという快挙を達成してみませんか。 できるだけ、若い時の方がいいと思います。歳をとればとるほど、聖書を通読することが難しくなるからです。

【 結 論 】
聖書を読む一番の理由は、これがあなたを救い、いのちを与えてくれるものであるからです。               「聖書はすべて、神の霊感によるもので、教えと戒めと矯正と義の訓練とのために有益です。 それは、神の人が、すべての良い働きのためにふさわしい十分に整えられた者となるためです。」 (Ⅱテモテ3:16、17)   と、パウロは語っています。
ぜひ聖書を読んでいただきたいと願っています。