2015年10月11日(日)

「逃れる父と王権を握る息子」

聖書箇所:サムエル記Ⅱ16章1節~23節

Ⅰ.主のさばきを受容するダビデ王
エルサレムからオリーブ山を越えヨルダン川の渡しに向かう途上、ツィバがダビデ王を迎えに来ていました。
彼はメフィボシェテというサウルの孫のしもべであります。 ダビデに土地の産物とぶどう酒一袋を贈ることで、彼の好意を受けようとします。 ツィバは主人 (メフィボシェテ) をそしり、彼がダビデ王に対して反逆心を持っていると偽りました。 こうして悪賢く主人を裏切ったツィバはダビデからの好意を受けて、主人の財産すべてをダビデ王から与えられます。 ダビデは軽率にもツィバの言葉を信じ、彼を祝福するのです。
シムイというサウル家の一族のひとりもダビデを待ち伏せていました。 シムイは深い、狭い谷を隔てて、彼に石を投げちりをかけました。 また激しく彼を呪いました(7‐8節)。 ダビデは 「自分の息子すら背いたのだから、ベニヤミン人がそうするのも仕方がない」 と、その受難を自分に対するさばきの一部分であるとして受け入れました。 このような非常時にダビデが示した反応は、彼が息子 (アブシャロム) による反乱の結果を主の御手に委ねているということです。

Ⅱ.アヒトフェルの助言に従い、 道を誤るアブシャロム
アブシャロムといえば、彼はエルサレムにアヒトフェルと共に入城します。アヒトフェルは彼にとってブレイン (頭脳) としてなくてはならない存在でした。 そこに現れたのがアヒトフェルの策略を打ち砕くために遣わされたフシャイです。 彼は怪しまれながらも、巧みな言葉でアブシャロムにうまく取り入りました(16-20節)。 この時のアヒトフェルの意見は絶対でした。「神のことば」のようであったからであります(23節)。 エルサレムでアヒトフェルが最初に進言したのは、父のそばめたちを奪い取ることでした。 このことはアブシャロムの主権を示す明白な行為であり、ダビデ王に対する最大の侮辱となりました。 しかし、アブシャロムはこのことによって、主の御前に大きな罪を犯します。 アムノンが妹であるタマルを犯したように(Ⅱサム13章14節)、アブシャロムも神に呪われる大きな罪を犯してしまいました。 それは彼が神に選ばれていないことを証明することにもなりました。

【 結 論 】
ダビデは逆境にあっても、決して主への信頼を失いませんでした。 自分が犯した罪を自覚しています。 それ故に、絶対的な信頼をもって主のさばきに身を委ねています。 他方のアブシャロムは人生の頂点に立っています。 彼は自らの手で民の前に王位を確保しました。
しかし、王権を握りしめたと思ったときに、彼は王位を永遠に失ってしまいます。 主の御前に高ぶり、従順に従う心を失うのです。 彼は 「民の声」 は聞きましたが、「神の声」 に耳を傾けようとせず、その結果滅びへと向かって行きました。  あなたは今「神の細き御声」に耳を傾けていますか。
人のことばでなく、神のみことばを優先すべきです。

「順境の日には喜び、逆境の日には反省せよ。これもあれも神のなさること。
それは後の事を人にわからせないためである。」
 (伝道者の書7章14節)