2015年11月8日(日)

「ゆるしなさい」

聖書箇所:ルカの福音書 23章33節~34節

Ⅰ.思いどおりにならない人生
私は小さい時から、頭のいい人になりたい、強い人になりたい、人に負けたくないと思っていました。
しかし、何をしても姉や兄には勝てませんでした。 負けん気だけは強く、よく泣いていました。
小学生になると、自分のことがわかってきました。 頭が悪く、弱く、友だちがとても優秀(ゆうしゅう)に見えました。 小学生時代の通信簿(つうしんぼ)には 「やることが遅い」 と書かれていました。
絵を描かせても、粘土で作らせても時間が人一倍かかりました。 「丁寧(ていねい)ですが、遅い」と評価されていました。 こんな子どもがひとりでもいれば、当時の先生たちは大変だったことでしょうね。 人生って自分の思いどおりにならず、苦しいことばかりです。 しかし、自死(じし)してはなりません。 どんなにつらく苦しいことがであっても、自分の命(いのち)を奪ってはなりません。

Ⅱ.イエスさまとの出会いは、何にも勝る恵み
私は自分が望んだ人生よりも、もっとすばらしいそれに出会いました。イエスさまとの出会いです。イエスさまは神であり、救い主です。 イエスさまが私を愛しておられることを知り、人生が変わりました。
「私の目にはあなたは高価(こうか)で尊(たっと)い。私はあなたを愛している」(イザヤ書43:4) と神さは言われます。 神さまは「生きていてよかったね。 これからも生きるんだよ。」 と励ましておられます。 イエスさまに出会い、私は初めて互いに愛し合うこと(仲良くすること)の大切さを知りました。

Ⅲ.十字架の死・・・罪を赦(ゆる)されたイエスさま
イエスさまが十字架につけられたわけは、神さまを「お父さん」 と呼んだことです。 きよい神さまをばかにしたというのです。 イエスさまはローマ人の兵士たちからばかにされました。 頭をたたかれ、顔につばきをかけられました。いばらの冠(かんむり)を頭にかぶせられ、裸にされて鞭打(むちう)たれました。 皆さんが悪口(わるぐち)を言われ、頭をたたかれ、顔につばきをかけられたら、皆さんは怒(おこ)りませんか。 お友だちからいじわるをされたら、あなたはどうしますか。 上履 (うわば)きをゴミ箱に捨てられたらどうしますか。 あなたを傷つけた人をうらみ、お返ししないでしょうか。
イエスさまは十字架の上で激(はげ)しい痛みに襲われました。 その苦しみの中にあっても、しかしイエスさまはだれに対しても悪口(わるぐち)を言い、憎(にく)しみを抱くことはありませんでした。
イエスさまは自分を傷つけ十字架につけた人々の罪を赦(ゆる)してほしいと、父なる神に祈られました。
 「父よ。彼らをお赦(ゆる)しください。 彼らは、何をしているか自分でわからないのです。」(34節)

【 結 論 】  
あなたがお友だちから傷(きず)つけられたとき、あなたがそのお友だちの罪を赦(ゆる)すなら、あなたは祝福されます。 イエスさまがあなたの罪を赦 (ゆる)されたように、あなたもお友だちの罪を赦(ゆる)しましょう。