2013年12月1日(日)

「ベツレヘム」

聖書箇所:ミカ書 5:2

Ⅰ.ベツレヘム
ベツレヘムはイサクの息子であるヤコブの時代には、「エフラテ」 と呼ばれていました。ヤコブの妻であるラケルは、ここに埋葬されました (創世記35:19)。 そして、この 「エフラテ」は、カナン征服後に 「ユダのベツレヘム」 と呼ばれるようになりました。 この町はルツの義理の父エリメレクと夫であるボアズの故郷でした (ルツ記1:2,2:4)。 ルツとボアズの曾孫に当るダビデの生まれ故郷でもありました。 ダビデはここで父の羊を飼いながら成長しました。預言者サムエルに見いだされ、彼から王として油を注がれました (Ⅰサムエル記16:13)。この出来事があってからは、ベツレヘムは 「ダビデの町」(ルカ2:4、11) として知られるようになりました。

Ⅱ.ダビデの町
「ダビデの町」 とはエルサレムのことでもあります。 ダビデがエブス人の町であり、難攻不落と言われたシオンの要害を取り、この町をダビデの町としたからです (Ⅱサムエル記5:7)。
しかし、新約聖書によると、「ダビデの町」 とはベツレヘムのことを指しています (ルカ2:4)。ダビデの時代以後、この町は 「ユダの氏族の中で最も小さい」 町となっていきました。 再び脚光を浴びるのは、預言者ミカの時代からおよそ700年後のことでした。 ミカの預言  (ミカ書5:2) は成就し、この町で救い主イエス・キリストが誕生されるのです。

Ⅲ.ミカによるメシヤ預言
預言者ミカは、南王国ユダの3人の王 (ヨタム、アハズ、ヒゼキヤ) の時代に活躍しました。この時代、アッシリヤはアラムの首都ダマスコを陥落させ (B.C.732年)、 北王国イスラエルの首都サマリヤを陥落させました (B.C.721年)。 さらに、アッシリヤの王セナケリブは南王国ユダをも陥落させようと攻撃して来ました (Ⅱ列王記18:13-19:36)。 このような状況の中にあって語られているのがミカによる預言です。 アッシリヤによる攻撃と敗北の原因は、ユダとエルサレムの罪の結果であると警告しています。 以前の繁栄の中で政治的、倫理的、宗教的に堕落して、神の御前に罪を犯している南王国ユダの上に、神のさばきが近づいていることを告げています。 のちにバビロンによって南王国ユダは滅ぼされますが、その中で一筋の光(救いの希望) として与えられているのがメシヤ預言です。 暗闇の中で、ユダとエルサレムの人々はどれほど光である救い主 (メシヤ) を待ち望んだことでしょうか。

【 結 論 】
この時代、豊かな物を享受している私たちですが、心の中に平安はありません。不安や恐れや怒りに満ちています。 ミカの預言が成就したように、神は誠実に約束を果たされるお方です。 ベツレヘムのイエスさまは、あなたと私の救いのために、お生まれになられたお方です。救い主イエス・キリストのお誕生を心から待ち望みましょう。

「 あなた (ベツレヘム) のうちから、わたしのために、イスラエルの支配者になる者が出る。」(ミカ書5:2)