2015年12月6日(日)

「あかし人ヨハネ」

聖書箇所:ヨハネの福音書1章6節-8節  

Ⅰ.神から遣わされたヨハネ
洗礼者ヨハネは私たちと同じ人間です。しかし彼はイエス・キリストをして「女から生まれた者の中で、バプテスマのヨハネより優れた人は出ませんでした」と言わしめた人物です。彼は神さまから遣わされました。イスラエルの民も彼が天から下って来られた神の預言者であると信じていました。

Ⅱ.光をあかしするために遣わされたヨハネ
ヨハネは、なぜ人々の前に現れたのでしょうか。彼は光について証言するために遣わされたのです。光であるイエス・キリストをあかしするために来ました。イエス・キリストは旧約聖書で預言されているメシヤ(救い主)として、天から降られた神の御子であると、証言するために来ました。証言とは、証人として出廷した者が、目撃したことや体験したことなどが真実であり、嘘偽りがないと誓うことです。彼は「イエス・キリストはまことの神であり、救い主である」とあかしするために、神から遣わされました。彼は自分自身が人間であることを自覚していました。もちろん自分が光でないことも重々承知していました。イエスさまが主人公であり、主役であり、自分自身は常に脇役であることをわきまえていました。彼は自らが光そのものではないことを知っていました。そして光であるイエスさまを常に盛り立て、自分はイエスさまの陰に隠れて、目立たないように振る舞うのです。ここにヨハネの偉大さがあります。

Ⅲ.偉大な人間であるヨハネ
洗礼者ヨハネが素晴らしいのは、彼がイエス・キリストの偉大さを認めて「私のあとから来る方は、私にまさる方である。私より先におられたからである。」(15節)と証言したことです。「私はその方のはきものを脱がせてあげる値打ちもありません。」(マタイ3:11)と告白して、イエスさまに謙遜に仕えました。
本日の公同礼拝において、洗礼を受けられる4人の若い兄姉たちも信仰に燃えています。聖書を読み、祈り、人々に福音を伝えたいと抱負を語っております。これからの教会は若い方々の力によって支えられ築かれていくのです。新しく群れに加えられる皆さんやこれから信仰が成長していく若い方々、そして子どもたちがこれからの教会を担っていかれるのです。

【 結 論 】
あなたもイエスさまのあかし人となるなら、あなたの人生にも洗礼者ヨハネのように不思議が起こるのではないでしょうか。彼はイエス・キリストのあかし人としてキリストに仕え、祝福された人生を歩みました。天の御国の祝福にあずかる者は、ヨハネよりももっと偉大であることを、イエスさまは明らかにしておられます。

「まことに、あなたがたに告げます。女から生まれた者の中で、バプテスマのヨハネよりすぐれた人は出ませんでした。しかも、天の御国の一番小さい者でも、彼より偉大です。」(マタイ11:11)

救い主のご降誕を待ち望みましょう。