週報より~責任に伴う落とし穴~

社会でも出世するに従って横柄になったり横暴になる人をしばしば見ることがあります。これはその人が本来もっている未熟さから高慢という名の落とし穴に落ちている状態です。自分が人より優れていると優越感に浸ることも自信をつけるという意味でたまには良いかも知れませんがそういった感情は麻薬のようなもので人間関係での細やかな感性を麻痺させてしまいます。自分が得た立場以上にその責任を自分の力では果たせないと自覚し、支えてくれる人々に感謝しつつ神様を仰ぎ見るリーダーは遜り堅実に歩むことが出来ます。しかし未熟なまま立場を得てしまうことは旧約聖書のサウロが通ったような道を歩んでしまうケースも多いでしょう。彼は自分よりなにか秀でたものが許せないばかりか味方であるダビデを敵と見なして命をつけねらいました。もちろんダビデの対応が完全であったとは言えませんがサウロは王であり神様に従うことをもっと知っていれば歴史は変わっていたことでしょう。ダビデはその点悔い改めることを知っていましたがそれでも失敗したこともあります。聖書を見るとモーセやダビデ、ヤコブやアブラハムなど大きな働きをした人物ほど大きな試練を何年も時には何十年も通過してそこで砕かれ遜り、神様を信頼することを体験的に学んだ上での働きがあることを見いだすことが出来ます。今用いられていると思うならばそれを感謝し遜りましょう。また今なにも出来ていないと不満や焦り諦めを覚えているならば神様を見上げて状況に左右されないバランスのとれた品性を身につけましょう。賜物はすぐに身につきますが優れた品性はそう簡単には身につかないからです。また優れたクリスチャン品性は何物にも勝る宝だからです。人のつけた肩書きよりも神様にしっかりと目を留めて歩みましょう。 [Read more...]

週報より~イースターの朝から~

イースターおめでとうございます。イースターはイエスキリストの十字架による死から3日目に復活されたその復活を特にお祝いする復活祭として世界中の教会でお祝いされている記念日です。特に教会としてはクリスマスと並び意義深いものであり教会が聖霊によって力強く進んでいくことを告げられた日、まさに方向性が示された記念すべき日になります。その後聖霊が下り初代教会は爆発的な勢いで宣教を進めていきました。当時激しい迫害の中にあっても人々が信じ、変えられ、また宣教にあらゆるかたちで関わっていくように導かれたのはこの復活が真実であり、聖霊が与えられていたからに他なりません。人は真実のためには命をかけることが出来るからです。もしイースターの出来事が弟子達のでっちあげだったら迫害の中でキリスト教は終わっていたことでしょう。イースターの朝から世界はまさに大きな転換の時を迎えて現在に至るといってもいいと思います。イエスキリストを信じ、聖霊によって導かれたクリスチャンが科学や文学などあらゆる分野において歴史的に素晴らしい功績を残しています。そこには自分の利益だけを求めるのではない素晴らしい品性があり、その根底に聖書からの教えがしっかりと備えられていることを見いだすことが出来ます。またこれからの時代を担っているひとりひとりが信仰にしっかりと立ち、聖霊様に助けを求め、歩んでいく時に私たちの想像を遙かに超える御業を見ることになることでしょう。初代教会の働きを書いている使徒行伝は別名聖霊行伝と言われています。聖霊の働きは初代教会だけでは終わっていません。今もそしてこれからも続いていきます。主に期待し祈りつつ進んでいきましょう! [Read more...]

週報より~それぞれのベスト~

子供達と話をしていると「どっちが強い?」「どっちが偉い?」といった質問がよく出てきます。確かに上か下かの上下関係はわかりやすいかも知れません。しかしそういった考えに基づいて聖書を読み解いていくと女性軽視の当時のユダヤ社会の思想までの解釈しか出来ない箇所が出てきます。旧約にもあることですが特に新約聖書から女性の活躍は大きなものがありイエスキリストと教会の関係を夫婦関係に例えるなど男性と女性の関係は聖書の語る中核であり奥義であるといっても過言ではありません。そのどちらかが軽視されるということ自体が聖書の語っていることから逸脱しているといえます。ただ聖書はそれぞれの働きの違い。ポジションの違いについての認識を明記しています。サッカーでいうならばフォワードとディフェンダーはどちらも大事です。点をとるからフォワードが偉くてディフェンダーが下ということはありません。それは適材適所でありどちらもいなければチームとして成り立ちません。もし11人全員がフォワードで敵ゴール前にいたらどうなるでしょうか?おそらく試合にすらならないでしょう。大切なことはそれぞれの場所でベストを尽くすことが大切です。誰が上とか下ではなくみんなで共に神様を見上げ、従っていく時にそれぞれの素晴らしいところを見事に引き出し、ひとつにしてくださる神様の御業を体験することが出来るでしょう。自分は神様に愛されてる。そして必要とされていると自信を持って歩んでいきましょう! [Read more...]