主が来られる心~イザヤ59:20-21

街が徐々にクリスマス仕様に変わっていく中で大切なことを忘れていないか見直してみたいと思います。クリスマスとはイエス・キリストの誕生を祝う時です。この部分において日本においてかなりずれがあるように感じます。主人公不在の誕生日会をするようなことをせずにしっかりとその意味を知っていくことが大切です。 イエス様が来られたのは私たちを救いに導くため、また福音を伝えるためでした。そしてその道を整えるためにバプテスマのヨハネが現れました。バプテスマのヨハネは悔い改めのバプテスマを持ってイスラエルの民の心を整えました。この心こそが神様との関係を正していくうえでとても重要な土台となります。 イザヤ書59章を見る時に捕囚となってもその場所で神様に立ち返り、悔い改めるならば主がそこに来てくださることが書かれています。神様の前に罪がない人はひとりもいません。ですが神様の前に罪を認め、悔い改めた心で出ていくということがなかなか出来ない現実があると思います。他人と比べて自分のほうがマシだと思ったり、自分の事は棚にあげたり私たちはしがちです。ですからイエス様は他人の目の塵をとろうとする前に自分の目の梁を取り除くように教えられました。それほど自分の事を正しく見るのは難しいものなのです。 しかし、聖書を見ていくなら罪とは何か、なぜ救いが必要か、神様の愛がどれほど大きいのかということを知るようになります。知ることと体験していくことは違います。自分と神様との関係を正し、悔い改めた心を持ってこの季節を歩んでいきましょう。 [Read more...]

キリストから流れる信仰~ピリピ2:1-5

イエス・キリストはほかのだれも現わすことの出来ないほど大きな愛を私たちに現わしてくださいました。時に反面教師というケースもありますが、基本的に人は愛を受けたようにほかの人にも流し出すことが出来るものです。その中で人間の限界があったり、自分が分かるような表現でない場合もあるでしょう。イエス・キリストの愛は私たちの罪の身代わりとしての十字架の愛、そして復活してくださったことを通して私たちに永遠の希望を与える愛です。 このことによって罪から来る報酬は死という枠の中から私たちは出ることが出来るようになりました。それは死から命へ、闇から光へ、滅びから救いへというおどろくべき転換です。そのような大きな恵みをイエス様は私たちに与えてくださいました。それを受けるかどうかは私たちの決断です。そしてその愛を受け、主の愛の慰めを受けたら私たちはどのように進んでいくのでしょうか?ピリピ2章にはそこから御霊の交わりがあり、愛情とあわれみがあるなら~一致を保ち、同じ愛の心を持ち、心を合わせ、志をひとつにし~と続いていきます。この心を合わせることや志をひとつにすることは本当に大変なことです。それをするための鍵がイエス様から励ましを受け、愛の慰めを受けること、そして聖霊様との交わりの中で導かれていくということが分かります。そして主が私たちを愛してくださったように私たちが互いに愛し合う時に多くのことが可能となっていくのです。間違い探しの生き方から一致を探す生き方に変えられていくのです。イエス・キリストから流れる愛、恵み、喜びをしっかりと受け止め、体験し、日々創り変えられていきましょう。 [Read more...]

理解と確信の違い~IIコリント1:12-16

 ラグビーワールドカップで様々な感動が日本に沸き上がりました。歴史上初めての決勝トーナメントにおいて世界の厚みを体験しましたが予選リーグにおいては全勝で上位の国から大金星を挙げて世界でも話題となりました。 アイルランド戦やスコットランド戦に臨む時に選手達は一週間ほど「絶対勝てる」と自分達に言い聞かせていたそうです。その期間というのは世界であらゆるデータ予測、主観的な予想が飛び交っていました。自分達の過去のデータから来る勝てる可能性という理解よりも選手達は確信に立とうとしていました。 その確信は気後れしたりすることなく最善の動き、判断をすることにつながった思います。 聖書を見る時に前人未踏の試練や問題の中で信仰の確信にあるいは立ち、また従順に神様のことばに従うことによって前進していったケースは数多くあります。 ここには神様に対する理解ということよりも理解出来なくても信頼して従う姿勢、また誠実な関係、理解し合おうとする情熱などがあります。特に新約聖書においてはパウロの宣教旅行の範囲を見ても分かるように様々な地域、文化の中に建てられた教会の中で働きが進められています。ここには主にある一致、天国の価値観に立とうとする視点の転換がありました。理解よりも信仰の確信がうえをいっていました。心を柔らかくして神様の時、方法で歩めるように備えていきましょう。 [Read more...]