迫害を受けている地 レバノンで。

レバノンで。「この地域のキリスト教徒は生命の危機に晒されながら生活している」と報告された。現地でイスラム教徒が勢力を広げ、イスラム教原理主義武装組織ヒズボラが活動していることが原因であるという。 使節団の報告によると、現地の福音主義キリスト教指導者たちは「非常に苦しい状況の中にある」「迫害が続き、恐怖に怯えて生活している」と使節団に訴え出た、HPより お祈りします! 明日は礼拝!自宅で10:30~です       noe