Welcome! Joyful Praise Church!

ジョイフルプレイズチャーチHPへようこそ!

私達の教会はプロテスタントに属するキリスト教会です。

神様の愛に包まれ、聖書を土台として健やかな人生を共に歩みましょう!

↑Worship Live

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]
LINEで送る

ゆるぎない神様の愛~ヨハネ3:16

聖書の教える希望の土台は神様の愛です。私たち人間の愛は条件付の愛ががほとんどです。しかし神様の愛は無条件の愛です。ギリシャ語では愛ということばをフィレオー(相互的な兄弟愛)、ストルゲー(親子の愛、家族の愛)、エロス(男女間の愛情)という人間のレベルのものとアガペー(無条件の愛、永遠に続く愛、究極的な愛)というように愛という同じようなことばでも使い分けています。
私たちが日常で使う愛ということばも限定的、条件的なものが多いと思います。ですから神様の愛を理解しようとする時に自分の慣れている感覚で理解しようとすると「受ける価値がないから」という感じで素直に受け止めることが出来ないことも多いと思います。神様の愛をありのまま受け入れるということは、今の自分を受け入れるということにもなります。そして神様にあって今の自分を変えていくというエネルギーもそこから自然に湧いてくるようになるプロセスを通ります。神様に依り頼む時に私たちは本当の意味での自由を理解し、また体験出来ます。何かに依存したり、捕われて生きるのではなく、自分で良いものを選択出来る価値観、周りと比べるのではなく、神様にある自分という価値観です。このすべては繋がっていて真理はあなたを自由にすると書かれているそのみことばの通りに多くの解放があります。諦めではなく希望があります。イエス・キリストにあって赦され、愛されていることをしっかりと受け止めて、決してゆるぐことのない希望を見いだしていきましょう。

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]
LINEで送る

永遠に続く希望~ローマ5:5

主の年2021おめでとうございます。
この年も予想出来ないこと、いろいろなことが起ると思いますが神様に信頼し、永遠に続く希望をしっかりと握って歩んでいきましょう。

聖書がいう希望は未来予測をして安心、安定があるかという基準のものではなく、また楽観的指向ということでもありません。聖書が教える希望とはイエス・キリストにある救い。信仰の完成へと導かれる過程、地上での苦しみは終わりがあるという希望、再臨の希望、永遠のいのちの希望、そして受けるにふさわしくない好意、憐れみを神様の恵みとして受けることが出来るということまで含まれます。

神様によって集められた者達、これが教会の原点です。そしてそこに神様の愛が注がれ、聖霊が与えてくださる導きに従っていく時にこの希望は確信を増し加え、豊かに拡大していきます。目に見える状況がどのような状況になったとしても永遠に続く信仰にある希望は変わることはありません。

この新しい一年を神様に信頼し、期待し、いよいよひとつとされて歩んでいきましょう!

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]
LINEで送る

心を合わせて歩む

激動の2020年ももうすぐ終わりを迎えようとしています。密にならないようにという配慮とともに様々な分断や寂しい思いをする方も増えているのではないでしょうか。

 そのような状況の中であっても聖書のみことばに立ち、心を合わせ、共に集まるということはとても大切です。集まりにくい状況の中においても時間を合わせ、交わっていく中でその中に働かれる主を歓迎していくことは信仰を保ち、成熟していくうえで重要です。神様に呼ばれた者達の集まりをギリシャ語でエクレシアと言います。本来の教会の意味であり意義です。その歩みの中で私たちは神様の道を発見し、そして歩み出すことが出来るようになります。

神様が私たちに今年注いでくださったひとつひとつの恵みを思い起こしてみましょう。また思いがけない出来事も思い起こしてみましょう。そこを通ったからこそ分かる事柄、また受け取れる恵みが必ずあります。困難を通ることはその中で幸せの沸点をさげてくれます。そんな地上的な視点に加えて私たちが生かされていて主にある救いの中にいることに気がつくことが出来ることは幸いなことです。

どんな時も主の恵みに留まり、主にあって歩んでいきましょう。

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]
LINEで送る