善を持って悪に打ち勝つ~ローマ12:16-21

ローマ12章はその1章の中に多くの重要なことが凝縮されています。人間関係において難しい事柄について実にわかりやすく書かれています。「復讐は神のすることである」と聞いたことがある方もおられるかも知れませんがそのことばのエッセンスの元はローマ12章後半に書かれていることです。しかしそこだけ見るととても怖く思いますがその前後を見ると明確に愛が書かれています。
敵が飢えているなら食べさせ、飲ませなさいとあります。戦国時代において武田信玄と上杉謙信の関係を表すことばとして「敵に塩を送る」ということばがありますが単なる敵対関係ではなく、お互いをリスペクトする姿に多くの方が感銘を受ける出来事です。
私たちはそのように相手を尊敬しあう関係を本来望んでいるのです。聖書には私たちが互いに平和を保つことについて記していると同時に一方的に我慢を強いられるのではなく、その報いは神様がして下さるという慰めがあり、またお互いに足りないものであることを知ることで一方的に相手を責める自己中心から守られることを教えています。神様の前に立つ時に完全な人はひとりもいません。しかしそれぞれに正義があり、通したい筋があるわけです。そのような問題に対して聖書は愛を土台とすることで繋がっていくことを教えています。
日々の生活の中でこのみことばを土台とし、みことばのうちに留まる者となりましょう。

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]
LINEで送る