Welcome! Joyful Praise Church!

ジョイフルプレイズチャーチHPへようこそ!

私達の教会はプロテスタントに属するキリスト教会です。

神様の愛に包まれ、聖書を土台として健やかな人生を共に歩みましょう!

↑Worship Live

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]
LINEで送る

神の民とされる~Iペテロ2:5-10

地球には多くの国々があります。その数は束によって異なることを考えたことはあるでしょうか?

日本が国として認めている国は196カ国あります。しかし国際的に多くの国が認めている国というのは194カ国になります。身近なところでいうと台湾の扱いなどで変わってくるのです。日本はコソボやクック諸島、ニウエを国として認めています。

国として認める認めないという問題はその地域が国として成り立っているかということに加えてそれを周りの国が認めるかという問題があることがこれらのことから分かります。12ほどの地域がこのような国によっては認めているけども圧倒的多数の国からは認められていないというのが現状です。

しかしその承認されていない国であってもなんらかのルールに従って統治されていることがほとんどです。

聖書には神の国、また神の民とされるということが書かれています。国籍があるということは国外に行ったとしても保護されたり大使館にいくことで自国の法律に基づいて取り扱われたりということがあります。これは国籍というものから来る保護です。イエス・キリストを救い主として信じるということは永遠に続く天の御国の国籍を与えられるという見方もあります。神の民とされ、そして祈り、主と交わることが出来る特権を理解し、主の前に整えられていきましょう。

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]
LINEで送る

聖書の書かれた意味~ローマ15:4

すべての物には意味があります。コップには飲み物を入れるという意味があり、カップは暖かいものを入れるため、取っ手は持ちやすくしたり、装飾として美しく見せたいという意味合いがあったりします。本にも何かを知って欲しいという意味合いや自分が発信したいこと、共感してほしいことなどなんらかの意味があって書かれていることがほとんどでしょう。
では聖書が書かれた意味とはなんでしょうか?それは大枠でいうならば私たちに希望を与えるためです。ローマ人への手紙15章には《昔書かれたものは、すべて私たちを教えるために書かれたのです。それは、聖書の与える忍耐と励ましによって、希望を持たせるためなのです。》とあります。つまりどんな状況においても忍耐出来るための力が与えられること、また励ましを与えるために書かれているというのです!また聖書はただ書物として読むだけではなく同じ聖書を信じる人々同士のつながりを通してより実際的に支えられ、励まされ、互いに高め合うことが出来るように生きた読み方が出来るのです。頭にいれると共に心で信じ、そして人生の歩み方が変えられていくならば必ずその歩みの中に神様の導きがあり、ご計画があることを知ることが出来る時がきます。主に信頼し、主に導かれていきましょう!

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]
LINEで送る

ゆるぎない神様の愛~ヨハネ3:16

聖書の教える希望の土台は神様の愛です。私たち人間の愛は条件付の愛ががほとんどです。しかし神様の愛は無条件の愛です。ギリシャ語では愛ということばをフィレオー(相互的な兄弟愛)、ストルゲー(親子の愛、家族の愛)、エロス(男女間の愛情)という人間のレベルのものとアガペー(無条件の愛、永遠に続く愛、究極的な愛)というように愛という同じようなことばでも使い分けています。
私たちが日常で使う愛ということばも限定的、条件的なものが多いと思います。ですから神様の愛を理解しようとする時に自分の慣れている感覚で理解しようとすると「受ける価値がないから」という感じで素直に受け止めることが出来ないことも多いと思います。神様の愛をありのまま受け入れるということは、今の自分を受け入れるということにもなります。そして神様にあって今の自分を変えていくというエネルギーもそこから自然に湧いてくるようになるプロセスを通ります。神様に依り頼む時に私たちは本当の意味での自由を理解し、また体験出来ます。何かに依存したり、捕われて生きるのではなく、自分で良いものを選択出来る価値観、周りと比べるのではなく、神様にある自分という価値観です。このすべては繋がっていて真理はあなたを自由にすると書かれているそのみことばの通りに多くの解放があります。諦めではなく希望があります。イエス・キリストにあって赦され、愛されていることをしっかりと受け止めて、決してゆるぐことのない希望を見いだしていきましょう。

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]
LINEで送る