思わぬお電話に

こんにちは、今日以前石材の仕事でお世話になっていた牧師先生からお電話を頂きました。 本当にご無沙汰していたのですが 当時立てたお墓を見て「こんなデザインのが立てたい!」と言われた方がおられたそうで いろいろと調べてご連絡してくださったそうです。 本当にうれしい出来事でした。 丁度今離職中なのでできるだけお役に立てるなら当時の仕入れ先等にも聞いて見て力になれたらと思います。 神様はもしかしたらまた石材の仕事をするように導かれているのかも知れないと思い少し祈り始めています。 実際10年以上のキャリアのある業種ですし、実際北海道から沖縄まで仕事で飛び回っていた実績もありますし・・・ただ実際の需要がどれほどあるかですが でもせっかく今真っ白なキャンパスが目の前にあるわけですからありきたりな絵を描くよりも神様が自分に与えて下さったカラーで自分にしか描けない絵を描き出すチャンスなのかも知れません。 単立で0開拓をしている時点でかなり個性的ではあると思いますが(笑 でも実際やって見ると外から見るよりもとても充実していて(一般的には大変ということ! また恵みも本当に多いのが開拓ですね。 そしてメッセージで理想的な聖書のみことばを語るのではなく 実際このようなピンチをチャンスに変えていく信仰の歩みを実践したいと願います。 是非多くの方に祈り支えて頂ければ幸いです。 [Read more...]

とりあえずバイト!

こんにちは、今日はリハビリして念のためハローワークで失業保険給付の手続きの段取りをしに行ってきました。 いつも同じ方を希望して相談しているのですが 朝6時半から晩9時までの交通調査のバイトが丁度あるよ~と教えてもらうことが出来ました。 こども達を新見で少し預かってもらえそうなのでnoeと2人で19日一日行ってくることにしました。 少しでも出来る仕事があってよかったです

週報より

私たちは常に変わっていく状況の中で成長したり、また時には後戻りしたり、変化しながら生活しています。でもいつの間にか自分の頭の中で決めつけてしまっている物事や、この人はずっとこうだとかあたかも普遍のもののように思いこんでしまってそのことから自分が抜けきれない時があります。  サウロの改心は当時のクリスチャン達にとってものすごく衝撃的な出来事だったことでしょう。つい先日までは自分たちを捕らえて牢につなぐために血眼になっていた人物がクリスチャンになってしまったというのですから何か裏があるに違いないと誰もが思ったことでしょう。事実サウロは祭司長から今の私たちがクリスチャンと呼んでいるような人々を誰でも捕らえる権限を授かっていたのです。しかし、イエス様ご自身がサウロに現れ、彼を改心に導かれたのです。この変化は後に歴史を大きく動かすことになりました。サウロと呼ばれていたこの人はクリスチャンになりパウロと呼ばれるようになりました。この変化はサウロはヘブル語読みでそのギリシャ語読みがパウロというらしいですが深い意味的にいうとサウロは大物を意味し、パウロは小物を意味すると学びました。まさに主にあってへりくだった姿がそこにあったのでしょう。またユダヤという限られた範囲に留まらないローマまで宣教にいったり、異邦人に宣教していった彼の生涯を象徴するかのようにギリシャ語名で呼ばれるようになったのかも知れません。そしてその名に恥じない働きを彼は行いました。その根底には明確な信仰が息づいていたことを私たちは歴史から、また聖書から知ることが出来ます。私たちもパウロのように明確な改心を持って主に立ち返っていきたいですね。  [Read more...]