保険の到着

こんばんは、申請していた保険の延長手続きがやっと出来たようで今日しばらくの間の保険証が届きました。ちょうどない期間にいろいろとあったのでこれで安心です。 普段意識してないようなものでもなくなって初めて価値が分かったりすることは多いですね。 今日一日元気で仕事もしてくることができて感謝します。 そして家で家族も元気に過ごせていたことに感謝しま~す。

雨降り

こんばんは、今日は午後から雨降りでちょっと寒い日でしたね。 まあ最近12月なのに結構暖かいというか12月らしくない気温だったような気もしますが 今日は年内に詰め替えの消化器を延々と詰め替え準備と廃棄分を解体しまくりな一日でした。 昨日半日も同じことだったのでさすがに腕が疲れてます。さすがになまっているな~と実感しました。今年も残すところあと3日の出勤となりました。無事に終えることが出来るようがんばってきます。

週報より

世界で最初のクリスマスは東方の博士達や羊飼い、そして天使達の賛美や来訪によって祝福された厳かな時でした。しかし2000年経った現代においては世界中で祝われている一大イベントになっています。私たちの住んでいる街においてもイルミネーションを始め様々な飾り付けで祝われていますが、それがただめでたいものではなく、自分自身という一個人としてどれだけの意味があることなのかどれだけの人が考え、また理解しているでしょうか?今日の聖書箇所には神のことばがますます広がり、そして多くの祭司たちが信仰に入り、弟子の数が非常に増えていったとあります。クリスマスというひとつのお祭りのファンはとても多いでしょう。しかしクリスマスの主役であるイエス様の弟子としての歩みをそこから始める方はどれくらいいるでしょうか?イエス様は幼子として誕生され、十字架と復活によって私たちを暗闇の支配から解放するため、罪を赦し天国への鍵を与えるために歩んでくださいました。私たちはその恵みの偉大さの故にクリスマスを祝うのです。そしてイエス様に習い愛と赦し、知恵と力に満ちた歩みをするように努めるのが正しい応答だと思います。多く赦された者は多く愛するようになると聖書にある通りです。祭司達も信仰にはいっていったと今日の箇所にありますがそれは十字架につけるために感情をあらわにしていた祭司たちも多く含まれていたことでしょう。その自分の罪を認め、また新しい歩みを始めることはまさに生まれ変わったような転機だったことでしょう。そのような素晴らしい転機が私たちにも与えられていることを知り、そして更にクリスマスの意味を味わい、体験していきたいと願います。 [Read more...]