パワーフォーリビング

最近巷で話題になっている本、パワーフォーリビングを教会で配布できるようになりました。 最近の風潮で個人情報うんぬんの心配をしてほしいけど連絡できなかった方も多いのではないでしょうか? そういった方たちのためにもこの素晴らしい本を読んでいただきたいとただ今勉強会等企画中です。もちろん参加された方にはテキストとしてこの本をプレゼントします。 この本を作って下さった財団のハートを受け止めた趣旨でしたいので参加費は一切かからないようにしたいと思っています。 また出張勉強会も希望される方がおられたら行いたいと思います(もちろんいつでもOKというワケにはいきませんが(笑) また岡山近辺で本がほしいという方もお気軽にご連絡下さい。 基本として一世帯につき一冊となります。

留まってみて分かること

こんにちは、昨日は交通量調査のバイトに朝5時起きで行ってきました。かなり長時間の仕事でしたが1カ所にずーっといて街を見るのって初めてだったような気がします。 それでいろんなことに気がつかされたワケですが 普段混んでるな~っって思う時と 空いてるな~って思う時と 実は1時間数え続けると混んでる時で400台だとすると空いてると感じるくらいな時でも250~300くらいは通っていたりするのです。 自分の感覚だと半分以下に感じるものですが実際結構違うんですよね。 自分の感覚と実際のデータでこんなに違いがでるものなのか~と 一カ所に留まって見ることで体感的に分かってよかったです

2人でバイト!

今日は一日早朝から夜の九時まで!夫婦でバイトしてきました。2人とも初!交通調査! 結構楽しくて2人並んで道路脇で一日中やってきました。新しい出会いもあり@それが一番嬉しかった又連絡くれるといいな~* でも主人はやっぱりきつかったのかな・・首のヘルニアのとこがかなり痛くなって・・帰りも私が運転しました。ライトとワイパ~と間違えたりしたくらいで*ー*無事帰宅~^^打てないパパの代わりに書いてます。 今あったかいお風呂入れてるので後はゆっくりしてね、 では今週も週報のコラムをどうぞ~* 神様はその時々において様々な人を用いて御業を前進させられます。今回の聖書箇所においては使徒として迫害を耐え忍びつつも力強く働くペテロの姿があります。 宣教の大きな歴史の中ではペテロとパウロが結果的に大きく用いられているように見えますが、パウロがバルナバと共にタルソに行き養成期間を送っている時にペテロは各地で素晴らしい働きを展開しています。 主のなさることは時にかなって美しいと旧約聖書にありますがまさにそのようにひとりひとりの働きが繋がって宣教は休むことなく現代まで引き継がれています。時には迫害の中で祈り、時には大々的に華々しい働きがありました。 またその中で人間としての未熟さや弱さからくる失敗も歴史の中でありました。 しかしそのすべてを超えて多くの働きが今の時代にも展開されています。 最近テレビコマーシャル等でも取り扱われているパワーフォーリビングという本がありますが、この本をつくってくださった財団は創始者の遺言に従い200億円を超える予算で無償の働きとしてこの本を日本の家庭に届けるということを展開してくださっています。 これから教会が大々的にこの本を用いて宣教できる時期になりますが誰がそんな大金をなんの見返りもなく使えるでしょうか?私たちが1生かかってもとても稼ぎ出すことができないような金額を使ってひとりでも多くの人に福音を伝えたいという思いだけでその事業がなされたのです。今私たちの身近にある驚くべき働きということもできると思います。しかしその原動力である神様の愛と赦しは私たちも実践することができるのです。 私たちが神様の愛に本気で応えようとするときに金額や働きの大小に関わらず天において大きな報いがあるのです。 [Read more...]