KGKとは?

  KGKとは、キリスト者学生会「Kirisuto-sha Gakusei Kai」の頭文字をとった略称です。KGKはキリスト者(=クリスチャン)学生の交わりであり、その中心となる活動場所は各学校のキャンパスです。自分が入った学校に神様によって遣わされていることを覚え(派遣意識)、そこでどのようにキリスト者として生きるべきかを考え行動すること(全生活を通しての証)がKGK運動の原点です。
  同じ学校(大学、短大、専門学校、高専)に遣わされたキリスト者同士で、学校の中で祈り会や聖書研究会を開き、聖書に興味のある人たちと共に学び、交わりの中で福音を分かち合います。KGK運動は、学内にたったひとりでも、祈りから始められます。キリスト者として学生時代に主の働きを担いたいという願いを持つ方は、ぜひご連絡ください。

KGKスピリット

  KGK運動は全国に広がっていますが、学生によって、学校によって、地区によって、活動の様子は違います。しかしどこにおいても、以下のスピリット(精神)を持つとき、私たちは「KGK運動」をしているのです。

KGKの三本柱

福音主義
  聖書を誤りなき神のことばとして信じる聖書信仰を土台としています。
超教派
  福音主義に基づいた諸教派、諸教会から祈り派遣された者で、お互いの教会を尊重し、福音宣教のために協力します。
学生主体
  新しく造りかえられた者として、神の召しに学生自らが応答し、責任ある活動と継承をします。

ページのトップへ戻る