少しでも長生きしたい

公開済み 9月 3, 2017 by 管理人 in アドナイ・エレ

~ノアは良いな~

長男家族が帰省してきている間、一緒に外出するとき孫たちは私たちの車に乗り込んできます。長男夫婦は孫たちが車の中でうるさくしてるんじゃないかと心配しているようですが、昔と違い今はもうみな随分しっかりしてきて、おとなしく話をしたり、賛美をしたりしています。

先日は車に乗ってしばらくすると、突然5年生の長女が「ノアは良いな~」とか言い出しました。どうしてって聞くと、「だって、ノアは600歳以上生きたんでしょ。」と言って、ノアの長生きを羨ましがってる様子。

長生きは素晴らしいことだけど、大切なことはその質だと思います。様々な試練で苦しみながらいくら長生きしても、良かったとは思えないでしょう。どうしたら悔いのない人生を送れるかあくる日の祈祷会の中で、孫たちに話させてもらいました。

さて、先週末私たちの教会のHさんが心筋梗塞で突然亡くなられて、今週前夜式と告別式を教会でさせていただきました。84歳でした。彼は幸せな人生だったと思います。

ただ、人は皆死んで無くなるのではありません。私たちの身体はどれだけ大事に使っても、いつかは朽ちていくものなのです。しかし、私たちの本質・霊と魂は朽ちることも無くなることもなく、永遠に生き続けるのです。

死んで何が変わるかというと、ただ身体がなくなったことだけです。私たちは洋服を脱ぐように身体を脱ぐのです。洋服を脱いでも自分自身は何にも変わりません。考えることや思う事、見ることや聞くことは一緒なのです。

だから、死んでしばらくは、自分が死んだ事実に気づかない人がいます。身体から抜け出ても考えること思うことは全く変わっていないからです。そして、自分の亡骸を見て初めて、私は死んだのかもしれないと気づくのです。

ただ、大切なことは皆はっきりした意識のあるまま神の前に立って、生前に行ったすべての行いについて裁かれる時を迎えます。そこで、ある者は永遠を天国で過ごし、ある者は地獄で過ごします。

しかし、私たちを愛される神様は私たちが確実に天国に行けるように道を開いてくださいました。それが救い主イエス様の来臨なのです。イエス様は私たちが地獄に行かないようにするために、この世に生まれてきてくださって、私たちの罪を解決し、「さあ私を信じて従ってきなさい。そうすれば、あなたは確実に永遠に天国で過ごすことができます。」と約束してくださいました。

神は、実に、そのひとり子をお与えになったほどに、世を愛された。それは御子を信じる者が、ひとりとして滅びることなく、永遠のいのちを持つためである。神が御子を世に遣わされたのは、世をさばくためではなく、御子によって世が救われるためである。ヨハネ3:16~17

私たちの生前の行いと関係なく、自分の罪を認め滅びから救ってくださる神を信じるだけで、永遠の天国の命が与えられます。とっても虫が良すぎるように思いますが、それが神の無限の愛なのです。

あなたがたは、恵みのゆえに、信仰によって救われたのです。それは、自分自身から出たことではなく、神からの賜物です。行ないによるのではありません。だれも誇ることのないためです。エペソ2:8~9

ただ、私たちが神を信じる時、神の霊が私たちに入り、私たちの性質が内側から変えられ、神の愛の実践者になるのです。

私たちは神の作品であって、良い行ないをするためにキリスト・イエスにあって造られたのです。神は、私たちが良い行ないに歩むように、その良い行ないをもあらかじめ備えてくださったのです。エペソ2:10


No Response to “少しでも長生きしたい”

Leave a Comment