キリスト教/この教会について

キリスト教とは?

 キリスト教は、2000年前のパレスチナ地方に誕生したイエス・キリストによって知らされた神の福音を、その信仰の柱としています。キリスト教は大きく分けて、ローマ・カトリック教会とプロテスタント教会に分かれますが、平塚中原教会はプロテスタント教会に属しています。キリスト教の福音とは、人間の救いは、人間の資質や性格、努力や経験にはよらず、神さまの愛と福音を信じることによって、神の救いに至ることが出来る、というものです。
 また、「キリスト」とは救い主という意味であり、「主イエス・キリスト」という言葉自体に「イエスは、わたしの主(導き手)、救い主です」という信仰告白(「わたしはこう信じています」という事柄・内容)が込められています。キリスト教は、2000年前のパレスチナ地方に誕生したイエス・キリストによって知らされた神の福音(良き知らせ)を、その信仰の柱としています。
 キリスト教の福音とは、人間の救いは、人間の資質や性格、努力や経験にはよらず、神さまの愛と福音を信じることによって、神の救いに至ることが出来る、というものです。また、「キリスト」とは救い主という意味であり、「主イエス・キリスト」という言葉自体に「イエスは、わたしの主(導き手)、救い主です」という信仰告白(「わたしはこう信じています」という事柄・内容)が込められています。

聖書について

 聖書は旧約聖書(ヘブライ語)39文書、新約聖書(ギリシャ語)27文書で成り立っております。旧約聖書はイエス・キリストを予告する書物、新約聖書は イエス・キリストを主なる神と証している書物です。キリスト教会、キリスト者にとって聖書は、信仰や生活の基盤であります。教会において、聖書は礼拝で朗読されるものであり、説教やメッセージとして牧師や信徒が行うお話は聖書に基づいてなされるものです。また、礼拝以外に行われる聖書研究会や家庭集会で朗読し、学ばれる、書物であります。