書籍「キリストにある勝利の日々」のご案内

皆さん、日本ミッションという宣教団体をご存じでしょうか?古くは結核病患者に向けての病院伝道を行い、その後、ラジオ伝道、16ミリのキリスト教関連の映画、DVDなどを教会や講堂で上映、書籍の発行などを行い、今も宣教師を教会に派遣するなどして、英語クラスを行ったりしている、去年で日本宣教60年を数える歴史ある団体です。

ペギー・ファベイ宣教師は、そんな日本ミッションを創設した宣教師のお一人であり、「The Lame Take the Prey」は彼女が著したデボーションブックです。

この度、大東キリストチャペルのメンバーである姉妹がそのデボーションブックの一部を日本語に翻訳したものがこの度出版されましたので、ご紹介します。一日毎に聖書箇所とそれに関する短いエッセーが書かれています。その半分は実際に日本人がイエス・キリストに出合って信じた時の証しが書かれていて大変読みやすいものです。

「キリストにある勝利の日々」~半世紀を日本に捧げた宣教師~

ICM出版

ペギー・フアベイ著、ネルソン桂子訳

一冊1800円(218頁)税込みで、メール等でご連絡頂ければ、送料は当教会が負担し、お譲りいたします。

キリストにある勝利の日々 ペギー・フアベイ著
キリストにある勝利の日々 ペギー・フアベイ著

クリスマスイブ 映画『マリア』無料上映会開催のご案内

もうすぐ、年に一度の楽しいクリスマスです。

町にはクリスマスソングが流れ、イルミネーションが輝きます。

クリスマスツリー、サンタクロース、クリスマスケーキに、プレゼント交換…

子供たちは指折り数えて楽しいクリスマスを待ち焦がれます。

クリスマスを楽しむことはよいことですが、そもそも「クリスマス」って何をお祝いするイベントなのでしょうか?

「クリスマスChristmas」の語源は「キリスト Christ 」+「礼拝Mass」を意味し、

救い主イエス・キリストの誕生をお祝いすることが本来の意味なのだそうです。

当教会では、クリスマス特別企画として、「マリア」の無料上映会を行います。

この映画は2007年12月に日本で公開され、

聖書に忠実な時代考証がされたものです。

今年のクリスマスは少しシックに「世界で最初のクリスマス」に

触れてみてはいかがでしょうか?

会場 2018年12月24日18時半
上映 2018年12月24日19~21時(映画の前後に15分ほど解説を入れます)
場所 大東キリストチャペル
入場無料


2018年12月15日の子ども食堂のご報告

2018年12月15日子ども食堂
2018年12月15日子ども食堂

去る12月15日、大東キリストチャペルにおいて、ボランティアサークルコイノニア会主催で子ども食堂が開催されました。(直前の11時からは子ども向けの英語クラスも開催しました。)この日は40名近くの子どもたちが来られて、スタッフ合わせて50名近くがともに食事をしました。メニューはクリスマスということで少し豪華に煮込みハンバーグでした。

食後は、大東キリストチャペルの教会学校も共済でクリスマスパーティーが開かれました。クリスマスソングをみんなで歌い、人形劇を鑑賞し、テレビゲームWiiをスクリーンに映してゲーム大会、ケーキをデコレーションしてみんなで食べました。

25日夕方からも下記の通り子ども食堂、キャロリングが行われます。
皆さんお誘いあわせの上是非お越しください。

       16:00~クリスマスキャロリング、
       17:00~子ども食堂
       18:00~ ビデオ上映、
       18:30~ プレゼント贈呈

2018年12月15日子ども食堂人形劇
2018年12月15日子ども食堂人形劇


2018年12月15日子ども食堂パペット
2018年12月15日子ども食堂パペット
2018年A12月15日子ども食堂写真5
2018年A12月15日子ども食堂写真5
2018年12月15日子ども食堂写真6
2018年12月15日子ども食堂写真6
2018年12月15日子ども食堂写真7
2018年12月15日子ども食堂写真7
2018年12月15日子ども食堂写真8
2018年12月15日子ども食堂写真8
2018年12月15日子ども食堂写真A
2018年12月15日子ども食堂写真A
2018年12月15日子ども食堂写真9
2018年12月15日子ども食堂写真9