ベツレヘムの星(マタイ2:1~12)2013年12月22日のメッセージから

クリスマスの直接の記事はこの分厚い聖書の中でも、マタイ伝の2章と、ルカ伝の1~2章、ページでいえば5ページ程にしか記されていません。その中で私たちは救い主のご降誕の記事を耳にタコが出来るような話として聞き流すのではなく、そこから再確認し、そして、再発見したいと願うものであります。そして、本日掲題のベツレヘムの星は、マタイ伝2章にある東方からの博士を救い主の御許に導いた星であり、クリスマスツリーの天辺に乗っかっている星の由来でもあります。この記事は時間も場所も分からないのではなく2:1にしるされているようにヘロデ王が在位時のイスラエルのエルサレム・ベツレヘムでの出来事であり、おとぎ話ではなくて、私たちが住んでいるこの現実世界と時間、空間において連続している世界でおきた事なのです。
また、ここで東方から来た博士たちは幼子の主イエスに対して、黄金・乳香・没薬を渡しています。これがクリスマスプレゼントの由来でもあるのですが、ここから、この博士たちが幼子イエスをどのような存在として見ていたのかが分かります。黄金は王に献上するものです。乳香は樹木からとれる樹脂であり、神に礼拝を捧げる時に焚かれたものです(レビ2:2)。同じく没薬も樹木由来の樹脂ですが、埋葬時に使用する、防腐剤、消臭剤の役割がありました。(イエスご自身も十字架刑死後、没薬を持って埋葬されています ヨハネ19:39)。
この「東方の学者・博士」と訳出されている人たちは原語によれば「マギ(魔術師・占星術師)」であり、旧約聖書の中で忌み嫌われる占いやまじないに従事するものでした。しかし、どういうわけか神様が星によって救い主の到来を啓示し、遠路はるばる数千キロ離れた所からメシヤを訪ねてきたのです。しかも、主イエスを「王として」、「神として」、そして「死して救いを成就する者として」見る信仰が与えられおり、現にキリストを拝する栄誉に与りました。

その一方でこの短い物語には、ユダヤ教の総本山であるエルサレムに住み、メシヤが目と鼻の先わずか10キロのベツレヘムで生まれることを預言によって知っていながら、拝みに行こうともしなかった律法学者たちや、「王」たるキリストを亡き者にしようとするこの世の「王」ヘロデが、対比として描かれています。これは著者マタイによる、強烈なユダヤ人に対する、自分たちを敬虔な信仰者と称するものへの強烈な皮肉でもあります(※マタイの福音書はもともとユダヤ人に対して書かれた物といわれる)。 そして同時に、人の目には神から縁遠い者のように見える者(私たち日本人も含めて)にも救いが及ぶと言う大いなる福音でもあります。

東方の博士が主イエスにプレゼントを渡した時、部屋は没薬の匂いで満たされたでしょう。そして、当時の人はそこから死を想起したでしょう(私たちが線香のにおいをかいだ時に葬式や法事を連想してしまうように)。私たちの死を解決するために主が来られたことを思い起こすときに、主は一層私たちへの神様のプレゼントとして迫ってきます。

マギの礼拝

ルーベンス作『東方三博士の礼拝』


世界で最初のクリスマスプレゼント(創世記3:14~20)2013年12月15日のメッセージから

息子が朝食の時に悪戯に遊び食べをして、朝の支度で極端に時間をとられることがあります。あまり彼に付き合うと保育園に連れて行く時間がなくなって、共働きの私たち夫婦は遅刻してしまいます。彼に「早く朝ごはん食べないと一人でお留守番よ」と警告しますが、知恵のついた彼は「そんなことは口先だけで実行されない」とタカをくくっています。

あまりに遊び食べが過ぎるので、一度朝食を抜くことも夫婦で話し合いました。

無制限に彼の遊び食べに付き合うと、私たち夫婦が職場に遅刻し、しいては仕事を失い、結局は彼を食べされられなくなってしまうのです。逆に、彼を一度、朝食抜きにして彼が遊び食べをやめてくれれば、私たち夫婦は働くことができて、彼を永続的に食べさせてあげることができます。

一時的に食べさせることが、その後、食べさせ続けることができなくなることになり、

一時的に食べさせないことが、その後、食べさせ続けることができることになるのです。

そんな親のジレンマなどお構いなしに彼は遊び食べを続けます。しかし、それは看過することは自分が食べることができなくなってしまうほどの大問題だとは思いもつかなない。また、仮に朝食抜きを実践すれば親に対して「不当である」と泣き叫ぶことでしょう。

多くの兄弟がひしめくベビーブームの時に生存競争を生き抜いてこられた年配の方にとってはまだまだ甘いとお叱りを受けそうです(笑)。しかし、「一時的に食べさせない」という決断をしたその時でさえ、子を罰することが主目的ではなく、むしろ子の成長を願い、子を生かすためであることは容易にご理解いただけるかと思います。そしてそれがわかれば、今日のテキストエデンの園の物語の神の真意を読み解くことができます。

なぜ、神は善悪の知識の木をおいたのか?なぜ、神に逆らうこともできる存在としてつくったのか?なぜ罰したのか?そのような問いが愚問であることに気づかされるはずです。

神は人をロボットのようには作られなかった。神は人を「神と対話し、自発的に神と共に歴史を紡ぎ合わせる存在」としてお創りになった。神は人にいつまでも「離乳食」だけを食べ続けることを望んでいない。そんな神の御心が今日のテキストからもわかるはずです。創世記の3章は楽園追放が記されています。罪を犯した、悪魔の象徴である蛇と男と女とが刑罰を宣告されるのでありますが、人に対しては極めて寛大な判決がなされているのです。

人は善悪の知識の木の実を食べた時、必ず死ぬ(原文では「死ぬ死ぬ」)と予告されたのに、実際は食べた瞬間に即死するわけでもなく、なんと数百年もの齢が与えられます。しかも、後の世において、「蛇の子孫(悪魔)の頭を人の子孫(後にそれが救世主メシアであることが明らかになる)がかかとで踏み砕く」と宣言されるのです。全世界が呪われるような大罪を行われたその矢先、人を悪魔の策略から解き放つ「救い」について言及しているのです。人に罰を宣告するその前に、既に人に対する救いを宣言されるのです。この大いなる恵みに対し、古代のクリスチャンたちはこの創世記3:15を原始福音(プロトエバンジェル)と言いました。

そう神様は有史以来、最初っから人を「救う気マンマン」なのです。そのことを人が忘れないように、エデンの園から出て行くアダムとエバに神様は皮の衣を着せて下さいました。この「着せる」という言葉は祭服を着ることを示唆する言葉であり、また皮ですから当然動物の犠牲があったことがうかがえます。

罰せられるような悪いことをした瞬間、犠牲によって身を保護するものを人にまとわらさせて下さった…。よく、聖書は神様からのラブレターであり、キリストこそが人類へのプレゼントだと言い習わされていますけども、聖書の冒頭創世記の3章の皮の衣こそ、救い主の到来を知らせる世界で最初のクリスマスプレゼントだったのです。

原罪と楽園追放ミケランジェロ作『原罪と楽園追放』