保健所から飲食店営業許可を頂きました。

9月20日、チャペル1階の厨房改装工事が終了し、9月21日午前に四条畷保健所より立ち入り検査が行われました。結果、晴れて2016年9月21日より6年間の飲食店営業許可を頂きました。感謝です。

第1回子ども食堂は9月24日12時~14時(12時から集まって、みんなで配膳をして12時半にはみんなでそろって「いただきます」をしたいと考えています)を予定しています。

初めてのことなので、沢山作ったのに3人しかこなかった・・・ですとか
逆に、50人も来て半分近くの人に帰ってもらうことになった・・・。なんていう事態を避けるため

第1回子ども食堂のカレーライスは先着30名様に限らせていただきます。

そして、ひとりで来る子どもたちや、同伴される保護者の数をみて2回目以降の子ども食堂の参考とさせていただきます。わたしたちはこの子ども食堂を「単発」に終わることなく、継続した地域の子どもたちに向けた活動としたいと考えています。これからも「子ども食堂こひつじ」に息の長いご理解、ご支援賜りますようよろしくお願いいたします。

厨房1

厨房1

厨房2

厨房2

厨房3

厨房3

厨房4

厨房4


みんなの願いを乗せて

子ども食堂についてあちらこちらから、沢山のご支援を賜り、本当にありがとうございます。ボランティアスタッフも、教会を子ども食堂のために解放することを決断した教会のメンバーもみんな喜んでいます。

厨房改装するにあたって、コンロがガスではなくてIH(電磁調理器)になったことインターネットを通じてSOSを出しましたところ、遠く東海地方の有志の方からIH用の大鍋ややかん等を無償で送ってくださいました。また、近隣の地域の方からも「子どもたちの為に」といって写真にあるようなキレイな石鹸を賜りました。(あまりに綺麗でおいしそうなので、チョコレートと間違えたメンバーもいるくらいです。)この石鹸は9月24日に来てくださったお子さんたち全員にお配りする予定です。

地域の有志の方から頂いた石鹸

地域の有志の方から頂いた石鹸

今週末の第一回、子ども食堂のボランティアを申し出てくださっている方は今の時点で、社会福祉士、調理師、教員、保健師、看護師、産大の学生、大東市の高齢者向けボランティアの経験者等など多岐にわたります。(※今後、子どもたちの集まり具合を見ながら、公募することも検討しています。)また、ここに至るまで、グラフィックデザイナーや建築士、保健所や福祉に関する有識者など多くの方のアドバイスも賜りました。子ども食堂は子どもたちのために、あるいは地域を明るくするために何かしら貢献したい・・・。そういった沢山の人たちの思いを乗せて進めてまいります。今後とも皆様のご理解とご協力のほどをよろしくお願いいたします。


2016年9月25日の予定他

9月21日水曜日の聖書研究会は
厨房改装後の清掃のため30分繰り下げて行います。

9月24日土曜日は正午から14:00まで従前からご案内のとおり
子ども食堂を行うため教会を開放します。

来週9月25日は10:00~の子供向けの教会学校があります。
聖書メッセージを伴った主日礼拝は午前10:30~です。
ヨシュア記11章1~23節より、「神の恵みのご相伴に与ろう」というタイトルでメッセージがなされます。

皆様万障繰り合わせのうえお越しくださいませ。

ピーテル・アールツェン作「食料豊富な厨房」

ピーテル・アールツェン作「食料豊富な厨房」


子ども食堂改装真っ最中

今月24日、子ども食堂を開設するにあたり、現在、教会の厨房改装工事をしています。もともと台所にお湯が出なかったこともあり、この際地域に根差した地域の子どもたちの憩いの場所を提供できるだけのキャパシティのある台所にしようということで、今回の改装工事とあいなりました。工事中皆様にはご迷惑おかけすることもあるかと存じますが、ご理解、ご協力のほどよろしくお願いいたします。

厨房改装工事中

厨房改装工事中


子ども食堂を開設すべく保健所に行ってきました

子ども食堂を開設するにあたり、大東市、四条畷市、交野市を管轄する四条畷保健所に赴いてきました。そして、一部地域では福祉事業の一環として、飲食店としての営業許可をとらずに子ども食堂をしているところもあすそうですが、保健所の方のご指導と教会の皆様と話しあった結果、地域の子どもたちに食事を提供する以上、食中毒などを未然に防ぎ、安全、安心に食事をしてもらうことが第一であると考え、通常の飲食店と同じような厨房設備を教会堂に備えて、営業許可をとろうということになりました。
暗中模索の船出でありますが、「子ども食堂こひつじ」にご理解、ご協力のほどよろしくお願いいたします。

四条畷保険所

四条畷保険所