4月8日の映画会の講師に木原活信同志社大学教授

先般お伝えしましたように、2017年4月8日14:00~、チャリティー映画会を行います。

映画のタイトルは「大地の詩」(2011年 現代ぷろだくしょん)
映画は大河ドラマや朝の連続テレビ小説などにも出演されている村上弘明主演の映画で、現在の児童自立支援施設の前身である感化院教育を実践し、家庭学校を創立した社会事業家である留岡幸助の半生を描いたものです。

そして、映画会当日、同志社大学教授で福祉思想がご専門の木原活信氏に主人公留岡幸助がどのような心境でこのような社会福祉事業に携わるに至ったのか、それ活動が現代にどのように影響しているのか等をわかりやすく解説していただきます。

木原活信(きはらかつのぶ)・・・同志社大学社会学部教授 博士(社会福祉学)。福岡県出身。広島女子大学講師、首都大学東京助教授、トロント大学客員研究員を経て、現職。専門領域は、福祉思想史・福祉哲学、ソーシャルワーク論。実践フィールドとして死生臨床(自殺予防)、精神保健福祉領域。社会福祉法人京都基督教福祉会理事。社会福祉法人イエス団評議員。主著に『対人援助の福祉エートス』(ミネルヴァ書房)、『J.アダムズの社会福祉実践思想の研究 』(川島書店)(福武直賞受賞)。『社会福祉と人権』(ミネルヴァ書房)、『弱さの向うにあるもの』(いのちのことば社)『自殺をケアするということ』(ミネルヴァ書房)NHKこころの時代に出演。

講演・映画鑑賞ともに無料です。映画上映終了後にチャリティーとして、自由献金を募ります。この上映会での献金は全額、当教会を毎月解放して行っている子ども食堂「こひつじ」の運営資金に宛てられます。

木原活信同志社大学教授

木原活信同志社大学教授

「大地の詩」ポスター

「大地の詩」ポスター


2 thoughts on “4月8日の映画会の講師に木原活信同志社大学教授

  1. ピンバック: 大東キリストチャペル

  2. ピンバック: 2017年3月26日の予定他 | 大東キリストチャペル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です