創業は易く守成は難し

去年の8月に子ども食堂の前身の子供向けのアイスクリームパーティーを企画したのですが、それからまもなく1年がたちます。月一回だった子ども食堂は月二回になり、毎回20名を超えるお客さんたちがコンスタントに来るようになりました。継続的にやってきたからこそ地域の皆様に少しずつこの子ども食堂の活動が信頼されつつあるのでしょうが、開催回数が増え、子どもたちの数が増えれば、それだけ必要なものが増えてきます。しかし、周囲の皆様から関心頂いて、サポートいただけるかどうかはまた別の話です。

まもなく子ども食堂の活動をはじめて1年という折に予期せぬところから寄付がいただけると涙が出るほどうれしいものです。6月は以前に教会関係で大阪クリスチャンセンターで開催されたセミナーで当子ども食堂責任者が子ども食堂こひつじの事例紹介をさせていただいた際の受講者の一人から、万単位のサポートをいただきました。

また、数回しかお会いしたことがない方から自転車に10キロのお米を載せて、数キロの距離をわざわざお米を送り届けてくださる方もいらっしゃいました。

小さな目立たぬ活動だけれども、でもこの活動をどこかで目にとめてくださっている方がいるんだなと思わされます。

もうすぐ長い夏休みに突入します。学校の給食もしばらくありません。できればそんな時季にこそ、夏休み期間中子ども食堂の開催を増やしたいと考えていたのですが、その目途が立ちました。今月は15日の昼と25日の昼、そして、来月8月は、定例の第三土曜日の月末最終火曜日のほかに臨時で毎週木曜日に子ども食堂を開催する予定です。今後とも子ども食堂こひつじに皆様のさらなるご理解とご協力頂ければと存じます。

有志の方から頂いたお米

有志の方から頂いたお米


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です