ザカリヤの賛歌(ルカ1:67~80)2013年12月8日のメッセージから

私は聖書を説き明かすときに、新しい視座をみなさんに提供することがしばしばあります。しかし、それとて、けっして無秩序に提示しているのではありません。例えば、皆さんの福音やキリスト教に対する固定概念に疑問を投げかけることがありますが、それはキリストの福音が私たちの手元に届く2000年間に、特に私たちに届いた福音は欧米経由で有りましたから、その間に福音がねじ曲がってアメリカナイズされている場合は聖書の原意からそれを矯正する必要からです。また、かといって日本礼賛をしたい訳でなく、私たちの目も日本人と日本文化によって色眼鏡がかかっていますから、その意味においても、聖書の原意から色眼鏡をはずすためでもあります。

その一方で、現代の思想を遡って聖書の中に読み込むような形での新しい視座の挿入は私個人としても、教会としても拒否します。例えば弱者の視点を謳って、聖書の文脈にない「階級闘争」の視点をことさらに読み込むような神学です。聖書を読むにあたって、神が絶対的な基準点であり、測量でいうところの「一等三角点」なのです。また聖書が神から私たちへの活きるべき標を与える啓示の書であり、「二等三角点」ということができます。その解釈の結果としての教理や教会が適用・実践してきた歩みは三等、あるいは四等三角点ということができるでしょう。そして、その教会の歩みは歴史上、悲しいかなある時点においては間違いを犯してきました。しかし、教会の歩みは、人によって形成され、人は相対的なものでありますから基準となる三角点(神・聖書)より劣後します。現代的な価値観や実践を正しい物として、聖書や神を間違いとするのは、「四等三角点を基準にして、一等三角点がずれている」と主張するような本末転倒なものなのです。

さて、ザカリヤの賛歌においても、まず、歌を詠ったザカリヤの意図、その詩を引用したルカの意図に沿って解釈するべきであります。

イ 訪れ(68b)・・・新改訳では「顧みる」と訳されている
ロ 民(68b)
ハ 救い(69)
ニ 預言者(70)
ホ 敵(71)
ヘ 手(71)
ト 神の契約と誓い(72b‐73)
へ’ 手(74)
ホ’ 敵(74)
ニ’ 預言者(76)
ハ’ 救い(77a)
ロ’  民(77a)
イ’ 訪れ(78a)

と、この賛歌は美しい交錯配列(chiasmus)構文(最も主張したいことを文中心にして、キーワードを対称に配置する聖書の文学的表現)になっているのです。ザカリヤは自分の身に降りかかった出来事を歴史を統べるイスラエルの神ヤーウェを一等三角点して、それを確かめるように歌い始め、自分の身近な出来事(自分の息子が預言者として生まれること)さらには、将来に置いてキリストが神の契約と誓いに基づいて救いを成就されることを歌います。それはまるで、私たちが車で道に迷った時に、まず最初にカーナビの縮尺を最も大きい状態から順次小さくしていくことによって現在地を確認し、再び縮尺を大きくしながら、目的地までの道のりを捉えようとするかのごとくです。

私たちは神によって位置づけられ、その人生も神によるのであれば、決して揺らぐことはありません。

洗礼者聖ヨハネの誕生

ティントレット作『洗礼者聖ヨハネの誕生』


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です