共にいる喜び(詩篇133篇)2014年4月6日のメッセージから


詩篇133篇はユダヤ教徒も、メシアニックジューもよく歌う愛唱歌です。インターネットで「Hine ma tov」 と検索すれば、賛美をしている映像がたくさん出てきます。特に1節の「見よ。兄弟たちが一つになってともに住むことは、なんというしあわせ、なんという楽しさであろう。」を何回も何回も繰り返して歌います。表題には「ダビデによる。都のぼりの歌」とあるので、ここにある兄弟とは、肉の兄弟に留まらず、神の国の同胞としてとらえることができます。また、「住む」は「いる」とも「座る」とも訳せる単語ですので、都にある神殿、幕屋に集う姿、現代で言えば公同の礼拝に兄弟姉妹が一緒になって参加することとみてよいでしょう。そして、詩篇の著者(ダビデ)は詠います。そのように集まって礼拝することは、なんと幸せなことか、なんと楽しいことかと…。

全く以て、然り、アーメンです。日々、み言葉の奉仕をし、「また、教会に足を運んで下さいね」と申し上げている身としまして、その部分には完全に同意致します。

しかし、この詩篇133篇の著者ダビデはその礼拝の素晴らしさを現代人には理解しがたいさらに2つのことにたとえます。『アロンの髭に滴る油』と『ヘルモン山の露』です。何十節にも及ぶ何連にも渡る詩ならまだしも、詩篇133篇はたった3節しかないのです。そのわずか3節で礼拝の素晴らしさを語らねばならないのに、よりによって「アロンの髭に滴る油」にたとえるのです。

 モーセは80歳で召命を受けました。アロンが大祭司任職をうけたのはそれより後で、しかもアロンはモーセの兄ですから、大祭司の任職を受けて油を注がれたのは80歳を遥かに超えた時です。現代人からすれば、80過ぎたお爺さん(アロン)が油まみれになってベタベタになっているあり様はお世辞にも礼拝の素晴らしさと比肩出来ないように思われるのです。しかし、このベタベタにこそ素晴らしさが描かれているのです。大祭司に任職される情景は出エジプト記やレビ記にしるされています。祭服を来て胸当てをしたアロンに油が頭から注がれます。その油が髭を伝ってべったりとイスラエル全12部族を象徴する胸当てを滴らせるのです。

私たちは教えられています。教会はキリストのからだであると、キリストは教会のかしらであると、また新約聖書のキリストはヘブライ語ではメシヤであり、その意味は油注がれたものであると教えられています。(キリスト=メシア=油注がれた者) 新約聖書の時代に生きる私たちはキリストを中心に礼拝を行います。キリスト昇天の後、「助け手」として来られた聖霊による油注ぎが全てのキリスト者に臨み、キリストと一つにされるのです。この詩篇133篇のその礼拝の素晴らしさが旧約聖書の中で教えられている啓示のありたけを用いて表現されているのです。旧約時代、大祭司を中心にして礼拝は取り仕切られており、その大祭司の胸元にあしらった12部族を表す胸当てが髭を伝って大祭司アロンと一体となり、しかもそれは尊い油で、周囲にかぐわしい香りを放っていたのでした。

 匂いは記憶に直結します。この詩篇の作者ダビデも、第一読者もきっと、大祭司の任職式を思い浮かべて礼拝の幸いを思ったことでしょう。

また、「ヘルモン山の露」も温暖湿潤気候にすむ私たちには理解しがたいことかもしれませんが乾燥気候にすむ彼ら(読者にとっても著者にとっても)にとっては文字通り命の源の水であったのです。

 最後に、そのようやアロンの髭やヘルモンの露にたとえられる幸いな礼拝が、幸いである根拠は、ダビデの表現力や、私たちの理解力、私たちのモチベーションによらないとことであるとこの詩は宣言します。がそこにとこしえのいのちの祝福を命じられたからである。(3節)

私たちの礼拝が素晴らしいのは、主がここ、そこ、かしこに、もちろん、この大東キリストチャペルの礼拝も含めて公同の礼拝の中に、永遠の命を祝福として命じて下さっているからなのです。

あり得ないことでしょうか?にわかには信じられないことでしょうか?大きな大聖堂での礼拝ならいざ知らず、何千人も入るメガチャーチの礼拝ならいざ知らないけれども、こんなうらぶれた小さな教会で、こんなみすぼらしい少人数の礼拝に神が永遠を祝福として命じておられるなんて!

そのあり得ないことが命じられているのだとダビデはいうのです。実はイスラエルの地理を知れば3節はあり得ないことを詠っているのがわかります。ヘルモンの露はシオンの山には絶対に落ちないはずなのです。ヘルモン山はイスラエルの国土の北端に位置し、国の真ん中の都エルサレム近郊のシオンの丘とは全然水系が違います。ヘルモンの露はどこがどこにどのように流れてもシオンにはおりてこないのです。この詩は有りえないを歌っているのです。

そのあり得ないことが礼拝に関しては「そこ」でおきるのだ、神が命じておられるだとダビデは言います。

そこにとこしえのいのちの祝福を命じられたからである。

この詩は神の遍在をも詠っているのです。そして、主の命の祝福が命じられた礼拝に今日も兄弟姉妹が共に参加して、天国の前味を経験させて頂けることを感謝しましょう。

聖書が語る恵みは豊かです。僅か3節の詩篇でも多くの恵みを語ってくれます。

その恵みをともに味わいましょう。いや、たとえ、あなたが礼拝の素晴らしさを味わえる信仰の状態になくても、私が礼拝の素晴らしさを説き明かすほどメッセージがうまくなくても、なおも主はこの礼拝にそこにいのちの祝福を命じ、すばらしいと宣言されるのです。

イエスの名の礼拝

エル・グレコ作『イエスの名の礼拝』

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です