「願う祈りではなく聞く祈り」( Ⅰサムエル3:1~14)7月7日のメッセージから

少年サムエルは神様から言葉を頂きました。サムエルと呼びかけられて、「はい、ここにおります」と素直に答えます。でも、彼が預言者として最初にすべき仕事は自分の信仰の父であり、また育ての親であるエリが実子への監督不行届を理由に永遠に神様の裁かれるということをエリ本人に告げることでした。エリ自身も神様から自らの滅びについて聞いており、サムエルの預言を聞いた時に、「それは真に神のお告げである」と言いました。自分の好まざる神の計画を知らされ、語らされ、聞かされる。語る方も、聞く方も神様の絶対的な主権を信じ受け入れているそんな厳粛な場面です。
預言は次のような物でした。実子(ホフニとピネハス)が神に背くような歩みをしている。エリはそれを看過して厳しく戒めていない。そのため、実子は二人もと同日に死ぬ。それがエリへのしるしであり、出エジプト以来のレビの家系であるエリの家の祝福は取り去られる。一族はみな早死にする。代わりに別の家系を勃興させる。生き残りの者も祭司の仕事を、その新興の一族に願わなければならなくなるほど没落する。
事実、ホフニとピネハスはⅠサム4章で同じ日に戦死し、知らせを聞いた98歳だったエリも訃報を聞いて転倒、頸椎骨折でその日に死去。妊娠中だったピネハスの妻も生まれてきた子ども(つまりエリの孫)にイ・ガボテ(「栄光はどこに」の意)と言う名をつける程、エリの一族は没落していきました。時代は下ってエリの一族はダビデとサウルの政争に巻き込まれ、ダビデを匿ったという咎で謀反人の疑いがかけられ、一族郎党85人全員が殺されるという憂き目にあいます(Ⅰサム22:18)。
恐ろしい程に預言は的中してきます。しかし、預言は同時に一人の人が残されること告げており、この凶事からエブヤタル(「偉大な父」の意)生き残び、ダビデ政権の祭司長にまで上りつめます。しかし、その彼も、ダビデの死後後継争いでソロモンの異母兄の後見人に立ってしまい、後に王になったソロモンに祭司職を罷免されアナトテに蟄居を命ぜられます。『こうして、シロでエリの家族について語られた主のことばは成就した(Ⅰ列王2:27)』100年以上の歳月を経て全て成就したのです。
エリがホフニとピネハスに『人がもし、他の人に対して罪を犯すと、神がその仲裁をして下さる。だが、人が主に対して、罪を犯したら、だれがその者のために仲裁にたとうか』(Ⅰサム2:25)と言った通りでした。しかし、この話にはまだ続きがあります。アナトテから、ヒルキヤ(「主は分け前」の意)という名の祭司の父を持つ、エレミヤ(「主は高く上げる」の意)という預言者が興されました。そうです、主はエリを忘れず、残りの者を興させ、エレミヤの口から、絶望の中で新しい契約と、一度壊された物が再建させることを語らしめたのです。主の御計画のなんと奇しいことかな。主の主権を認め主に聞く祈りを致しましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です