• 大久保ホーリーチャペルの紹介

1月23日聖日礼拝   高橋 貞淑

🌸主が叫ばれたように、主に叫ぶ年です

🌸  詩篇142

私は主に向かい、声をあげて叫びます。声をあげ、主にあわれみを請います。“(詩 142:1)

1️⃣今年は獅子のように叫ぶ(祈る)年です。

①私達が主に従順しながら叫ぶ時、私達はあざける霊に打ち勝ちます。

②あざける霊は、私達を教会を神様をあざけます。

③私達が獅子の様に、主に叫ぶ時、霊の世界の縛りが解き、霊の目も開かれます。(エリシャはエリヤが竜巻に乗って天へ上って行ったのを見た)

④私達が叫ぶと、感謝することが起こります(詩篇142:7)

2️⃣主が吠えています。

①主が獅子のように吠えると主の子らがやってきます。

彼らは主のあとについて来る。主は獅子のようにほえる。まことに、主がほえると、子らは西から震えながらやって来る。” (ホセア11:10)

②神が吠えています。私達も、やまびこのように吠えるとき、神を罵った霊が逃げ去ります。

③霊の目が開ける時、自然界で起こることもすぐ理解ができます。

3️⃣どんな時でも礼拝するのが、祝福の鍵です。

①神に献身し、礼拝すると、聖霊の油注ぎと啓示が与えられます。

 礼拝する時、臆病の霊は逃げ去り、愛と力と慎みとの霊に満たされます(第二テモテ1:7)

③「私の願いではなく、主のみこころがなります様に」と祈ると、喜びと力の油を注いでくださいます。

4️⃣あざける霊を断ち切りなさい。

①あざける人々と分かれなさい。

②エリシャはエリヤの2倍の霊を受けたけれど、あざけた他の50人の弟子達は何にももらえなかったです

③主の奇跡をサタンは、防ぐことが出来ないです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です