【注目!】婦人クリスマス会のお知らせ

テーマ:「小さないのちのドア」の働きを通して

〜育てられないと追いつめられた妊産婦のための24時間来所・電話相談〜

思いがけない妊娠で途方に暮れている女性や、出産したけど育てることができないと追い詰められた女性のための
「小さないのちのドア」が神戸市北区で開所しました。このようないのちを救う場所は熊本の赤ちゃんポストについ
て日本では二つ目です。この施設の活動を通して、小さないのちと女性、それに関わる全ての人が幸せになる方法を
皆様と考えたいと思います。

日時:11月28日(水)10:00〜講演会/12:00〜昼食の交わり

会場:東須磨教会[アクセス]

講師:永原郁子さん(マナ助産院院長)

  • 1993年神戸市北区ひよどり台にてマナ助産院を開業。自然出産や子 育て支援を通して地域母子保健に携わる。
  • 2000年に性教育グループ「いのち語り隊」を立ち上げ、幼稚園、小 中高校、保護者や教職員に向けて講演を行う。「性を語ることは、生 きることを語ること」という信念のもと「いのちと性」の大切さを年 間約120か所で語る。 その活動は注目を集め、TBSテレビ「情熱大 陸」やサンテレビ「ライフライン」でも取り上げられた。「ティーン ズのための命のことがわかる本」など執筆活動にも精力的に取り組む。
  • また、育てられないと悩む女性が24時間訪れることが出来る「小さな いのちのドア」を2018年9月よりスタート!
  • 神戸大学大学院保健学研究科臨時教授、神戸市立看護大学臨床教授な ど助産師の育成にも尽力する。