⇒homeへ戻る
女性の会報告 2006.3
女性の会は、会員四五名・委員一四名・月当番四名で活動しております。八・一月は休会とし、委員会・例会は月一回です。例会の流れは、一部は、礼拝形式で牧師先生の奨励に導かれています。二部は、報告と交わりの時です。女性の会の会計・通信・訪問・愛餐お茶販売・地区委員からの報告と連絡があり、活動の様子をいつも全員が把握出来るようになっております。その他、熊谷姉より、「女性の会便り」が発刊されております。これは、それぞれの事情で女性の会に出席できない方々にも発送されて喜ばれております。三月までは、三井先生にご指導いただきました。長い間本当にありがとうございました。村島先生ご着任までの四月から六月までは小林先生に支えていただきました。「詩編の心を学ぶ」テーマで「創造の自然を詩う」「詩編における人間観」「キリスト教会史に観た詩編」と三回にわたりお話くださいました。各会共 出席者が二手に分かれ、詩編を朗読し、心和み、先生が説かれる御言葉に聞き入りました。七月は 幼稚園・保育園工事のため、例会はお休みしました。九月から村島先生を迎え、従来通りの活動になりましたが、例年五月に行う移動礼会を村島先生の歓迎会の意を込めて、十月に秋保クレセントホテルで行いました。マーチー姉の奏楽に導かれ礼拝を守り、昼食・交わりの時を楽しく過ごしました。村島先生をお迎えして、改めて会員同士の自己紹介もあり、一層お互い深め合う機会にもなったように思いました。十一月以降はいつものような活動準備がなされクリスマスを迎えました。尚、主日毎の講壇の生け花・コーヒーアワーも女性の会メンバーによります。外部への活動として、年二回「ありのまま舎」の奉仕に参加しています。一方、教区の地区割が変わり、相双・宮城南地区婦人会となり、新しい歩みを始めました。五月に総会・六月地区講演会・七月信徒研修会・八月大河原教会訪問・十二月地区クリスマス会に参加しています。大きな群れ小さな群れ夫々祈りあって覚えていきたいとの報告を受けております。これからも会員一人一人のタラントを持ち寄り教会の支えの一つになろうと話し合っております。

共励会報告  2006.3
五月の定期教会総会で「今年一年の活動を見ていて下さい。」と宣言した事が、若年層の減少等によって、近年下火になっていた共励会の活動について私が真剣に考えるようになったきっかけでした。まず今年度の目標の一つ目として挙げたのは「メンバーの増員とメンバー間の交流」でした。六月に行われたバーベキューでは、三井先生にご協力頂き、参加してくれそうな方々の週報ボックスに直接手紙を入れることにし、その結果、世代をこえた十名が集まり交流を深めることが出来ました。また、共励会自体のメンバー数を増やすだけではなく教会学校と「合同で行う」ということも視野に入れました。その中で行われたのが芋煮会やクリスマス祝会です。この教会学校との協力体制はただ人数の確保に繋がるだけではなく、共励会という枠をこえての交流も深まり、お互いに影響を与え合い成長する相互作用になります。特にクリスマス祝会での影絵では、一緒に活動した教会学校の子供達、平日も集まり準備をする中で新しいメンバーと現メンバーとが打ち解けるきっかけにもなりました。メンバーが毎日顔を合わせクリスマスの準備をする事により、一人一人が本当の意味でのアドベントを実感し、過ごす事が出来たと思います。このように活動していくうちにだんだん参加人数が増え、積極的な意見が出されるようになりました。そこで企画されたのが読書会です。「聖書を学びたい」という声があがったのです。実施体制・方法についてはまだ検討する部分が多いものの続けていきたい活動の一つです。一方、残された課題もまだまだあります。今年度の目標の二つ目である「共励会の活動の主旨や目標に対する話し合い」を持つ事ができませんでした。そのため、行事は行っているし一人一人考えている事はあるものの、共励会の在り方、教会の中でどのような役割を果たすべきなのか、教会との関わり方等の共有がされていません。教会の中の一つの会としての「共励会」に在り方が確立されなければ、私達の活動は単に行事とノルマをこなすだけのものになってしまいます。「共励会の在り方」を考える事は一人一人が教会に繋がる者として共励会を通してどうあるべきかを考える事でもあります。 残りの二ヶ月の間に修養会を予定していますが、その中で「共励会の在り方」を考え、共有し来年度に引き継いでいきたいと考えています。ご多忙な中私達のために時間を割いて下さる三井先生、村島先生、そしてその他支えてくださる教会員の皆様のおかげで現在の会の形を維持できていることに深く感謝しています。そして、私達に与えられている神様のお導きとみ恵を一人一人が常に心に留め、教会に集うことの意味を忘れずに活動していきたいと思います。
 
女性の会 ボランティア活動 2005.1.6
1月6日 AM 10時~12時 ありのまま舎に於いてパンフレットの折込および発送準備のボランティア活動がありました。
私たち女性の会から有志9名出席 その他ホサナ教会やボランティア団体から 総勢30名で 6100部の作業をしてきました。
 
共励会メンバー,バザーで焼きそばを作りました。(2004.7.18)
 

聖歌隊練習風景(2004.3.21)